涌井秀章はなぜ楽天ライオンズへトレードとは??巨人やメジャーとの噂もあった!

こんにちは、ヨシラバーです。

ロッテの涌井秀章投手が楽天へ移籍することになりました。楽天ライオンズとまで言われています。

涌井秀章はなぜ楽天ライオンズへトレードとは??巨人やメジャーとの噂もあった!

涌井秀章のプロフィールは?

生年月日:1986年6月21日

出身地:千葉県松戸市

身長:185センチ

体重:85キロ

右投右打

投手

15年には6年ぶりに最多勝を獲得するなど、エースとして活躍した。

 今季は3勝7敗、防御率4・50。ここ3年は本来の調子ではなかったが、若いころと変わらぬ練習量で、シーズン中も黙々と走り込む姿は投手陣の手本となっています。

横浜高校での活躍は?松坂2世とまでいわれた

横浜高校出身の涌井選手は高校時代からすでに注目される選手で、同じ横浜高校出身の松坂大輔2世と言われるほどのポテンシャルを秘めており、期待の新入生として注目されていました。

ヤクルトスワローズの成瀬善久選手という超高校級のエースがいたため3年までチームのエースとはなれませんでしたが、2番手ピッチャーとしてその期待に応えるように活躍しました。

涌井はなぜ巨人へトレード説があった

2018年のことですが涌井選手にはトレード説が流れていました。

ロッテが外野手がほしいとのことでした。

ロッテが涌井とトレードで獲得したい選手は外野手と噂されており、外野手を出せる球団は巨人、そ横浜DeNAベイスターズが候補に挙がっていました。

まずは巨人だが、ゲレーロ、亀井、長野、陽、立岡、石川、と、頭数は多い巨人の外野手陣ではあるが、亀井は年齢を考えると候補から外れ、となれば長野や陽、そして立岡や石川慎吾らが候補としてあがっていたようです。

涌井は海外FA権を行使したがメジャーにはいかず背番号変更へ

井口体制に移行するや、涌井は海外FA権を行使しました。

メジャー移籍を模索した。結局、メジャーから色よい返事をもらえず、キャンプ直前の1月末にロッテ残留を決断したが、ロッテ内での評価は高いとは言えません。

ただ、背番号がエースナンバーとなりました。背番号を「16」から「18」となっています。横浜高校で憧れいた背番号の18となりました。

涌井は楽天ライオンズへトレードとなった

楽天が、ロッテ涌井秀章投手を金銭トレードで獲得することになりました。

則本昂、岸のケガの影響もあり、2桁勝利を挙げた投手はゼロでした。

唯一規定投球回をクリアした美馬も、国内FA権を行使してロッテへ移籍となりました。

石井GMは現役時代西武で6年間ともにプレーした涌井に着目。投球だけにとどまらず、若手の手本としての役割も期待しているとみられる

石井GMの記事

こんにちは、ヨシラバーです。 池山 隆寛が楽天を退団することになりました。石井一久がGMとなったことで、現場は元ヤクルトに同僚であった、池...

涌井は先発での起用にこだわりを持っているようです。

 これまでの貢献度を考慮し、一番輝ける球団で活躍してもらいたい思いが生まれた。

 当初は選手間のトレードを模索したが、両球団ともにFAの人的補償を抱えており調整が複雑化し、大型の金銭トレードという形に落ち着いたようですね。

楽天ライオンズとは?

楽天にライオンズの選手が沢山所属していることです。

石井一久のちからが光っていますね。

選手 岸孝之・浅村栄斗・渡辺直人 牧田和久・涌井秀章 (New)

監督/コーチ 奈良原浩・石井貴・星孝典 垣内哲也・金森栄治・光山英和 後藤武敏・笘篠誠治

フロント/スカウト 石井一久・宮越徹・山田潤

まとめ

色々と問題児である涌井もエースナンバーをもらったにも関わらず、楽天ライオンズに骨を埋めることになるのでしょうか。今後が期待ですね。

よろしければフォローをお願いします