佐々木朗希の現在?性格はキレる?白井一行審判を威嚇?動画?血液型

ゲームができるようになりました。
佐々木朗希の現在?性格はキレる威嚇?動画?イケメンでイチロー似てる!かっこいい!血液型は?今佐々木朗希
佐々木朗希の現在?性格はキレる威嚇?動画?イケメンでイチロー似てる!かっこいい!血液型は?今
この記事は約5分で読めます。
佐々木朗希の現在?性格はキレる?白井一行審判を威嚇?動画?血液型
佐々木朗希の現在?性格はキレる?白井一行審判を威嚇?動画?血液型

シュッとした細身のスタイルですね。

クールな雰囲気の佐々木朗希投手ですが、どのような性格の持ち主なのでしょうか?

[ad2]

佐々木朗希が審判にキレる威嚇?

佐々木朗希の現在?性格はキレる威嚇?血液型
佐々木朗希の現在?性格はキレる威嚇?血液型

高校時代に163キロを計測し、プロ入り前から注目されてたロッテの佐々木朗希投手

名前佐々木 朗希(ささき ろうき)
生年月日2001年11月3日
出身地岩手県陸前高田市
血液型O型
身長190cm
体重85kg
趣味お笑い鑑賞
特技フリースロー(バスケットボール)
好きな食べ物母親の豆腐入りハンバーグ、「酢の素」(大船渡市のローカル調味料)、「メン子ちゃんゼリー」
苦手な食べ物キムチやニンニク料理

2022年4月時点で20歳です。

審判の立場でみると白井一行!審判を威嚇・切れた

一番注目を集めたのは2回に投球判定を巡り、白井一行球審(44)がマウンド上の佐々木朗に詰め寄る場面だった。佐々木朗は投球判定への不服を態度に出していました。

監督や投手コーチを通じて注意することや、ベンチ裏で注意する方法もあったかもしれない。

「審判員は、プレーヤー、コーチ、監督または控えのプレーヤーが裁定に異議を唱えたり、スポーツマンらしくない言動をとった場合には、その出場資格を奪って、試合から除く権限を持つ」とある。

ただ野球選手なら威嚇するような性格のほうが伸びると思います。憧れの田中将大も若い頃はすごかったですものね。

[ad2]

佐々木朗希の性格や血液型は?

実際プライベートでの性格はどうなのでしょうか?

血液型は?

現在?性格はキレる威嚇?血液型
現在?性格はキレる威嚇?血液型

佐々木朗希選手の血液型はO型です。

そして誕生日は11月3日ですので蠍座ということになります。

『O型で蠍座の男性』の基本的な性格を調べてみると以下のような結果になりました。

自分の意見はしっかりありつつも相手の意見を受け入れることができるそうで、相手が失敗しても決して咎めたりしない心の広さを持っているのが特徴のようです。

さらに感情をあまり表に出さない大人しいイメージがありますが、心の中には情熱的な部分を持っているとのこと。

寛容的
密かに情熱的
落ち着いている
面倒見がいい

負けず嫌い

佐々木朗希選手の父親である功太さんは東日本大震災で亡くなってしまいました。

佐々木朗希選手は当時9歳ということで非常につらい経験をしたそうです。そんななかで父親代わりとなったのが兄の琉希さんでした。

琉希さんは佐々木朗希選手を厳しくしつけていたそうです。生活面でも野球面でも厳しいことをあえて言い続けて突き放したような感じで接していたそうです。

そういう兄に対して佐々木朗希選手は見返してやろうという強い気持ちと負けたくないという強い気持ちを持ったようです。

甘やかされずに厳しくされたからこそ、負けたくないという強い気持ちが生まれたのでしょうね。

[ad2]

仲間思い

佐々木朗希選手は中学時代に軟式ボールで最速141キロ投げるなど実力が注目されていました。

高校進学を迎えるころには全国の強豪校からスカウトが来ていたそうです。強豪校からすれば佐々木朗希選手ほどの逸材を逃したくはないでしょうね。

甲子園をなんども優勝している大阪の名門校である大阪桐蔭からの誘いもあったそうです。

しかし、こうした強豪校の誘いを佐々木朗希選手は断っています。強豪校のスカウトを断ったのは、「中学時代のチームメイトを甲子園に連れていきたい」という理由からだったそうです。

名門チームで甲子園に行くよりも、仲間と一緒に甲子園に行きたいということで、すごい仲間思いですね。地元に対する愛情とかも深いのでしょうね。

震災というつらい経験を乗り越えてきた仲間との絆というのもかなりあるのではないでしょうか

シャイ

マウンド上では堂々としている佐々木朗希選手ですが、ちょっとシャイな部分もあるようです。

すこし伏し目がちにインタビューなどで答えることが多いようです。

あまり人前で話すのが得意ではないようです。

普通に考えれば、大きく注目されまくれば緊張とかもあるのも当然でしょうね。

スカウトからもちょっとシャイなところがあるから心配だなんて声も上がっていたようです。

ただ、慣れれば問題ないとみているようです。

注目されるのに慣れていけば、取材対応とかもうまくなるはずですし、そんなに気にするべきところではないのかもしれませんね。

[ad2]

素直

佐々木朗希選手は大船渡高校が甲子園に出場できるかどうかの大一番で登板しませんでしたね。

監督がけがを恐れて、登板を回避するように言ったそうです。それを佐々木朗希選手は素直に受け止めて監督の指示に従ったということで素直で従順な性格ではないかと言われているようです。

この性格については、プロ向きではないという人もいるようです。なにがなんでも自分が!みたいな感じではないとプロではやっていけないなんて言う人もいるみたいですね。

この登板回避についてはネット上でも賛否両論ありましたね。個人的には無理して投げて故障するよりはよかったと思います

向上心

佐々木朗希選手は自己分析力と向上心が高いらしいです。

目の前の結果だけではなく、内容もしっかり自己分析して、何が良くて、何が悪かったのかを振り返って、改善すべきところを改善していったそうです。

兄の琉希さんも佐々木朗希選手の「自己分析する能力が朗希の一番の長所だと思っています」と答えていました。

後輩に優しい

佐々木朗希選手は後輩からもすごい慕われているようです。

後輩に対して優しく接していて、下級生に対してたくさん話したり、技術を教えたりしているそうです。周囲への気配りもしっかりできる良い先輩のようですね

[ad2]

まとめ

奥川君に負けているとおもっていましたがあっさりと話題をもってきましたね。すごい

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました