横浜ベイスターズの次期監督交代2022!三浦大輔監督(番長)はクビ・解任?采配・フロントは無能か!辞めろ!采配

横浜DeNAベイスターズ
この記事は約4分で読めます。

三浦大輔監督(番長)はクビ・解任?無能か!辞めろ!!ベイスターズ フロント?采配

ファンからは同情の声が

ファンからの圧倒的人気を誇るハマの番長三浦大輔です。

2016年に現役を引退した三浦さんはチームに初の準永久欠番を残し特別アドバイザーといった肩書きでチームに残り指導者としての勉強をしていると球団の公式動画で紹介されています。

過去の大洋生え抜きの監督のケースでは山下監督や田代監督は一度二軍監督等を経験してから監督になったことがあり、よほどの事情がない限りある程度の経験を積んでから監督になるでしょう。

現在は投手コーチでした。

リーグ5位に沈んだチーム防御率4・20が、CS進出を逃す一因ともなった。

中でも先発陣は安定感を欠く内容が続き、同5位の防御率4・32

ローテーションの柱と期待されていた今永、石田、浜口、ウィーランドが故障や不振などで精彩を欠いたことが大きく響いた。浮上には、先発投手の強化が急務であります。

三浦には期待されているでしょう。

横浜ベイスターズ 次期監督交代2022!三浦大輔監督(番長)はクビ・解任?采配・フロントは無能か!辞めろ!娘の三浦 凪が被害!采配

出身地 奈良県橿原市
生年月日 1973年12月25日(44歳)
身長 183 cm
体重 88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト6位
初出場 1992年10月7日
最終出場 2016年9月29日

横浜一筋の25年間、先発としてチームを支え続け172勝をマーしています。

97年に10勝3敗、勝率7割6分9厘でリーグ最高勝率。

05年最優秀防御率、最多奪三振。

15年にプロ野球記録の23年連続勝利。

16年には投手最長の24年連続安打を放った。

通算535試合、172勝184敗0セーブ、防御率3・60。

三浦大輔監督(番長)はクビ・解任?采配は無能か!辞めろ!采配

三浦大輔監督がクビといわれています

采配も無能、辞めろともいわれています。

本当にそうでしょうか。

 普通の球団なら、新しい監督が就任すれば、腹心のコーチを数人据える

。三浦監督は生え抜きで、一昨年は投手コーチ、昨年2軍監督を務めていましhた。

 チーム事情をよく知る今の首脳陣を望んだのかもしれませんが、Bクラス転落の責任を取って監督が交代したのに、コーチがほとんど変わらない球団は珍しいです。

ベイスターズ フロントが無能?

コーチを生え抜き中心で固める球団体質は、DeNAが経営する以前から変わっていません。

 権藤博監督は就任1年目の1998年に38年ぶりの優勝に導き、3年間Aクラスを保ったが、2000年限りで退任となりました。

 翌年には、西武の指揮官を9年務めリーグ優勝8回を達成した森祇晶監督が就任した。

この時、森監督はともに西武の黄金時代を築いた黒江透修ヘッドコーチを連れてきたが、その他のコーチはほとんど前年と変わらなかった。

「本当にチームを強くしたいなら、ドラスティックな改革が必要です。落合監督時代の中日がまさにそうでした。1年目から森繁和、石嶺和彦という中日と縁のない人物の指導力に目を付け、入閣させました。

 この年に優勝したことで、落合監督の発言力は増していき、生え抜きのコーチがさらに減っていきます。球団OBの中には不満を抱える人もいたようですが、チームは強くなっていった。

 一方、横浜は毎年Bクラスを続けているのに、生え抜きコーチが大半を占めていた。生え抜きが悪いわけではありませんが、弱い時代ばかり経験してきた選手がコーチになっても、チームの体質は変わらない。長年の低迷の原因は、そこにもあったと思います。

「中畑監督の1、2年目は実績のあるコーチもいたが、球団の懐事情が関係したのか、3年目以降は現役引退直後のコーチも目立ちました。若い指導者を据えることは悪くないが、全体的なバランスを考えるべきでした」

三浦大輔監督は無能か有能?可哀想

やめろとか声がすでにあがっています。

まとめ

ラミレスや中畑清と巨人のOBばかりなので、次期も巨人の監督になる可能性はあるのではないでしょうか。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました