【ソフトバンク】柳田悠岐は海外FAでメジャー移籍?カープでなかった!通用するか!

こんにちは、ヨシラバーです。

柳田選手はNPB最強打者になりつつありますね。日米野球でもホームランを放ち、結果をだしていますし、なぜメジャーにいかないと考えている人も多いですね。

ソフトバンクは柳田にたいし、ポスティングは認めておらず、海外FAでの移籍なら考えられそうです。

柳田 悠岐のプロフィールは?

出身地 広島県広島市安佐南区
生年月日 1988年10月9日(30歳)
身長 188 cm
体重 92 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手(主に中堅手)
プロ入り 2010年 ドラフト2巡目
初出場 2011年5月8日
年俸 5億5,000万円+出来高

小学3年生の頃に少年クラブで野球を始め 、 中学では軟式野球のシニアクラブに所属 。

高校は名門 『 広島商業高校(通称:広商) 』に進学したものの、甲子園の出場はなし で、3年夏はベスト4で敗退 となります。

当時は身体も細く 、 でなんと 高校通算本塁打は11本 です。

大学は 『 広島経済大学 』 。 全国的ではないにしろ 、 広島県・中国地方では1、2を争う野球が強い事で有名な大学です 。

大学通算成績は82試合・打率.428・8本塁打・60打点という好成績でプロのスカウトを釘付けに 。

柳田選手がメジャーリーガーのまえでパワーの違いを見せつける

日米野球の9回に劇的な逆転サヨナラ2ランを放った。イェイツ(パドレス)の速球をバックスクリーンに運び、MLBの猛者たちの度肝をぬきました。

メジャー軍団の度肝を抜く一撃がバックスクリーンに飛び込んだ。左手でヘルメットを軽く押さえ、右手でベンチを指さしています。漫画の主人公ですね。

柳田 悠岐はメジャーリーグでポスティングで移籍を直訴していた

16年のオフにはポスティング・システムによる米挑戦を直訴したほど、メジャーには恋い焦がれている。今でもインスタグラムのMLB公式サイトをフォローし、常に強打者の映像をチェックしています。柳田はメジャーに対して下記のようなコメントをしています。

 「本塁打は『全部すごいな』と思って、一ファンとしてセンターを守っていた。格好いいです、格好いいです」

柳田 悠岐は2017年にソフトバンクと3年契約を結ぶ!2018年にFAを獲得するも行使せず

 12月23日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、ホークスの日本人選手で初の5億超えとなる、2億8,000万円増の年俸5億5000万円+出来高(金額は推定)の3年契約でサインしています。

柳田 悠岐は2019年にポスティングでメジャー挑戦か?海外FAでメジャーを計画中!メジャーでも通用する自信あり

2017年末の契約更改交渉で3年総額15億円プラス出来高(推定)の複数年契約を結んでいます。

 2018年に国内FA権、2020年には海外FA権を取得するため、球団側は少なくとも5年を超える大型契約まで用意したが、最終的に双方納得の形で「3年」を着地点としたそうです。

柳田は下記のようにコメントしている。

僕は何度も球団に『ポスティングを認めてください』とお願いしてきた。(ポスティングを認めない)球団の考えや僕を必要としてくれていることはよく分かっているし、それは光栄なこと。先のことは誰にも分からないけど、僕は33歳でも(メジャーで)勝負できると思っている。だから3年契約」

「ソフトバンクで結果を残せば通用する。だから、ここでこれから何を残すかが大事。その先の未来はまさに運命」

狙いはカープでなくメジャー移籍!通用するのか見てみたい。

柳田はカープファンだけに国内FAで移籍するのかと思われていました。柳田の希望はメジャーリーグに挑戦するのですからね。

NPB最強打者がメジャーでどれだけ通用するのか見たいですね。

まとめ

浅村がソフトバンクに入団して柳田の年俸をこえそうですが、柳田はモチベーションはおちていませんね。