中嶋聡監督は中嶋愛が嫁?有能?なぜサメ?名将!性格!結婚!子どもは?名将!愛称!オリックス

巨人(ジャイアンツ)
@ƒƒbƒeí‚Ì‚X‰ñ‚©‚çoê‚µAŽÀ“­‚Q‚X”N‚̃vƒ–ì‹…ƒ^ƒC‹L˜^‚ð’B¬‚µ‚½“ú–{ƒnƒ€E’†“ˆŽD–yƒh[ƒ€
この記事は約5分で読めます。

2軍監督から昨季途中に監督代行となり、今季、1年契約で監督に就任。高卒2年目の宮城を開幕ローテで起用して12勝、昨季まで通算9本塁打だった30歳の杉本はリーグトップの30本塁打と花を咲かせた。育成と勝利を両立させている中嶋監督に、球団は最大級の評価をしている。

そんな 中嶋聡監督 についてお伝えいたします。

オリックス・中嶋聡監督は中嶋愛が嫁?有能?なぜサメ?名将!性格!結婚!子どもは?名将!愛称!

国籍 日本
出身地 秋田県北秋田市
生年月日 1969年3月27日(52歳)
身長
体重 182 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1986年 ドラフト3位
初出場 1987年10月18日
最終出場 2015年10月1日(引退試合)

主にオリックスで活躍した選手です。オリックスの前の阪急戦士でもあります。阪急ブレーブスは1947年~1988年まで存続した球団です。

中島聡監督の野球歴が長く素晴らしいものということですね。

オリックス時代は自慢の強肩で正捕手であり、オリックスの全盛期1996年には優勝を経験しました。

あのイチロー選手が在籍していた時代でしたね。

中嶋聡の嫁・奥さんは中嶋愛? 馴れ初め

中島聡さんの結婚相手に関してですが、中嶋愛さんです。

14歳でモデルデビュー。雑誌『with』の専属モデルなどで活躍しました。

雑誌withでは、

  • 専属モデル:トリンドル玲奈
  • レギュラーモデル:広瀬アリス

といった方達が出ていたこともあるため、中嶋聡監督のお嫁さんも、ファッションモデルとして実力があった方なんでしょう。

2003年、横浜ベイスターズのキャンペーンガール・ベイスターズガールに選ばれ、当時のベイスターズの親会社であったTBSで放送される野球中継にイメージキャラクターとして出演していました


生年月日 1979年2月23日
現年齢 42歳
出身地 日本の旗 日本 埼玉県
血液型 AB
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 167 cm / ― kg
スリーサイズ 80 – 60 – 86 cm
靴のサイズ 24 cm

映画MemoiR メモワール(ショートフィルム)
テレビオールスター感謝祭(TBS)
THE BASEBALL 野球烈闘2003(TBS)

おそ松くん』や『天才バカボン』の作者でもある、あの赤塚不二夫さんのアシスタント経験のある方のようでした

馴れ初め

『埼玉西武ライオンズ』から『横浜ベイスターズ』に移籍した年でした。

ただ、横浜に移籍した後の中嶋聡さんは、故障や打撃不振が続出。

あまり良い結果を残せていませんでした。

中嶋愛さんは横浜ベイスターズでマスコットガールを務めていたのですが、そんなお嫁さんを見て一目惚れしたようです。

中嶋聡監督の熱いアタックに負けて、交際を始めました。

中嶋聡監督は、横浜ベイスターズから日本ハムファイターズに移籍しましたが、お付き合いは継続しました。

結婚

モデルをしていた方でですが、中島聡さんと出会いそのまま結婚しました。中島聡さんが1969年生まれで、愛さんが1979年生まれです。

2004年に結婚したので当時中島聡さんが35歳で愛さん25歳でした。若いモデルの嫁ですね。

中嶋聡監督が当時35歳、中嶋愛さんが当時25歳の時に、お二人は結婚しました!

結婚式は同年12月7日にグアム島の教会で行ったそうなので、かなり豪華な結婚式なのは想像できます。

子ども

結論からいうと、中嶋聡監督にお子さんがいるという情報は全くありませんでした

基本的には、奥さまが妊娠・出産した場合、ニュースで報道されることが多くあります。

生まれていないのかはたまた公にしてないのかは謎ですが…申し訳ありません。情報入り次第追記します。

オリックス監督で有能・名将

有能や名将といわれています。

一軍監督代行に就任。この異動に伴って、二軍投手コーチの小林が二軍監督代行を務めている。シーズン終了後の11月12日、一軍監督に就任となりました。

2年連続ダントツ最下位のチームを劇的に蘇生させた中嶋監督が1年間かけて行ってきた事例です。

・サード宗佑磨、セカンド安達了一、センター福田周平と主力の大胆なコンバートをすべて成功させた。

・杉本裕太郎、紅林弘太郎、太田椋、来田涼斗、宮城大弥、山崎颯一郎、本田仁海などの小粒ではなく将来の主力となるべき<ライトスタッフを失敗を恐れず大抜擢している。

・特に主戦捕手だった若月健矢はこの悪癖が顕著だったがここ最近は別人のようなリードをできるようになっている。

・打者全員が驚くほどボール球を振らなくなり、打線全体で選球眼が向上しかなり粘りが出てきた。

・意味不明な代打や代走、攻撃力を激減させる無意味な守備固め、得点力上昇に全く寄与しない無謀な盗塁、何とかの一つ覚えのようなディレード・スチールなどなど、奇っ怪なベンチワークがなくなった。

性格

林昌範が語っています。

義理人情に厚く、バッテリーを組む投手に対して本音でぶつかってくれる印象が非常に強かったです。時に厳しい意見はありましたが、投手を思っての言葉でスッと胸に入ってくる。コミュニケーションを重視される方で、年下の僕の意見にも真剣な表情で耳を傾けてくれました。

 バッテリーを組ませていただいた時に「ミスしても俺が(首脳陣に)謝ってやるから」と言ってくれた時は胸に響きましたし、「中嶋さんと打者を絶対に抑える」と気合が入りました。明るい性格で雰囲気作りもうまく、本当に頼もしい方でした。

愛称はサメ?

愛称はサメです。

どうやら中嶋聡さんはとにかく先輩選手のそばにくっついて行動するタイプいわゆる「コバンザメ」タイプだからこのような愛称がついたようです。

コバンザメという言葉自体は海で暮らしている生き物のことなのですが、日本ではその特性から比喩表現として使うことも多いです。 その意味は力の強い人の近くにいて、おこぼれにあずかる者のことです。 力のある人と常に一緒にいて離れない人そのものに対して使われる言葉だったりもします

サメに似ているからという理由もあるのですが。

この辺のゴマをする能力が高いので、二軍監督や監督にも慣れたのかなとおもってしまいますね。

まとめ

来季続投確実となっています。リーグ首位に立ち、CS進出も確定させた手腕を、球団は高く評価しています。新たな契約年数は未定ながら、長期政権も視野に入れているもようです。それを支えているのが家族ですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました