阪神・矢野 燿大監督の引退試合の実況は行くな越えるな!

巨人(ジャイアンツ)
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、ヨシラバーです。

阪神タイガースの次期監督が矢野監督に決まりましたね。矢野といえば引退試合が記憶に残るとことであります。

どのような引退試合だったのでしょうか。

阪神・矢野 燿大監督の引退試合の実況は行くな越えるな!

出身地 大阪府大阪市東住吉区(現在の平野区)
生年月日 1968年12月6日
身長 181 cm
体重81 kg

選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手、外野手
プロ入り 1990年 ドラフト2位
初出場 1991年8月3日
最終出場 2010年5月8日

2010年に阪神タイガースで現役を引退してからは、朝日放送・サンテレビの野球解説者やスポーツニッポン大阪本社の野球評論家として活動しています。

2013年11月からは、野球日本代表のバッテリーコーチを務めた。

2016年から阪神へ一軍作戦兼バッテリーコーチとして復帰した後に、2018年から二軍監督へ就任しています。

https://twitter.com/rWzmk/status/1051274939653795840

矢野 燿大といえば引退試合

9月30日には横浜戦終了後の甲子園球場(同年レギュラーシーズンの甲子園最終戦でもあった)でも引退セレモニーが行われました。

この試合では9回二死から出場する予定で出場選手登録もされていたが、二死になる前に抑え投手の藤川が村田修一に逆転3ランを浴びたため、勝利を優先した球団の判断により出場機会はなかったのです。

藤川投手は顔面蒼白、超満員の甲子園がお通夜状態になってしまった。

矢野選手は引退試合で出場がなく、セレモニーのみとなりました。

ちなみに矢野選手に花束を渡したのは村田選手であった。

【阪神】矢野伝説の引退試合「行くな行くな超えるな」

まとめ

引退試合ができなかった矢野ですが、阪神タイガースでは重要に扱われていたようですね。

阪神タイガースの監督はとても大変だと思いますが、メンタルを気を付けてもらいたいですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました