大谷徹は大谷翔平の父親?職業は監督?現在? 職業?身長?血液型? 名言?離婚?画像

ゲームができるようになりました。
大谷徹は大谷翔平の父親?職業は監督?現在? 職業?身長?血液型? 名言?離婚?画像大谷翔平
大谷徹は大谷翔平の父親?職業は監督?現在? 職業?身長?血液型? 名言?離婚?画像
この記事は約9分で読めます。

大谷 徹(おおたに とおる、1962年 – )は、岩手県北上市出身の日本の元社会人野球選手(外野手)、少年野球監督です。長男はトヨタ自動車東日本に所属する大谷龍太、次男はロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平です。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では大谷徹は大谷翔平の父親?職業は監督?現在? 職業?身長?血液型? 名言?離婚?画像についてお伝えします。

大谷翔平のプロフィール

大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部
大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部

出身地 岩手県水沢市(現:奥州市)
生年月日 1994年7月5日(27歳)
身長体重約193 cm約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手、外野手、指名打者
プロ入り 2012年 ドラフト1位

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
花巻東高等学校
北海道日本ハムファイターズ (2013 – 2017)
ロサンゼルス・エンゼルス (2018 – )

関連記事:大谷翔平の彼女は狩野舞子?結婚してる?匂わせ熱愛のアメリカの写真?馴れ初め?恋人?

関連記事:大谷翔平の両親?大谷加代子が母親!家族!兄弟?実家の写真で金持ち?旧姓母子家庭?離婚?子育て?バトミントン?家系図?亡くなった

大谷徹は大谷翔平の父親?身長や血液型や職業のプロフィール?和賀町!画像

大谷徹の(大谷翔平の父)のプロフィール?身長や血液型や年齢?和賀町出身!画像

大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部
大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部

2人兄妹の長男として生まれました。父に勧められて野球を始めました。大谷徹さんは小さい頃から野球が好きで、父親が勤める工場のレクリエーションでも野球をやっていたそうです。

身長は182cmです。血液型は

1962年生まれで、妻:加代子さんの1歳年上になられます。2022年現在で、59歳になられました。

息子である大谷さんと違い、割とコワモテな容姿の徹さんですが、身長も182cmと大柄な男性だったりします。出身地岩手県北上市和賀町です。

生年月日1962年(58 – 59歳)
身長182 cm
選手情報投球・打席右投左打
ポジション外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
岩手県立黒沢尻工業高等学校三菱重工横浜

岩手県北上市和賀町です。徹さんが幼少期の頃から、住宅地というよりも、工業団地寄りの町にすんでいたようです。「東北新幹線」「東北自動車道」「秋田自動車道」が開通したことにより、流通の便も非常に良くこれまでに180社を超える企業の誘致に成功しています。

大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部
大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部

大谷徹は離婚している?

なぜだか知らないですが大谷翔平の両親が離婚していて大谷翔平は母子家庭だったとの噂があります。それもただの噂なんで、離婚はしていません。

大谷翔平の父親の大谷徹は元野球選手だった!強豪高校に所属し実業団でもプレー。

大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部
大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部

大谷翔平の父親の大谷徹は中学時代に「野球部」ではなく「陸上部」

中学では坊主頭になるのを嫌がり、当初は陸上部に所属していました。陸上部に入部した徹さんでしたが、高い身体能力を発揮し、結果はしっかりと残されていたようです。

 2年生時に三種競技A(100m走、砲丸投、走高跳)で県大会入賞の実績を残すが、明確に個人の優劣がつくことを嫌がり、2年生途中から野球部に転部します。大谷徹さんは中学2年生の時に、3種競技(100メートル走、走り高跳び、砲丸投げ)で県大会で入賞しています。

しかし1位になれないのが悔しくて、野球部に転向します。

エース兼4番打者として活躍し、県内の野球強豪高校からも注目されるようになったのです。

2年生から入部した野球部では、エース4番打者として活躍しました。

大谷徹の高校は野球強豪校に進学

大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部
大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部

高校は、野球の強豪校である黒沢尻工業高校の監督にスカウトされ進学しました。大谷翔平選手の父親なだけあり、エースで4番を打っており、のちに大谷翔平選手が進学した花巻東高校や盛岡大付属高校といった岩手県屈指の強豪校から声をかけられるなど、注目が集まったようです。

甲子園大会出場を目指し、中学卒業後は岩手県立黒沢尻工業高等学校に進学。ところが黒沢尻工業高校にはエースで4番手の選手ばかりが集まっていて、大谷徹さんはピッチャーではなく、外野手だったそうです。打者としては1,3,5番として活躍しましたが、甲子園には出場出来ませんでした。

1年生で投手失格の烙印を押され、外野手に転向します。ただ、短距離は陸上をやっていたことからめちゃくちゃ早かったようで、それをうまく生かすために左打にシフトする思惑もあったようです。

 当初は右打ちだったが、足を生かすために左打ちに転向しました。

 主に1、3、5番打者としてプレーしています。塁に出ることが最も大事と言われる1番バッターで活躍し、外野手としての強肩を生かしながらのプレーを3年生まで続けたようです。

 しかし、3年夏の県大会では盛岡一高相手に初戦敗退を喫し、結局3年間で一度も甲子園大会に出場できなかった

大谷徹は社会人野球チームで活躍!三菱重工横浜野球部?職業は監督

大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部
大谷徹が父!職業は?三菱重工横浜野球部

徹さんは、学生時代まで地元・岩手県で生活されており、高校卒業後の三菱重工横浜への就職を機に、故郷を離れ、神奈川県に移り住まれます。

徹さんの高校球児時代に関しては、母校を甲子園に出場させるまでの選手ではありませんでしたが、三菱重工の横浜製作所に社会人野球の選手としてスカウトされ、高校を卒業後はそちらに勤務することとなったようですね。

大谷翔平さんの父・大谷徹さんは、元社会人野球の選手だったのです。

同期に、三菱重工横浜にはすでに、高校生3人の入社が内定していました。

 そのうち2人は後にプロ入りする。ひとりは83年のドラフト3位で阪急(現オリックス)に入団した飯塚富司です。

85年のドラフト2位で阪神に入団した中野佐資です。大谷翔平の父親は僕は高校生で4人目。時期も時期でしたし、取っていただいたという感じとはなしています。

 中野は阪神時代、和田豊(現阪神監督)、大野久とともに、村山実監督から「少年隊」と呼ばれた選手です。

 1年目で肩を故障するも、1、2番打者の外野手として主力に近い位置でプレーするようになりました。

 監督からの突然の「戦力外通告」

 しかし、6年目を迎えた24歳のとき、監督の臼井喜久男から来季は戦力として使わない旨を通告されたことで現役引退を決意したのです。

大谷翔平さんのお父さんも社会人野球チームで活躍した経歴がありますので、ご紹介していきます。ところが、1年目で肩を故障。26歳で引退してしまいます。

野球部引退後もSE(システムエンジニア)

コンピューターの普及もあって、SE(システムエンジニア)仕事を任されるようになったみたいですね。

総務場からシステム関連の部署へ異動し、日常業務をこなしながら、経験・知識ともに不足していた為、コンピューターの勉強を同時並行で行ったそうです。

故郷・岩手県への引っ越し自動車ボディメーカーに転職

引退した1986年の冬に、同社バドミントン部の加代子と結婚します。以降は三菱重工横浜グループ企業の社業に専念していました。

 長男・龍太誕生後の1991年に自動車ボディーメーカー(のちに統合されてトヨタ自動車東日本)に転職します。長男・龍太が野球を始めたときには社業が忙しく、ほとんど協力できなかったことが心残りだったことでした。

 第2子の長女誕生後の1993年7月に地元岩手県北上市に隣接する水沢市(現:奥州市)に移り住みます。

大谷徹は大谷翔平に野球を教える

大谷徹は兄に満足に野球を教えられなかった後悔があったようです。

大谷徹は大谷翔平に野球を教える

長男に対する後悔があったため、自分が教えられることを「大谷選手」へ伝えたいとの思いがつよかったようです。

 1994年に次男・翔平が誕生。翔平が野球を始めた際には熱心に指導することを決意しました。

兄・龍太さんの野球に関しては、徹さん・加代子さん共に同じ後悔を抱いていたからこそ、「本人がやりたいことを精一杯やらせてやろう。」

夫婦そろって「同じ愛情」が生まれていたといわれています。

翔平が小学2年生から「水沢リトル」に入ると、チームのコーチを買って出るようになり、のちに監督も務めました。

翔平が中学進学後に「一関リトルシニア」に移っても同チームのコーチを務め、翔平を計7年間指導したことになります。

大谷選手本人にも、ご両親の思いは十分に届いていたみたいです。

翔平が巣立った現在も少年野球指導を継続しており、2014年に徹が有志とともに立ち上げた「金ケ崎リトルシニア」で監督を務めています。

大谷徹は震災

佐々木と勘違いしているかたもいるかもしれませんが、東北地方なので大変だったと思います。たが関連記事ワードにでてきましたが、それで母子家庭と噂がありますが違います。

大谷翔平の父親大谷徹の現在?

自動車ボディーメーカー(奥州市付近)に長年勤務し、長男・龍太は独立リーグ退団後、徹が勤務するそのメーカーが立ち上げたトヨタ自動車東日本硬式野球部に所属していました。

 しかし、2016年末にトヨタ自動車東日本公式部を辞めました。

次男・翔平のサポート体制の充実と、前述の少年野球チーム監督業への専念が退社の理由とされます。

大谷翔平の父親大谷徹の大切な言葉?名言

大谷選手と「野球ノート」記載していく中で、徹さんが一貫して書き続けたことがあります。徹さんの「野球観」が詰まってる野球ノート「三つの教え」があります。

一生懸命に元気声を出す

一生懸命にキャッチボールをする

一生懸命に走る

基本的な事だからこそ、野球を続けていく限りは、いつまでも「三つの教え」を忘れずにプレーしてほしかったらしいですね。

まとめ:大谷徹は大谷翔平の父親

いかがでしたでしょうか。

大谷徹は大谷翔平の父親?職業は監督?現在? 職業?身長?血液型? 名言?離婚?画像についておつたえしました。

大谷翔平の活躍は父の大谷徹の子供の頃からの野球経験、や兄に教えられなかった野球のくやしさ、そしてことばとしての名言も数々ありました。

一生懸命野球をおしえていたのでメジャーで活躍するようになったんですね。

イチローのチチローは有名ですが、大谷翔平の父の大谷徹の息子に対する野球の想いをもっと教えてもいいのではないのかなと思います。どちらかというと母が有名ですよね。お父さんは見た目が怖いから、マスコミがにがてなんでしょうかね。

関連記事:大谷龍太は大谷翔平の兄?嫁がミス高知?画像?社会人野球?

関連記事:大谷翔平の姉の結婚相手?子供?結婚式!身長!画像!トータルテンボス藤田?看護師? 服

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました