佐々木朗希(ろうき)の母は陽子!美人でバーキン!母子家庭!再婚?仕事?保険会社!画像

佐々木朗希
この記事は約5分で読めます。

佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 – )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。愛称は令和の怪物

ヨシラバー
ヨシラバー

佐々木 朗希は別記事でも述べていますが母子家庭です。ただお母さんのお話を沢山していてとても好きなようです。そんな母のお話をお伝えします。

国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県陸前高田市
生年月日 2001年11月3日(20歳)
身長
体重 192cm
85 kg

ロッテ・佐々木朗希(ろうき)の母の陽子美人と話題!母子家庭!職業は?現在の画像!労基

佐々木朗希(ろうき)の母の陽子!労基

陽子さんは2022年で49歳になられるということです。

とても年齢には見えないですね。素敵なお母様で佐々木朗希選手にとって自慢の母親でしょうね。

母には広報を通して下記のようにこめんとしています。

球団広報を通じて「こうやってプロ野球で野球ができているのは母のおかげだと思っている。本当に感謝している」とコメントした。 「あんまり、くさいことを言うのが好きじゃないので…。まあ、楽しいときは楽しんで、悲しむときは悲しんで…。好きなようにやっていいのかなって思いますね

母は美人ですね。

佐々木朗希は母子家庭!母の現在の職業は

佐々木朗希選手の母親である佐々木陽子さんの職業をご紹介します。母子家庭のため大変だったと思いますが、職業は不明です。震災当時はわかりました。

震災時には仕事で佐々木朗希選手一家が暮らしていた陸前高田の隣町大船渡にいた

ヨシラバー
ヨシラバー

佐々木朗希選手が9歳の頃、震災当時のお仕事は会社員であるということが分かりました。OLさんや事務などで働いていたうです。

津波から逃れようと、みんなで高台へと逃げた。避難所で兄弟3人で一夜を明かし、翌朝には母・陽子さんと再会できたが、自宅は流された。

ヨシラバー
ヨシラバー

現在は母は何をされているのか情報を見つけることができませんでした。

ただ、噂では保険会社で営業の仕事をされているとのことです。人と接する機会が多いなど色々な刺激を受けることで美人だったのでしょうか。

あくまで噂なので情報だけをお伝えします。

佐々木朗希がロッテ入団時には母も参加!バーキンが似合う

ただ、ロッテとの入団交渉では、母親の陽子さんが同席していました。

2019年のドラフト会議で、佐々木朗希さんが千葉ロッテマリーンズから1位指名された時の陽子さんの年齢は46歳だったので、2022年現在49歳のようです。

佐々木朗希の母のバーキンが似合う

バーキンを母が持っていてとても話題になりました。鞄のことですが、高級ブランドエルメスのバックで人気のあるバックです。芸能人やセレブはよくもっています。かなりの高級品といわれています。

バーキンは入手するハードルの高いバッグであることは事実です。

バーキンとは誕生したのは1984年です。

 ティエリア・エルメスによって高級馬具ブランドとしてエルメスが創設されたのは1837年のことですから、それに比べるとバーキンの誕生は意外と最近のことなんですね。984年当時、エルメスの社長であったジャン・ルイ・デュマ氏が、偶然にも女優や歌手として活躍中のジェーン・バーキンさんと飛行機の中で隣り合わせとなります。

彼女は、持っていたバスケットからはみ出るほど物を詰め込んでいました。その様子を目の当たりにしたデュマ氏は「そのバスケットの中身が全て入るバッグをプレゼントしたい」と提案します。この事がきっかけとなり、世界中の女性が憧れる「バーキン」が誕生したのです。

金具の部分がスカーフにかくれているので断言はむずかしいです。ただ、金具がそれににていすね。

ヨシラバー
ヨシラバー

息子の晴れ舞台ですし、マスコミも沢山きます。きれいな母として評判になれば息子もうれしいですよね。

佐々木朗希は初勝利で母に感謝

佐々木の理想の女性は母親が料理上手で美人とハイスペックなだけに、理想の女性像はお母さんのような人なのかもしれませんといわれています。

「ウイニングボールをどうするのかと聞かれて『両親にプレゼントします』と言ってくれたのが本当に嬉しかった」

まとめ

お母さんも相当つらかったでしょうね。でも息子は立派に育っていてすごいです。将来はメジャーリーガになって恩返しも凄そうです。心から応援しています。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました