鈴木尚典の現在! DeNAコーチ復活?嫁は長澤百代!なぜ落合との関係で現役時代の全盛期や生涯成績!焼肉!結婚!子供・実家!巨人

横浜DeNAベイスターズ
この記事は約6分で読めます。

鈴木尚典の現在! DeNAコーチ復活?嫁は長澤百代!なぜ落合との関係で現役時代の全盛期や生涯成績!焼肉!結婚!子供・実家

鈴木尚典はバチバチと言われる98年組でも中立的な立場だったし 石井琢朗は同期入団で同い年の谷繁と仲良いから入閣することになりました

巨人の選手と間違える人がいますね。プライベートや落合博満、現役時代についてお伝えしたいと思います。

DeNA・鈴木尚典の現在! 2022年DeNAコーチ復活?嫁は長澤百代!なぜ落合との関係で現役時代の全盛期や生涯成績!焼肉!結婚!子供・実家

基本情報
国籍 日本
出身地静岡県浜松市南区
生年月日1972年4月10日(49歳)
身長
体重
186 cm
88 kg
選手情報
投球・打席右投左打
ポジション左翼手
プロ入り1990年 ドラフト4位
初出場1991年10月14日
最終出場2008年10月12日(公式戦最後)
2009年3月22日(引退試合)

鈴木氏は1990年ドラフト4位で横浜高から大洋(現DeNA)に加入します95年頃から外野で定位置をつかみ始めると、97年からは2年連続で首位打者に輝いた。チームが日本一に輝いた98年には主に「3番・左翼」で活躍。16本塁打87打点、打率3割3分7厘で強力打線「マシンガン打線」の中心的存在でした。

現在・今! 2022年にDeNAコーチ復活

引退後は09、10年に2軍コーチを務め、11年からは球団職員なども経験します。

20年にはBC神奈川の監督に就任し、同年はチームのリーグ参入初年度ながら優勝に経験しました。

DeNAの打線は桑原、佐野、牧、宮崎と4人の3割打者をそろえ、オースティン、ソトという長打のある外国人選手も在籍。リーグ2位のチーム打率2割5分8厘、559得点を記録したが、勝負所の得点力を欠いて、チームは6年ぶりの最下位に沈んだ。

 チームの打線には宮崎、佐野ら首位打者経験のある実力者だけでなく、牧や森ら近い将来チームの中心を担う好素材もそろっている。鈴木氏には日本一に輝いた際の「マシンガン打線」のような強力打線を作り上げることを期待されています。

2022年にコーチ復活

DeNAの来季コーチに就任することが発表された鈴木尚典氏のコメントです。

「懐かしさはありますが、(前回コーチから)12年たっている。選手もスタッフも入れ替わって、新しい。(三浦監督から)報道が出た後に『バッティング頼みます』と言われた。まだ視察みたいな感じ。明後日以降、まず名前と顔を一致させる」

と話した。

結婚!嫁は長澤百代!子供!実家

鈴、横浜スタジアム内で記者会見し、横浜ベイスターズ・
オフィシャルレポーターの長澤百代さんと結婚することを明らかにしました。

入籍は4月10日です。

鈴木選手は

『去年、ケガして悩んでいたとき、相談相手となってくれた。心の支えになってくれた。』
『明るく楽しい家庭を作って行きたい。』

と至福の表情でした。過去に純粋なプロ野球ファンの女の子と結婚しちゃった野球選手です。

なぜ落合との関係で現役時代に影響

鈴木尚典さんのバッティングが落合博満さんの指導で変わった話を見て行きます。

鈴木さんは2000年オフに退団したローズ選手の後釜として4番に指名されたました。

持ち前の向上心も相まって春季キャンプの臨時コーチをしていた落合博満さんに教えを請いました。

これまでは主に3番打者として2度の首位打者に輝いていました。

本格的に4番を任されるということもあって打率に加えて長打力も伸ばしたいと考えたのは当然のことでしょう。

指導を請われた落合さんは「バックスピンを掛けて打ち上げろ」と飛距離を伸ばすアドバイスをしましたが

鈴木さんに合わなかったのか本来のバッティングも崩れて行きました。

バックスピンを簡単に説明しますと、来た球の下側を擦るよう打つスタイルで、ライナー性の打球ではなく放物線を描くようなふわっとした弾道になるのが特徴です。

この理論は鈴木さんに対してだけ言ったものでは無く、落合さんは様々な場所でホームランを打つコツとして「球の下を叩く」ことを口にしていました。

ホームランバッターの共通する技術。ホームランを打つコツをそっと耳打ち

鈴木選手の印象は、毎年3割は必ず打つバッターのイメージがありましたが、さいご2,3年は先発も外れがちで元気がない気がします。

4番を打ちましたよね。 その時に、彼はホームランバッターではないのにホームランを無理やり打とうとして自分のスイングを忘れてしまったんじゃないかな?

一度狂うとなかなか直せないですからね。それくらいデリケートです。

タイトルや障害通算成績・打率!全盛期

2000本安打をうっていないのですね。

通算成績(プロ18年、実働17年):打率.303、146本塁打、700打点、1456安打。

タイトル
首位打者2回1997年、1998年
表彰
月間MVP1回1997年7月
ベストナイン2回1997年、1998年
日本シリーズMVP1回1998年
その他
オールスターゲーム出場4回1997年-1999年、2001年

焼肉

あまりイメージに無い鈴木尚典さんの大食いについて見て行きましょう。

野球選手の中では「186cm / 88kg」と普通の体格だった鈴木さんですが、焼肉をおごってもらった後輩の高森 勇旗(たかもり ゆうき)さんによるとケタ違いの食事量だったそうです。

鈴木尚典さんといえば、とにかくよく食べるということで有名でした。そして、そんな大スターに食事に連れて行ってもらうということで、

「残すわけにはいかない」

試合後の補給食などには一切目もくれず、極限まで空腹な状態を作り出し、夜ご飯へと向かいました。

メンバーは4人。尚典さんは一切お酒を飲まないため、食事のみの無制限一本勝負。

焼肉店で鈴木さんが注文した量は以下の通りになります(参加者は4人で数字は皿数)

・第1ラウンドは「レバ刺し4、牛刺し4、サラダ4、キムチ4」

・第2ラウンドは「牛タン4、ロース4、カルビ4、ハラミ4、大ライス4」

これだけでも驚きますが、なんと第二は第一を焼く前に追加で注文していたのです

2年連続首位打者は食べる量も格が違った

そして翌日。前日のお礼をしに、尚典さんの元へ。

「昨日はごちそうさまでした。また、ぜひ連れて行ってください!」

とお礼をいう側から、違う先輩が、

「尚典さん、昨日はラーメンごちそうさまでした。美味しかったですね!」

ラーメン?
俺がご馳走になったのは焼肉のはず。

そう、尚典さんは夜中に、また違う選手とラーメンを食べに行っていたんですね。

まとめ

98年組横浜ベイスターズの中心の鈴木が戻り、2022年度のマシンガンが出来るかどうか楽しみですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました