野球・OPSとは?わかりやすく意味を説明!1超え?目安や計算方法!長打率!歴代ランキング!

この記事は約5分で読めます。

野球用語・OPSとは?わかりやすく意味を説明!1超えとは?歴代ランキング!目安や計算方法!

野球のOPSって何のこと?」「OPSって何に注目して評価しているの?」

野球の打者(バッター)の評価項目としてOPSというものがあります。しかし、OPSについて詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

OPS(オプス、オーピーエス)は On-base plus slugging の略であり、野球において打者を評価する指標の1つ。出塁率と長打率とを足し合わせた値であります。

OPSとは?わかりやすく意味を説明! 野球用語!1超えとは?歴代ランキング!目安や計算方法!

OPS(オプス、オーピーエス)とは、 On-base plus slugging の略であり、野球において打者を評価する指標の1つです。

 出塁率と長打率とを足し合わせた値であります。

OPSの開発者であるビル・ジェームズは、OPSを用いて以下のように打者をAランクからGランクまでの7段階に格付けできるとしている。

どんなに打率が高くても、ランナーがいない状態だと得点には結びつきません。

たくさんホームランを打てても打率が低い選手はどうでしょうか?

このように、なにか1つの成績だけで打者を評価してしまうと、チームへの貢献度は関係なく、個人の成績しか見れないという訳です。

しかし、野球はチームスポーツです。

どれだけチームに貢献できたかが大事です。

ops(野球用語)の意味!計算方法

選手がチームの得点にどれくらい貢献できているか、得点のきっかけをどれくらい作られているのかを数字で表します。

OPSは高ければ高いほど、チームの得点に貢献していることを表します。

そのため、野手の攻撃面での評価を見る時にOPSは注目されます。

守備面での貢献度は示さないので注意しましょう。

計算方法は?

出塁率 : (ヒット数+四死球数) ÷ (打数+四死球数+犠飛数)

長打率 : (単打数 + 二塁打数 x 2 + 三塁打数 x 3 + 本塁打数 x 4) ÷ 打数

下記のページが詳しいです。

目安は?歴代ランキング!1超えは!

選手は下記のように分けられます。歴代もです。

ランク評価OPSの範囲
A素晴らしい.9000以上
B非常に良い.8334 – .8999
C良い.7667 – .8333
D.7000 – .7666
E平均以下.6334 – .6999
F悪い.5667 – .6333
G非常に悪い.5666以下

バレ(2013) .330 60本 131打点 出塁率.455 長打率.779 OPS1.234
筒香(2016) .322 44本 110打点 出塁率.430 長打率.680 OPS1.110
柳田(2015) .364 34本 *99打点 出塁率.463 長打率.631 OPS1.101
丸(2018) .306 39本 *97打点 出塁率.468 長打率.627 OPS1.096
福留(2006) .351 31本 104打点 出塁率.438 長打率.653 OPS1.091
鈴木(2018) .320 30本 *94打点 出塁率.438 長打率.618 OPS1.053
山田(2016) .304 38本 102打点 出塁率.425 長打率.607 OPS1.032
中村(2009) .285 48本 122打点 出塁率.359 長打率.651 OPS1.010
ソト(2018) .310 41本 *95打点 出塁率.364 長打率.644 OPS1.008

OPSのデメリットは?

打者の特徴が読み取れる指標ではないこと二つの数値を足すため「長打はないが出塁率が高い」打者なのか、「出塁率は低いが当たれば大きい」打者なのかは読み取れないです。

 これに対し、米国のメディアは打率、出塁率、長打率の3指標を「打率/出塁率/長打率」とひとまとめにして記載することで問題を解決している。

さらに詳しく選手の性質を知りたい場合はBatted BallやPITCHf/x等のデータを利用します。

OPSは、野手の攻撃面での貢献度を表していると説明してきましたが、OPSにも欠点があるのです。

①盗塁がOPSに反映されない。

盗塁も選手の攻撃面での立派な貢献であると言えます。

しかし、OPSは盗塁数や盗塁成功率は反映されません

盗塁のルールやコツが知りたい方必見!ぜひご覧ください!

②賞がない。

打点王、本塁打王、盗塁王などはありますが、OPSが高いからといって表彰されるわけではありません。

もちろんOPSは打者の評価項目ですが、賞がないのは残念ですね。

③出塁率よりも長打率の方が優遇される。

例えば、3打数1安打(3塁打)だとすると、

出塁率は.333、長打率は1.000となります。

そのため、アベレージヒッター(ヒット数は多いが長打は少ない打者)よりもパワーヒッター(ヒット数は少ないが長打が多い打者)の方がOPSが高くなります

このように、OPSは打者がどれだけ打撃でチームに貢献しているかを表す指標にはなってますが、問題点もあると言えます。

今回はOPSについて紹介してきました。

投手に関する評価の指標である「セーブ」「ホールド」についてはこちらの記事をご覧ください!

 走塁面の利得を含む指標ではないことOPSでは選手が出塁した後の進塁の成否は問われない。そのため選手の走塁能力を反映した指標とは言えない。正確性の問題としては微小であり、野球ファンに広く知られている、算出がかなり簡単な指標という点で有用である。

まとめ

まとめ

下記のような失礼な発言は恥ずかしいですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました