【西武】森 友哉の高校時代の成績は?身長はサバで低い!

こんにちは、yoshiloverです。

西武森選手って身長が低いのになぜあれほどホームランが打てるのでしょう。

また、甲子園での活躍は?

将来が期待できる大型捕手です。

森 友哉のプロフィールは

国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1995年8月8日
身長 170 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年7月30日

大阪桐蔭高校時代

 1年生の秋から正捕手を務め、2年生の時には藤浪晋太郎とバッテリーを組み史上7校目の春夏連覇を達成しています。チームは秋に行われた岐阜国体でも優勝し、松坂大輔を擁した横浜高校以来となる史上3校目の「三冠」を達成しています。

 3年生時の春の選抜大会では2回戦(初戦)で3番・捕手で先発出場し、5打数4安打3打点だった。チームは3回戦で敗退。夏の甲子園では全3試合に3番・捕手として先発出場しています。甲子園通算記録は14試合出場で55打数26安打5本塁打、打率.473で、本塁打数は歴代4位タイ。高校通算では41本塁打を放っています。

身長はサバ

日本人男性の平均身長はおよそ171cmですが、やはり野球選手はそれを大きく上回る高身長の方が多いようです。ただ、ホームランバッターである西武森の身長は小さいですよね。

公表は170cmでありながら実質は168cmだそうです。

なぜ身長が低いのにホームランが打てるのでしょうか。

なぜ身長が低いのにホームランが打てるのか

 フルスイングしても身体の軸がブレない下半身の強さと、卓越したミート力でしょうね。
それに加え、精神力の強さがあります。空振りを怖がらず、狙っていない球には目もくれない。分かっていてもなかなか出来ることではないです。

体能力プラス精神力が非常に高いレベルで融合しているのが飛距離を生んでいると思います。

ホームランには、バットコントロールであり芯で捉える技術とバットスピードに加えて下半身と体幹の強さが必要なんですね。子供たちに夢を与えます。

身長が低いが強打者は?

強打者ばかりですね。身長は野球にそれほど関係ないのかな。

1位 門田博光(ダイエー) 
567本/170㎝81㎏ 

2位 青田昇(阪急) 
265本/170㎝69㎏ 

3位 若松勉(ヤクルト) 
220本/168㎝75㎏ 

身長に対しファンの声は?

低身長でよかった。背が低い球児たちの夢がなくなる。
アルトゥーベも小さかったし。いけるやろ。

高身長だともっとええなあ
身長には恵まれなかったのは残念やけど、
それでも、広角に高いアーチ放てるのが森の魅力よ

森の魅力は何と言ってもあの下半身の安定性やな

まとめ

野球は身長は重要だと思います。

でも、身長が低い人でも自分の持ち味を生かして身長の分をカバーしている。
身長が高い人は自分の持ち味を生かしつつ、身長も生かす。みたいな感じなのでしょうね。