カテゴリー

涌井秀章はなぜロッテへトレード?メジャーfaはどうなった?!

こんにちは、ヨシラバーです。

ロッテの涌井秀章投手は、ZOZOマリンで契約更改交渉に臨み、背番号を「16」から「18」に変更することを発表した。横浜高校で憧れいた背番号の18となりました。

なぜトレードにいったのでしょうか。またメジャーへのFAはどうしたのでしょうか。

涌井秀章のプロフィールは?

生年月日:1986年6月21日

出身地:千葉県松戸市

身長:185センチ

体重:85キロ

右投右打

投手

横浜高校での活躍は?松坂2世とまでいわれた

横浜高校出身の涌井選手は高校時代からすでに注目される選手で、同じ横浜高校出身の松坂大輔2世と言われるほどのポテンシャルを秘めており、期待の新入生として注目されていました。

ヤクルトスワローズの成瀬善久選手という超高校級のエースがいたため3年までチームのエースとはなれませんでしたが、2番手ピッチャーとしてその期待に応えるように活躍しました。

涌井はなぜトレードでロッテへ移籍した

涌井は2013年オフ、西武からロッテへFA移籍しました。

当時の伊東監督(現中日ヘッドコーチ)が西武在籍時に監督を務めていた縁があったためです。しかし、17年オフに伊東監督が最下位低迷の責任を取って辞任しました。

ロッテで野球をやる意味がなくなった涌井はメジャーを目指すようになりました。

涌井は海外FA権を行使したがメジャーにはいかず

井口体制に移行するや、涌井は海外FA権を行使しました。

メジャー移籍を模索した。結局、メジャーから色よい返事をもらえず、キャンプ直前の1月末にロッテ残留を決断したが、ロッテ内での評価は高いとは言えません。

ただ、背番号がエースナンバーとなりました。

涌井秀章投手の背番号が18!松坂大輔にあこがれていた

2014年にロッテへFA移籍後は5年にわたり「16」をつけていたが、エース番号を背に心機一転、投手陣を牽引していくことになりました。

「松坂さん(中日)がまた18番をつけたので、自分もつけたいと思いました。チームのエースが背負う番号。もっと、そういう存在になれたらいい」

西武時代の2013年以来、6年ぶりにつけるエース番号にふさわしいパフォーマンスを披露したいところです。

涌井は松坂と同じ背番号に

昨季、中日へと移籍した松坂は6勝をマークし、カムバック賞。

西武時代にも横浜高校の大先輩に憧れ、その背番号を継承した涌井は「また、投げ合いたい気持ちもある」と再戦に意欲。

まとめ

色々と問題児である涌井もエースナンバーをもらい、ロッテに骨を埋めることになるのでしょうか。今後が期待ですね。

シェアする