江川卓の引退理由は?全盛期!通算成績!球速は170?タイトル・記録!キャリアハイ

ゲームができるようになりました。
江川卓の引退理由は?全盛期!通算成績!球速は170?タイトル・記録!キャリアハイ江川卓
江川卓の引退理由は?全盛期!通算成績!球速は170?タイトル・記録!キャリアハイ
この記事は約5分で読めます。

江川 卓(えがわ すぐる、1955年5月25日 – )は、福島県いわき市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、野球解説者、タレント、YouTuber。この記事では江川卓の引退理由は?全盛期!通算成績!球速は170?タイトル・記録!キャリアハイをお伝えします。

出身地 福島県いわき市
生年月日 1955年5月25日(63歳)
身長 183 cm
体重 90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト1位
初出場 1979年6月2日
最終出場 1987年10月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
作新学院高等部
法政大学
作新学院職員
阪神タイガース(1979)
読売ジャイアンツ(1979 – 1987)

[ad2]

江川卓の引退理由は?

現役を9年で引退した江川に鶴瓶が率直な疑問をぶつたことがあります。

 「10年というのが区切りだし、ちょうど10年目に東京ドームができる年で”東京ドームでやりたいなぁ”と思ったんですけど、肩がもたなかった」。

辞める年に13勝という好成績を残していたといいます。

「次の年も続けていたら6勝とか7勝で終わるのがわかっていた。お客さんに対し自分の本来の投球を見せられないまま続けているのが嫌だった」

「毎週のように招待試合に行って、予選投げて・・・。大学も連投で4試合続けて投げたこともありますから。今は(球数制限があって)100球までしか投げませんけど、僕らの時代は完投・完封が目標でしたから」

と心境を吐露しました

[ad2]

王貞治との関係

「王(貞治)さんです。王さんも辞める年にホームラン30何本打ってるんですよ。普通そんなに打ったら現役続けますよね。

だから”王さんだって・・・”って言いたかったけど、監督だから言えなかったそうです。

[ad2]

現役時代の通算成績は?球速! 170km

[ad2]

ストレート・球速

江川の球速は高校時代に既にピークを迎えていたとも言われ、当時スピードガンはまだ無かったが、150km/hを超えていたのではないかと推定されています(プロ入り後の最速は154km/h)。

スピードガンが各球場に導入された頃、江川のストレートの球速が135km/h前後と表示される記録映像が残っている。

これについて掛布雅之、西本聖、槙原寛己など多数の人物が異口同音に「江川の球速が140km/hを下回ることはありえない」と証言、当時のスピードガンは精度が低く、数値の正確さには疑問があると指摘しています。

特に掛布は「最低でも150キロ、好調時は155キロ以上出ていただろう」と述べている。

2021年12月4日のGoing!Sports&Newsにおいて、江川自身が最も速かったとする1981年の中塚政幸に投じたストレートの球速を分析したところ、158km/hと算出された。

[ad]

江川卓の通算の成績

通算成績 135勝 72負 3セーブ 1366個

1978年ドラフト1位で阪神タイガース入団
1979年1月に交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍
’79 (24)  9勝 10負 0セーブ 率2.80 138個
’80 (25)  16勝 12負 0セーブ 率2.48 219個
’81 (26) 20勝 6負 0セーブ 率2.29 221個
’82 (27) 19勝 12負 0セーブ 率2.36 196個
’83 (28)  16勝 9負 3セーブ 率3.27 131個
’84 (29)  15勝 5負 0セーブ 率3.48 112個
’85 (30) 11勝 7負 0セーブ 率5.28 117個
’86 (31) 16勝 6負 0セーブ 率2.69 119個
’87 (32)  13勝 5負 0セーブ 率3.51 113個

[ad]

江川卓のタイトル・記録

最多勝:2回 (1980年、1981年)
最優秀防御率:1回 (1981年)
最多奪三振:3回 (1980年、1981年、1982年) ※当時連盟表彰なし
最高勝率:2回 (1981年、1984年) ※当時連盟表彰なし
MVP:1回 (1981年)
最優秀投手:2回 (1980年、1981年)
ベストナイン:2回 (1980年、1981年)
月間MVP:2回 (1981年7月、1981年8月)
日本シリーズ優秀選手賞:1回 (1981年)
オールスターゲームMVP:1回 (1984年第3戦)
後楽園MVP賞:1回 (1980年)
ジュニアオールスターゲーム最優秀投手賞:1回 (1979年)
報知プロスポーツ大賞:1回 (1981年)

など

[ad2]

まとめ

昭和の怪物君もプロでも怪物でした。ただ高校時代のほうが成績が凄かった可能性があるとはすごいですね。

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました