MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【上林誠知の彼女や結婚】中洲バー?インスタ顏画像写真?韓国人が母?母店?ハーフ?

上林誠知の結婚!彼女やなぜ顏画像写真?韓国人が母?母店?ハーフ?

上林誠知の彼女や結婚!韓国人?結婚は?好きなタイプについてお蔦します。

イケメンで日本代表で有名になった上林選手です。将来は大リーグを目指しており、上林選手のポテンシャルは非常に高いです。

普段は野球のことしか考えていなく、恋愛は考えていないかもしれません。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事は【上林誠知の彼女や結婚】中洲バー?インスタ顏画像写真?韓国人が母?母店?ハーフ?についてお伝えします。

上林誠知選手のプロフィールは以下の通りです:

項目内容
名前上林誠知
生年月日1995年8月1日
年齢28歳 (2023/10/07時点)
出身地埼玉県さいたま市
所属球団福岡ソフトバンクホークス
背番号51
身長185cm
体重90kg
血液型O型
投打右投げ左打ち
ドラフト年(順位)2013年(4位)

背番号51で第二のイチローと呼ばれています。

目次

【上林誠知の彼女や結婚】バー?との熱愛は?結婚は?嫁・奥さん?彼女やなぜインスタ顏画像写真

真面目で誠実そうなイメージのある上林選手です。休日も野球のことしか考えていないようです。将来もメジャーでイチローを目指しているところです。

彼女は年上?

ただ、彼女や結婚の話はありますか調べてみました。

あざといともいわれ、今後女性ファンも増えるでしょうね。

するとネットの書き込みではいくつか情報がありました!

「宮崎キャンプの時彼女らしき人と歩いている所を見た」とか「高校時代はいなかったけど卒業後経験の為に付き合った事あるらしいよ」です。

真実味に欠けるところがありますね。

彼女はバー?

上林誠知の彼女は中洲でバーを経営する40代バツイチ子持ち女性と結婚間近という報道が出ていました。

ネットではスポーツ選手は年上と結婚したほうがよいが、年上すぎではないかとの声もありました。

彼女の彼女やインスタ顏画像写真

ただ、2022年8月10日に彼女の報道がありました。結婚も近いといわれていましたが、まだ結婚していませんね。

彼女は友人しか見られない自身のインスタグラムアカウントに、旅行先で撮ったと思われる上林とのツーショットを掲載しているようです。

「上林には5年間真剣交際している彼女がいるんです。福岡・中洲にあるバーのオーナーの女性で、歳は40代。バツイチでお子さんもいるそうですが、『頼れる姉御感』に惹かれたそうです。順調に交際を続けており、このまま結婚するのではないかと言われています」

引用元:ソフトバンク上林誠知 5年間「真剣交際」の年上彼女と結婚間近か(newポストセブン)

子供は?

もう歳も歳だし、子供も欲しいから結婚も考えているんだよね』と話していました。彼氏は27歳でかなり歳の差があるけどとはなしているようです。

メジャーに行く前には彼女と結婚までしそうですよね。

上林誠知の母は韓国人?ハーフ?母店

上林誠知は韓国籍ではないものの、日本人の父親と韓国人の母親の間に生まれた日韓ハーフです。

実は上林誠知の母親が韓国人であり、父親が日本人。つまり、上林誠知は韓国と日本のハーフなのです。

ハーフの人は、国籍を母親の国籍にするか、父親の国政にするかを選択することが出来ますが、上林誠知は日本国籍を選択したようです。

上林誠知自身は、日本で育ってましたから、日本を選択することも不思議ではありません。

母の店?

母がお店を開いているのは間違いないですが、下記の店であるかは不明です。ただ、検索で出ていました。

料理の「タットリタン」が得意だったようです。

まとめ:【上林誠知の彼女や結婚】中洲バー?インスタ顏画像写真?韓国人が母?母店?ハーフ?

いかがでしょうか。

今回の記事は【上林誠知の彼女や結婚】中洲バー?インスタ顏画像写真?韓国人が母?母店?ハーフ?についてお伝えしました。

彼女がいつ出てきてもおかしくない選手ですね。福岡の誰かと付き合っていたりするのでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次