MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【中嶋聡が有能】凄さ?病気?体調不良 原因?オリックス監督どうした意識不明?

【中嶋聡が有能】凄さ?病気?体調不良 原因?オリックス監督どうした意識不明?

中嶋聡が有能や凄さを伝えるとともに、体調不良 とも報じられていました。

ただ、2023年も何の問題もなくリーグ優勝を果たし名称であることがあら改めてわかりました。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事は【中嶋聡が有能】凄さ?病気?体調不良 原因?オリックス監督どうした意識不明?についてお伝えします。

項目内容
名前中嶋 聡 (Nakajima Satoshi)
生年月日1969年3月27日
年齢54歳
出身地秋田県北秋田郡鷹巣町(現北秋田市)
血液型A型
身長182cm
体重84kg
投打右投右打
ポジション捕手
来歴鷹巣農林高 – 阪急ブレーブス – オリックスブルーウェーブ – 西武ライオンズ – 横浜ベイスターズ – 北海道日本ハムファイターズ
現役時代の背番号阪急時代 – 55、オリックス時代 – 8、西武時代 – 25、横浜時代 – 22、日本ハム時代 – 35
指導歴オリックス・バファローズ監督(2013年 – )

【中嶋愛は中嶋聡の妻?】写真?モデル?制野愛!なぜサメ由来?画像?結婚!子供?若い頃?オリックス

目次

【中嶋聡が有能】凄さ?病気?体調不良 原因?オリックス監督どうした意識不明?

有能・名将

有能や名将といわれています。

一軍監督代行に就任。この異動に伴って、二軍投手コーチの小林が二軍監督代行を務めている。シーズン終了後の11月12日、一軍監督に就任となりました。

2年連続ダントツ最下位のチームを劇的に蘇生させた中嶋監督が1年間かけて行ってきた事例です。

・サード宗佑磨、セカンド安達了一、センター福田周平と主力の大胆なコンバートをすべて成功させた。

・杉本裕太郎、紅林弘太郎、太田椋、来田涼斗、宮城大弥、山崎颯一郎、本田仁海などの小粒ではなく将来の主力となるべき<ライトスタッフを失敗を恐れず大抜擢している。

・特に主戦捕手だった若月健矢はこの悪癖が顕著だったがここ最近は別人のようなリードをできるようになっている。

・打者全員が驚くほどボール球を振らなくなり、打線全体で選球眼が向上しかなり粘りが出てきた。

・意味不明な代打や代走、攻撃力を激減させる無意味な守備固め、得点力上昇に全く寄与しない無謀な盗塁、何とかの一つ覚えのようなディレード・スチールなどなど、奇っ怪なベンチワークがなくなった。

病気とは?どうした意識不明?

ヨシラバー
ヨシラバー

2023年6月13日に体調不良があったのですね。それが病気と呼ばれているようですが問題はなかったようです。

どうした意識不明とまでいわれて動画にまでなっていました。

オリックスは13日、中嶋聡監督が体調不良のため同日の阪神戦のベンチに入らず、水本勝己ヘッドコーチが監督代行として指揮を執ると発表した。離脱の期間は未定としている。

 昨年8月に中嶋監督が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた際にも、水本ヘッドコーチが監督代行として指揮している。

引用元:オリックス・中嶋監督が体調不良・病気(熊日紙面

体調不良 原因

23日のソフトバンク戦からチームに復帰したようですね。

コロナではなかったようです。

中嶋聡の性格や人柄は?

性格や人柄は?

林昌範が語っています。

義理人情に厚く、バッテリーを組む投手に対して本音でぶつかってくれる印象が非常に強かったです。時に厳しい意見はありましたが、投手を思っての言葉でスッと胸に入ってくる。コミュニケーションを重視される方で、年下の僕の意見にも真剣な表情で耳を傾けてくれました。

 バッテリーを組ませていただいた時に「ミスしても俺が(首脳陣に)謝ってやるから」と言ってくれた時は胸に響きましたし、「中嶋さんと打者を絶対に抑える」と気合が入りました。明るい性格で雰囲気作りもうまく、本当に頼もしい方でした。

【中嶋聡が有能】凄さ?病気?体調不良 原因?オリックス監督どうした意識不明?

いかがでしょうか。

【中嶋聡が有能】凄さ?病気?体調不良 原因?オリックス監督どうした意識不明?についてお伝えしました。

なにはともあれ2023年もオリックスの優勝おめでとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次