なぜ井口資仁監督はロッテ?巨人高年俸も獲得入団失敗に終わる!丸佳浩も

こんにちは、ヨシラバーです。

ロッテての井口監督はなぜソフバンに戻らなかったのでしょうか。

ホークスをいかにして退団したかを考えればホークスが獲得に乗り出すとは考えられないし、井口本人も戻れるとは思ってなかったでしょう

井口 資仁のプロフィールは?

出身地東京都西東京市(旧田無市)

生年月日1974年12月4日

身長178

体重91

投球・打席右投右打ポジション二塁手、

遊撃手、一塁手

プロ入り1996年 ドラフト1位

井口はなぜメジャーから千葉ロッテマリーンズへ

井口がロッテに入団した時の球団交渉役が瀬戸山球団社長と石川球団副代表でした。
この2人、実は井口がドラフトでダイエーを逆指名した時のダイエーの球団代表と担当スカウトなのです。
この時に2人と井口との間で交わされた約束が、将来のメジャー移籍でした。

井口が入団時の会見でダイエーを選んだ理由に「グローバルな感覚を持った球団だから」と言ったのはこの裏約束のことだと思われる。

ドラフト1位で期待をもってロッテに球団になかなか活躍が出来ず

井口が成績を残すようになった頃には2人は球団にはいませんでした。
メジャー移籍を諦めきれない井口は当時の球団オーナーとオーナー代行に経緯を説明し新たな約束を取り付けました。

年末には一時ポスティングシステムでのメジャー移籍を球団事務所から承認されていたが、小久保の読売ジャイアンツへの移籍により否認。

契約更改では「オーナーの中内正の経営体制が刷新した場合、または高塚猛がオーナー代行を辞任した場合、自由契約の選択権は井口にある」との覚え書きを交わしたました。

覚書の存在など知らなかった球団とファンに対してほとんど裏切り行為でした

井口はメジャー帰りにソフトバンクホークスは選べず千葉ロッテへ

この騙し打ち(球団内では誰も知らなかった約束事)のような移籍騒動があった為にメジャー帰りの井口にホークス球団が手を挙げる事はありえなかったそうです。

当時複数のメジャーチームから三塁手としてのオファーがあったが、家族の生活環境と二塁手としてのオファーを優先しロッテへの入団を決めたといいます。

ただ、裏では入団時瀬戸山球団社長に誘われたからです。

この方はダイエー時代の球団代表ですし旧知の間柄です。

かなり良い条件を提示されたのでしょう。

井口は巨人に年俸四億提示されるも入団せず

井口監督が08年オフにメジャーから日本球界に復帰した際、巨人とロッテが獲得に乗り出しそうです。

当時を知る関係者は、 
「巨人の年俸提示は4億円、ロッテのそれは2億円だった」と言う。 

金銭面だけなら巨人が優勢だったが、当時のロッテ首脳は井口選手のそれまでの実績とともに、指導者の資質の高さにも着目した。 

井口 資仁は丸佳浩を獲得に乗り出す

ロッテの井口監督は丸佳浩を獲得に出馬するそうです。

丸佳浩が入団するために、お金も親会社から集め、監督手形も渡すとのことです。

もちろん、背番号6も用意するのでしょうか。

「うちに必要な選手。最後まで諦めず、誠意を尽くしたい。解禁になった時(15日)からアプローチできたらいい。必要があれば一緒に行って、いろんな話をしてみたい」

まとめ

井口のロッテての入団を調べると黒いところがありますね。