青柳晃洋のFAはいつ?年俸・年収の推移?2022

青柳晃洋のFAはいつ?年俸・年収の推移?2022青柳晃洋
青柳晃洋のFAはいつ?年俸・年収の推移?2022
この記事は約2分で読めます。

青柳 晃洋(あおやぎ こうよう、1993年12月11日 – )は、神奈川県横浜市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。

ヨシラバー
ヨシラバー

青柳晃洋は阪神のエースになりましたね。防御率もお見事です。ファンが気になるのはFAはいつなのかではないのでしょうか。調査しましたのでお伝えします。まず年俸とプロフィールからお伝えします。

国籍日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1993年12月11日(28歳)
身長
体重 183 cm
80 kg

青柳晃洋の年俸・年収は?2022推移も

最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した阪神の青柳晃洋投手です。2022年は2倍を超える年俸1億2000万円で契約しています。

年俸(推定)チーム背番号
2022年1億2000万円阪神タイガース50
2021年5000万円阪神タイガース50
2020年3000万円阪神タイガース50
2019年1200万円阪神タイガース50
2018年1300万円阪神タイガース50
2017年1200万円阪神タイガース50
2016年720万円阪神タイガース50

一億の大台でかきのようにコメントしています。

「球団には最大限、評価してもらったので満足している。目標としていた13勝にようやく到達できたので、有言実行できてよかった」

青柳投手は下手気味のサイドスローから、140キロ台のツーシームで打たせて取るピッチングを持ち味に、自身初のふた桁勝利となる13勝6敗の好成績をおさめて、最多勝に輝きました。

青柳晃洋のFAはいつ

2022年6月18日現在の情報です。青柳晃洋は現在29歳でプロ7年目です。一軍登録は4年です。つまり国内FAまではあと2年で海外FAまでは4年になります。

まとめ

阪神に生え抜きで待遇も1億をこえているので今後も年俸はあがっていくでしょうね。阪神ファンにもあつい信頼をえているので出ていく必要もありません。

ただ、気になるのは母親がヤクルトレディで兄がヤクルト本社勤務ですね。

ヤクルトも本社から山田哲人のようにお金がでますので沢山でると思います。万が一ですが移籍するとなるとヤクルトスワローズ、もしくは地元愛で横浜ベイスターズじゃないでしょうか。

阪神から横浜ベイスターズへのFAの例もありますしね。。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました