大谷翔平の家族!父の大谷徹!母の大谷加代子!大谷龍太!兄や姉は?家族構成?両親の身長高い!親の写真や身長!職業!バトミントン!

MLB
この記事は約6分で読めます。

大谷翔平の家族!父の大谷徹!母の大谷加代子!大谷龍太!兄や姉は?家族構成?両親の身長高い!親の写真や身長!職業!バトミントン!

 大谷翔平選手の活躍は言うまでもなく 漫画かと思うぐらいの活躍を していますね。大谷翔平選手の 両親の職業や経歴、兄に注目したいと思います。

大谷翔平の家族構成!父の大谷徹!母の大谷加代子!兄・大谷龍太!両親の身長高い!写真あり!職業

大谷翔平選手がプレーをしている、メジャーリーガーの選手は背が高く、体型もガッチリしている人が多いですよね。 

メジャーリーガーの平均身長をリサーチしたところ186.7cmも有ることがわかりました。

日本人男性の平均身長が167cmですから20cmも違いがあります。

大谷選手は背が高いので家族も高いのか気になるので調べて見ました。

大谷  徹(父) 182cm

大谷可代子(母) 170cm

大谷 龍太(長男)187cm

大谷 結香(長女)168cm

大谷 翔平    192cm

大谷翔平選手の父親が182cm、母親が170cm高身長の子供が生まれるのは当然ですね。

母の大谷加代子は元バドミントン選手

大谷翔平さんの母・加代子さん(写真左)といえば、息子にそっくりな顔をしていることでも有名です。

身長170cmと、女性としてはかなり長身な加代子さんは、元実業団のバドミントン選手だったとか。

大谷翔平選手の母親の旧姓について気になっている方が多いですね。

当初筆者が調べた情報では、加代子さんの旧姓は「丸山」と出てきていましたが、どうもそうではないようです。

スポーツ一家で育った大谷翔平選手は、お兄さんの影響で野球に出会いました。

お母様の加代子さんは、家事をこなしながらも週数日パートタイマーで働き、試合のある日はグラウンドに駆けつけてお兄さんと翔平選手を応援していたそうです。

そんなお母様に支えられ、恵まれた体格と運動神経で実力をつけた大谷選手は、学生時代から剛速球でその名を世間に轟かせていました。

しかし、ストレートは速かったものの、「コントロールが悪い」という弱点に悩まされた時期もあったそうです。

そんな息子に対し、加代子さんは「この弱点を踏まえて、次の目標や改善点を具体的にどうするべきか考えなさい」とアドバイスしたそうです。

母の日とあって、中継局BSウエストは母・加代子さんとのツーショット写真を2枚紹介しています

 そのうち1枚は、幼稚園の「平成十年度 入園式会場」と記されたボードを後ろに、母・加代子さんが大谷の肩に手を回し、少年は幼稚園の制服姿でピンク色の紙のバラを胸に着けてます。

 同局のサットン・アナウンサーは「お母さん、加代子さん 母の日おめでとう!」と祝福した。球団地元紙ロサンゼルス・タイムズのハリス記者は、写真を添付し、「若き大谷翔平の宝石のような1枚だ」とツイートしています。

父の大谷徹

基本情報
国籍 日本
出身地岩手県北上市和賀町
生年月日1962年(58 – 59歳)
身長
体重
182 cm
kg
選手情報
投球・打席右投左打
ポジション外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
岩手県立黒沢尻工業高等学校三菱重工横浜

大谷翔平さんの父・大谷徹さんは、元社会人野球の選手でした。

息子である大谷さんと違い、割とコワモテな容姿の徹さんですが、身長も182cmと大柄な男性だったりします。

徹さんの高校球児時代に関しては、母校を甲子園に出場させるまでの選手ではありませんでしたが、三菱重工の横浜製作所に社会人野球の選手としてスカウトされ、高校を卒業後はそちらに勤務することとなったようですね。

1994年に次男・翔平が誕生。長男・龍太が野球を始めたときには社業が忙しく、ほとんど協力できなかったことが心残りだったことでした。

 翔平が野球を始めた際には熱心に指導することを決意。

翔平が小学2年生から「水沢リトル」に入ると、チームのコーチを買って出るようになり、のちに監督も務め。

翔平が中学進学後に「一関リトルシニア」に移っても同チームのコーチを務め、翔平を計7年間指導したことになります。

姉は?大谷結香

大谷翔平選手の姉の名は結香さんです。結香さんは高校生時代にバレーボールをしていたようです。

色々と出身高校を調べましたがわかりませんでした。兄(龍太)と同じ岩手県県立前沢高校でバレーボールをしていたかもしれません。

もしかすると、ご両親のDNAをお持ちなので、スポーツ特待生で高校に行っている可能性もあります。

ご自宅が奥州市なので隣の市にバレーボールが強い学校が見つかりました。

そして結婚をしています。

花巻東に近い関係者が「ごく近しい身内や佐々木監督以外、交際していた事実さえ知らなかったと思います」と語る、周囲の誰もが驚くカップルの誕生でした。

 1月に東京都内のホテルで行われた披露宴には大谷はもちろん、日本ハムから栗山監督、流石部長にとっては国士館大の先輩に当たる厚沢ベンチコーチらが出席し、栗山監督が乾杯の音頭を取ったという。

兄の大谷龍太

大谷翔平さんには、7歳年上の兄・大谷龍太さんもいます。

身長187cmと恵まれた体格をしている龍太さんは、大谷さん同様に少年時代から野球に打ち込んでおり、中学を卒業後は岩手県立前沢高等学校に進学をしております。

龍太さんは、甲子園にこそ出場出来なかったものの、高校卒業後は水沢駒形野球倶楽部という、東北を代表する名門社会人野球クラブへ入団します。

四国・九州アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)の高知ファイティングドッグスに入団します。

 高知では初年度は74試合に出場して打率.205・本塁打2・打点9・盗塁12でした。2

011年は62試合に出場して打率.227・本塁打2・打点14・盗塁3の成績だった。2011年シーズン終了後に退団

トヨタへ移籍

父・徹が勤務する自動車ボディメーカーが、大谷の出身地に新たに硬式野球部(トヨタ自動車東日本硬式野球部)を発足します

 同部に勧誘を受け入部。

 高知への残留との間で悩んだが、社会人チームが減少する環境と地元という理由で入部を決意したといいます。

 トヨタ自動車東日本は、創部から7年目となる2018年に第89回都市対抗野球大会に出場した。

まとめ

アスリートの親はアスリートですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました