MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【長谷川勇也の嫁】結婚!家や自宅!引退後はコーチ?NORIKIYO

【長谷川勇也の嫁】結婚!NORIKIYO?家や自宅!引退後はコーチ?

ソフトバンク・長谷川勇也の結婚についてお知らせします。

嫁・奥さんは子供や家族などの情報をお伝えします。

項目内容
名前長谷川勇也
ポジション外野手
投打右投左打
生年月日1984年12月22日(38歳)
身長・体重180cm / 86kg
出身地山形県
球歴酒田南高-専修大-福岡ソフトバンクホークス(05年・5位)
目次

【長谷川勇也の嫁】結婚!家や自宅!引退後はコーチ?NORIKIYO

山形県出身で酒田南高校を卒業し、専修大学を経て2006年のドラフト5位でホークスに入団した右投げ左打ち外野手です。

現在!引退後はコーチ

ホークス一筋15年、6度のリーグ優勝、7度の日本一に貢献しました。

2013年には打率3割4分1厘、198安打で首位打者と最多安打のタイトルを獲得した。叩き上げの技術屋で、現在の一軍主力選手や若手からの信頼も厚い。

実直な人柄と王監督時代から叩き込まれた「常勝イズム」を継承する貴重な人材である点を、球団は高く評価している。

新体制下で一軍打撃コーチでの入閣を検討されていることがわかりました。

嫁・奥さんは?結婚!

結婚したのは2011年の12月です。

嫁さんと長谷川勇也さんは、当時26歳だったので、同い年ですね!

長谷川勇也の嫁は、チームメイトから女優の観月ありさに似ていると言われています

観月ありさ似の嫁が家で待ってくれているなら、仕事が終わったら一切寄り道せずに帰宅すのではないでしょうか。同級生の一般女性と結婚をしています。

結婚については
「結婚を発表する前から一緒に生活していたので、結婚で何かが変わったというのはないですね。家で野球の話はあまりしないようにしてくれてるみたいです。僕にとってはありがたいですね、オンとオフの切り替えをちゃんとしたいタイプなので」
とのこと。

嫁とは結婚する前から同棲していたそうで、料理も得意だそうです。

嫁のサポートのおかげもあり、結婚後の長谷川勇也選手の成績も急激に良くなり、2013年のシーズンでは、200本安打まであと2本と迫った198本の安打を放つなど、『安打製造機』と言われるほどの活躍をしました。

その活躍が評価され、その年、年俸が1億2000万円アップと急上昇しました。

子供は?家族!娘

長谷川勇也の子供は2012年9月に第一子となる女の子が生まれています。

「より子供が好きになった」と語っており、試合前に子供と一緒に守備位置に就く「オン・ユア・マークス」では出場選手で一人、両膝をついて子供と同じ目線で話をします。

2013年1月末に知人と大分の別府に温泉旅行に行ったそうです。

その際、子供が風呂に行って子供が大泣きした時も、泣き止むように一生懸命抱っこ
していたそうです。

NORIKIYOとは?

福岡ソフトバンクホークスの選手である長谷川勇也選手は、2021年シーズンに登場曲として「Go So Far」を使用していました。この曲は、日本のラッパーであるNORIKIYOの楽曲です

「NORIKIYO」日本のラッパー、トラックメイカー、音楽プロデューサーです。

NORIKIYO
出生名上野貴庸師
生誕1981年12月12日(41歳)
出身地神奈川県相模原市
ジャンルヒップホップ・ミュージック
職業ラッパー・音楽プロデューサー
担当楽器ボーカル・ラップ
活動期間2006年 –
レーベル諭吉レコーズ
共同作業者BACHLOGIC

 また、釜元豪選手との結婚式の写真も投稿されています。

なお、長谷川選手は過去にも複数の曲を登場曲として使用しており、その中には「Do It」や「Black Gold」、「セプテンバー」などがあります

まとめ:【長谷川勇也の嫁】結婚!NORIKIYO?家や自宅!引退後はコーチ?

いかがでしょうか。

【長谷川勇也の嫁】結婚!家や自宅!引退後はコーチ?NORIKIYOについておつたえしまひた。

ソフトバンクは外野手争いが大変ですね。長谷川は家族のために生き残ることができることが

できるでしょうか。瀬戸際ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次