立浪和義監督の年俸!現役時時代の通算成績!守備のすごさは3つのポジションでゴールデングラブ

立浪和義
この記事は約5分で読めます。

立浪和義監督の年俸!通算成績!タイトル!守備のすごさは3つのポジションでゴールデングラブ

出身地 大阪府
生年月日 1969年8月19日
身長 173 cm
体重 70 kg
投球・打撃 右投左打
守備位置 二塁手、三塁手、遊撃手、外野手
プロ入り 1987年ドラフト1位

通算成績!生涯でのミスター二塁打と本塁打と長打力

通算本塁打は171本。

これは日本プロ野球界の通算安打数ベストテンに入る選手の中では最少であると共に、その中で200本塁打に到達していないのは立浪のみである。

また、シーズン20本塁打を達成したこともないのです。

このように決して長距離打者とは言えない(最後に本塁打を放った2009年4月24日の試合後にも、日刊スポーツのインタビューに対し「ボクはホームラン打者じゃない」と語っていた)が、プロ1年目から最終年まで本塁打のなかったシーズンは一度もない。

ミスター二塁打

プロ初安打もプロ最終安打も二塁打であることから、「ミスター二塁打」の異名もあり[62]、立浪本人も「ツーベースに縁があった」と振り返っている。

プロ野球最多記録で、当分破られそうもない「487二塁打」は天才打者の証しといえます。

 広い本拠のドームでは、二塁打こそ「野球の華」とも言える。

本拠での現役最後の打席が二塁打だった事実は象徴的である。

1988年~2009年まで .285 171本 1037打点 135盗塁 91盗塁死 出塁率.366
年度 試合 打率 二塁打 本塁打 打点  
88 110 .223 15 4 18  
89 30 .235 6 2    
90 128 .303 33 11 45  
91 131 .290 35 10 45  
92 98 .301 16 5 42  
93 128 .286 18 16    
94 129 .274 27 10 53  
95 126 .301 25 11 53  
96 130 .323 39 10 62  
97 133 .269 24 14 55  
98 134 .272 24 8 43  
99 123 .266 32 4 53  
00 126 .303 30 9    
01 139 .292 30 9 65  
02 137 .302 34 16 92  
03 135 .280 28 13 80  
04 134 .308 25 5 70  
05 138 .253 25 9 56  
06 113 .263 10 1    
07 101 .275 2 2 31  
08 86 .205 4 1 10  
09 77 .318 5 1 17  
通算 2586 .285 487 171 1037  

[ad2]

生涯の年俸の総額!年収!

年俸は総額約28億5,380万円です。

年度別年俸
年度 金額
1988 400万円
1989 960万円
1990 840万円
1991 2800万円
1992 5000万円
1993 6800万円
1994 9500万円
1995 1.2億円
1996 1.5億円
1997 1.5億円
1998 1.5億円
1999 1.5億円
2000 1.5億円
2001 1.9億円
2002 1.9億円
2003 2.5億円
2004 2.5億円
2005 2.5億円

タイトル?

  • ・1988年新人王
  • ・ベストナイン:2回
  • ・ゴールデングラブ賞:5回
  • ・月間MVP:3回
  • ・全農Go・Go賞:1回

守備は?守備位置は?すごさは3つのポジションでゴールデングラブ

高校時代に、プロの守備を見て「下手やなぁ」と言ったと片岡が証言してます。

プロ入り以降遊撃手→二塁手→左翼手→二塁手→三塁手→左翼手→三塁手とメインの守備位置を変えつつあるなど、ユーティリティープレイヤーでもあった。

立浪和義選手は二塁手、三塁手、遊撃手の3つのポジションでゴールデングラブを取ってます。立浪が史上初で、その後、出た記憶はありません。

なぜ守備は固定されなかった?

[ad2]

まとめ

ミスタードラゴンズのレジェンドなわけです。

【立浪監督辞めろ・無能の声なぜ?】休養辞任解任? ダメ?打撃コーチ?立浪和義
中日ドラゴンズの戦力補強をお伝えします。通告 2022年 徹底特集! (FA宣言・トレード移籍・ドラフト・新外国人等の補強)や開幕打順やローテーションも予想してみます。
 
 

 

ヨシラバー
ヨシラバー

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

ヨシラバーをフォローする
立浪和義

コメント

タイトルとURLをコピーしました