森友哉のFA移籍はいつ?阪神・ソフトバンク・メジャーが有力?

この記事は約3分で読めます。

森友哉のFA移籍はいつ?阪神・ソフトバンク・メジャーが有力?

2019年より本格的に正捕手としてスタメンマスクを被る事に

この年にブレイクを果たすと135試合、打率329、23本塁打、105打点

という成績を残し、首位打者のタイトルと最優秀選手、ベストナインに輝きました。

西武・森友哉のFA移籍はいつ?阪神・ソフトバンク・メジャーが有力?

生年月日 1995年8月8日

出身 大阪府堺市南区

出身校 大阪桐蔭高等学校

170㎝/85kg

右投/左打

ドラフト1位

ルーキーイヤーは高卒1年目ながら41試合に出場し、6本塁打を放っています。

そして2年目からは既に138試合、打率287、17本塁打、68打点と打撃が好調。

しかし捕手としてではなく外野やDHでの出場がほとんどでした。

2016年では捕手として26試合に出場するも以前としてDHや外野起用が多く、いっときはコンバートも噂されていましたが

2018年からマスクを被る機会が増え、この年のオフにベテラン捕手だった炭谷銀次郎選手がFAで巨人に移籍した事から

2019年より本格的に正捕手としてスタメンマスクを被る事に

この年にブレイクを果たすと135試合、打率329、23本塁打、105打点

という成績を残し、首位打者のタイトルと最優秀選手、ベストナインに輝きました。

森友哉はメジャー志向?いつ?

森選手自身、メジャー志向を語っている訳ではありませんが、メジャースカウトは森選手に高い評価を下しています。

まだ国際大会での実績がなく、アピールが足りないですがいずれ知れ渡っていくように思います。

森選手のメジャー挑戦には、批判的な意見も聞こえてきますが、そのほとんどが捕手である事を理由に挙げています。

しかし、ポジションはそこまで問題にはならないと思います。

森選手は外野もした経験ありますし、打撃が非常に秀でているのでDHでの起用も考えられます。

あのフルスイングはメジャー向きだと思いますし、本人がその気ならいくつかオファーが来ても不思議ではありません。

森友哉はFAで阪神か巨人

やはり今後の展開は期待が膨らみ、注目だ。

フリーエージェント権の獲得だ。

日本プロ野球には2種類のFA権。

国内、NPB内のどこ球団とも交渉が可能となる国内FA権、

国内FA権とNPBのみならず、外国のプロ組織の球団とも交渉が可能となる海外FA権。

国内FA権は2007年以降に入団した高校生は8年、大学・社会人は7年。

海外FA権は全選手9年。

FA権は一軍での出場条件を満たす145日を一年とし、規定されている年数を越えれば取得なる。

145日に満たない場合は合算して145日となる規定。

今シーズン2019年、覚醒のシーズンとなった森選手は現在プロ6年目。

森選手は規定である145日以上のシーズンが2019年を含めて4回、そして合算となるシーズン2014,2017シーズンで1回である。

森友哉選手のFA権の取得は、怪我などなく順当に行けば、

最短で2022年シーズン中にFA権取得となることが予想。

FAで阪神説

子どものころから阪神ファンで有名でした。最近はファンだから移籍というのは減った気がします。どうなのでしょうか。

FAで巨人

選手としての理想は阿部慎之助とはなしています。タイプがにていますよね。阿部慎之助が監督になるころには脂ものっており、よりよい選手になるため巨人を目指す可能性はありますよね。

まとめ

それでも球界を代表する保守です。FAが楽しいです。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました