【ソフトバンク】柳田悠岐が怪我!復帰はいつになる?2019シーズンに影響は?

またもやギータ怪我…

ソフトバンク・柳田悠岐が14日、ウオーミングアップ中に右太もも裏を痛め、練習を早退しました。

宮崎市内の病院で精密検査をうけた結果、「右股関節外旋筋群軽度損傷」の診断を受けたことを発表しました。

柳田 悠岐のプロフィールは?

出身地 広島県広島市安佐南区
生年月日 1988年10月9日
身長  188 cm
体重 92 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手(主に中堅手)
プロ入り 2010年 ドラフト2巡目
初出場 2011年5月8日
年俸 5億5,000万円+出来高(2018年)

柳田悠岐の怪我は?

柳田は14日に右太腿の異変を訴え練習を途中で切り上げていました。

その後、宮崎市内の病院でMRIなど検査を受け「右股関節外旋筋群軽度損傷」と診断された。キャンプ第4クールは別メニュー調整になる見込みです。

復帰はいつになる?

第4クール残り3日間は別メニュー調整となります。

報告を聞いた工藤監督は「軽かったのでよかった。お尻の部分と思う。このクールを見てなのか、今日を見てなのかになると思います」と軽傷に安堵(あんど)の表情を見せた。

2018年の柳田悠岐の怪我は!ボールが頭に直撃

ストレッチ中の柳田悠岐外野手の左側頭部に西武・栗山巧外野手のフリー打撃の打球がワンバウンドして直撃しました。

柳田は頭を抑えて、その場にうずくまった。隣にいた福田秀平外野手がすぐにトレーナーを呼びました。

柳田は約5分後に一度起き上がったものの、トレーナーの補助で再び寝かされた。意識はあるが、頭痛を訴えているといいます。

福田秀平は、「ネットがあると思っていた。打球が思ったよりも速くて、間に合わなかった」と話しています。

頭部を固定されて担架で所沢市内の病院に救急搬送されたが、検査後は球場に戻った。

柳田悠岐は「左側頭部打撲」と診断

「左側頭部打撲」と診断された。頭部骨折や頭蓋内出血はなく、脳しんとうの所見も見られなかったという。今後については状態を見て判断するとのことです。

まとめ

ソフトバンクの選手は怪我がおおいですね。それも主力。シーズンでの優勝を果たすには、柳田はキーマンです。

シェアする

    コメント

    1. にゃお より:

      ギータの無事が確認出来て良かった❗
      大事なギータの復帰 待ってるよ~✴️

    2. 古澤 隆 より:

      西武の業務上過失罪になると思う。選手生命を奪うかもしれない。うやむやにせず原因を調査して安全対策を徹底するべきである。