戸郷翔征(巨人)のアーム!フォームとは?球種や球速まで!

野球をやってて部員の人たちによく言われるのは「アーム投げの投手は大成しない」って話。戸郷はその常識を覆す投手になっています。

今年はサンチェスと菅野に次ぐ3番手になると宣言しています。性格も強気でよいです。

その戸郷のアーム投げのリスクは?球種や球速は?

■初年度無料:開幕戦やエキサイトシートの取り方
今回は本サイトが応援しているジャイアンツのクレジットカードについてお伝えします。 このGIANTS CLUB G-Po JCBカードはG-poがたっぷり貯まって、その貯まったG-poでオリジナルグッズをゲットできるクレジットカードと考えてください。 新規入会でもれなく150G-po!が入ります

巨人・戸郷翔征のアーム投げフォームとは?球種や球速まで!

プロフィールです。

出身地 宮崎県都城市
生年月日 2000年4月4日(19歳)
身長
体重 186 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト6位
初出場 2019年9月21日
年俸 650万円(2020年

戸郷翔征のアーム投げとは?

「アーム式」というのはバッティングマシンの形式に由来した呼称だと思います。

バッティングマシンには「ドラム式」と「アーム式」があって、学校の野球部などでよく
見かけるタイヤのような円盤のついたマシンが「ドラム式」、バッティングセンターで見かけるアームを旋回させてボールを発射するものが「アーム式」です

体の小さい子供などはアーム投げになりがちであり、その癖が抜けないまま投げ続ける選手も多いです。

しかしアーム投げは肩の故障に繋がりやすいので、できるだけ早く矯正すべきともいわれています。

欠点には?

  • 肩や肘に負担が掛かるので怪我しやすい
  • コントロールが安定しない
  • ボールのスピードが速くならない
  • ボールの出所が見えやすいので打たれやすい

故障がしやすい

投手がボールを投げる時には「肩を旋回させて投げる」と思われている方が多いのですが、肩を旋回させると腕は胸に対して垂直に回転します。

 この旋回がアーム式を引き起こしやすい要因となっています。「ボール投げる時には肩を旋回させるでしょ?」と思われる方が多いと思います。
この「旋回」は旋回の角度が少しでもずれると制球難を引き起こすので、ボールをコントロールすることがとても難しくなります。

変化球は全て独学という環境だから投げ方もおそらく

完全に独学なのでしょうね。

上原浩治も独特な投げ方ではありました。内海哲也にも似ているかもしれません。

戸郷翔征球速や球種は?

ストレートは最速154キロ。変化球はスライダー、チェンジアップ、スプリット、カーブ 、カットボールと多彩ですが全て独学で身につけたそうです。

まとめ

常識に捕らわれない投球方法は成功する場合が多いですね。戸郷も楽しみです。

初年度無料・巨人ファンクレジット!エキサイトシートなど本サイトを見る!
【初年度無料】巨人カードチケットGET!エキサイトシート当たる!

【初年度無料】巨人カードチケット!エキサイトシート当たる!

よろしければフォローをお願いします