【巨人】サカチョーコンビとは?坂本勇人と長野久義の絆!

坂本勇人の怪我が心配ですが、リハビリでは回復傾向にあると報じられています。大事ではなくて良かった。今回はサカチョーこんびについてかいてみます。

 巨人坂本勇人内野手(29)が24日、川崎市のジャイアンツ球場で、16日の阪神戦で左脇腹を負傷後、初のジョギングを行った。 気温34度の中、グラウンドでトレー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

サカチョーコンビとは?

坂本勇人と長野久義の2人のコンビの事です。2人ともコミュニケーション強者でリア充臭がすごい。。V6にも坂長コンビがいますが、どちらが人気があるのでしょうか。

夜も仲良し?

東スポの記事ですが、夜の宴会で2人は仲良くお酒を注いでいたりするようです。一緒に合コンに行ってそうですがどうなのでしょうか。

自主トレは解散

坂本勇人と長野久義は今まで自主トレを共同で行ってきましたが、2017年オフは坂本は若手の吉川尚輝らとともにトレーニングを行いました。キャプテンなので責任感が出てきたのでしょうか。

 巨人野手陣の自主トレには、昨年までと違う景色がある。昨オフはグアムで阿部慎之助(38)からマンツーマン指導を受けた小林誠司(28)だが、今年は阿部と袂を分かっている。 「昨年、阿部は『正捕手と…

サカチョー伝説

運命の背番号「6」「7」

坂本勇人の背番号は6、長野は7番。永久欠番が多い一桁の背番号で連番というミラクル。

2012年最多安打をダブル受賞

2012年、23歳の坂本と2年目27歳の長野が両者173安打で最多安打のタイトルを分け合いました。その年原巨人は優勝。

2018年のサカチョー

6/22の試合でダブルヒーローインタビューに答えています。

7/10はアベックホームランを放ちました。

 長野は照れくさそうに頭をかいた。「感触? 風に助けられました」。0―0の2回1死。ブキャナンの外角145キロをバットの先で捉えると、大きな飛球は空中でひと伸びし、ぎりぎりで右翼フェンスを越えた。4日のDeNA戦(東京D【巨人】

まとめ

エピソードは随時追加していきます。