MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【菅野智之の自宅】等々力が家住所?私服は?!愛車

菅野智之の自宅の住所は等々力?!愛車・腕時計が凄い!私服は?豪邸!マンション・一軒家?かわいい!

菅野智之の自宅の住所は等々力?!愛車・腕時計が凄い!私服は?豪邸!マンション・一軒家?

読売ジャイアンツのエースである菅野智之投手の自宅が気になりますね!プロ野球界ナンバーワンの菅野智之​投手ですから自宅もかなりの豪邸に住んでいると思われます。

項目内容
名前菅野智之
生年月日1989年10月11日
年齢34歳
出身地神奈川県
身長186cm
体重92kg
ポジション投手
投打右投右打
プロ入り2012年ドラフト1位
所属チーム読売ジャイアンツ
年俸4億円(2024年)
目次

【菅野智之の自宅】等々力が家住所?私服は?!愛車

【菅野智之の自宅】等々力が家住所?私服は?!愛車

菅野智之の自宅が等々力

菅野智之さんの自宅に関しては、プロ入り1年目のオフに都内の高級マンションの一室を購入しており、現在はそちらに住んでいるようですね。

マンションでありながら2階まで設置されている菅野さんの自宅のお値段については明かされておりませんが、2015年4月に「情熱大陸」の取材を受けた時点での菅野さんは、まだローンを返済中の身の上でした。

菅野智之自宅は東京都世田谷区の等々力といわれています。

1軒家も購入

東京の高級住宅地に1軒家を購入し、インテリアは白い色を多く使っており、お気に入りのソファでDVDや格闘マンガを読書することが日課となっていました。

当時は返済が大変と語っていましたが、流石に今は返済できるはずです。

2019年3月27日放送の有吉×巨人 1回目の放送は菅野について。

ガチな話、リアルな話ですけど返済が大変なんです。

菅野選手の自主トレを紹介。後輩5選手を連れていき、トレーニングメニューを菅野自ら考え、後輩たちにアドバイスも行うが、渡航費や滞在費含め自主トレの費用については全て自腹で負担しているという。菅野選手の若き日を知る人々のコメントや、自宅で飼っているペット事情、菅野選手から有吉へのメッセージVTRなど。

私服はペラフィネ好き!かわいい

菅野の服はカシミアの神様と呼ばれる「ペラフィネ」が多く、その中でもミニオンズのコラボニットをよく着用しています。数万円~50万円近くするものまで愛用中。かわいいですね。

腕時計は?

そんな菅野智之選手が愛用する時計はウブロ・ビッグバンのオールブラック。
44mmケースが存在感を主張しながらも、ケース・文字盤ともにカーボンファイバー製の落ち着いたルックスです。

菅野智之の愛車は?

フェラーリとの噂もありますが

、ポルシェ・カイエンターボです。お値段は通常のカイエンより少々高く、1700万円以上となります。その分、通常のカイエンよりも高出力で走りに特化したクルマと言えるでしょう。

今や球界を代表する投手となった菅野選手ですが、怪我などで成績がふるわない時に、「スポーツカーなんかに乗ってるからだ!10年早い」と叱責された。という逸話があります。

球界を代表する選手達の愛車について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?やはり我々一般人では手の届かないような超がつくほどの高級車に乗っています。

まとめ:【菅野智之の自宅】等々力が家住所?私服は?!愛車

今回の記事は【菅野智之の自宅】等々力が家住所?私服は?!愛車についてお伝えしました。

本当の庶民は「庶民派」と言っても「ふーん」で終わるので庶民派とは言いません。

インタビュワーと三角関係・・

宮澤「好きな食べ物は?」
菅野「うどん。庶民派なんですよ」
宮澤「笑」
菅野「何で笑ったんですか!?庶民派じゃないですか完全に。焼き肉が好きな人でも3食焼肉は無理ですけど、うどんは3食でもいけそうな気がしません?
宮澤「じゃあ夏は冷たいざるうどん?」
菅野「ざるはちょっと違うんですよね。あったかいうどんじゃないと・・」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次