【広島】鈴木誠也の背番号や高校時代の活躍!イチローとの関係

こんにちは、ヨシラバーです。

鈴木といえばイチローですが、カープファンのなかではすでに誠也になっているのでしょうか。

背番号もポジションも同じであり、いろいろと比較されることもあるそうですがそれがプラスに働いて大活躍をしています。

鈴木 誠也のプロフィールは?

出身地 東京都荒川区
生年月日 1994年8月18日(24歳)
身長  181 cm
体重 96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2012年 ドラフト2位
初出場 2013年9月14日

2018年の鈴木誠也の活躍は?

4月に下半身の張りで登録抹消。5月23日時点で打率.234と低迷したがそこから調子を上げ、8月には月間打率.41412本塁打です。

9月には自身初めて30本塁打の大台に到達し、4番打者として3割30本塁打をクリアしチームの3連覇に大きく貢献した。

2年続けてです16個と2ケタをクリアしていた盗塁数は前年の故障もあり4個にとどまりました。

二松學舍大学附属高校の鈴木誠也は?甲子園には出場はできないもののホームラン数がすごい

投手として、1年時の秋からエースの座を確保します。

2年時には、4月下旬に右太ももの肉離れを発症しますが、夏の選手権東東京大会では、本調子から程遠い状態でありながら、チームの準決勝進出に貢献。関東一高との準決勝では、5回に満塁本塁打を浴びるなど不調で、チームも0-7で8回コールド負けを喫しました。

3年夏の東東京大会では、準決勝で成立学園高校と対戦したが、破れてしまいます。

ただ、高校通算40本以上は輝かしい成績であり、プロからも注目を浴びます。

鈴木誠也の背番号はイチローを尊敬したため!侍ジャパンでも51番ライト

小さい頃からの憧れ」であり、また同姓、プロ入り後に投手から野手に転向した共通点を持つイチローと同じ「51」に決定しています。

日本代表でも51番を背負っています。それもイチローと同じポジションであるライトです。

ファンからは「なんでお前が51番をつけてるんだ! 意味が分かってるのか!」とやじられてりもしたそうです。

51番を背負うことに鈴木誠也は

「日本の51番はイチローさん。誰がどう考えてもそう。その番号をつけられることは野球人として光栄だし、汚してはいけない」

広島で自身が「赤イチロー」と呼ばれれば「イチローさんに失礼です」と本気で言っているようです。浸透はしていないですね。

まとめ

鈴木で51番というとイチローを思い出しますよね。鈴木誠也も名前が浸透してきましたので51番誠也で登録するのも面白いかもしれませんね。