長嶋一茂 の現在・今なにしてる?人柄や苦労!性格が天然?偉そう!

こんにちは、ヨシラバーです。長嶋茂雄の息子長嶋一茂。もうもともとはプロ野球選手だったと思っている人は少ないですよね。

ワイドナショーでなんで偉そう・天然とか性格面を指摘されたりする存在になってしまいました。本当に偉そうなのでしょうか。

長嶋一茂 の現在・今なにしてる?人柄や苦労!性格が天然?偉そう!

プロ野球界でもいじられ、さんまのからくりTVでお天然でボケを連発していた人がいきなりまともなこと言いはじめたら、「え?」って思うのは自然なのかもしれません。

今コメンテーターをしている長嶋一茂さんが本来の一茂さんで、今までのバラエティ番組に出ていた一茂さんはうまい感じに脚色されて届けられていた可能性もあるのですがね。

長嶋一茂の現在・今は?芸能界のポジション・天然・面白い

天然というか完全に面白い人というポジションで芸能界をやっていくのかと思ってましたが、今では文化人の分野で活躍しており、政治・経済、事件など野球以外にも様々な発言をしています。ただ、そうもその態度が偉そうに見えるという視聴者が多いようです。

長嶋一茂をスポンサーが外せない理由

芸能界の実力者のプッシュと長嶋茂雄の息子というのが、持っている才能なんでしょうね。

テレビでどれだけすきなことをいっても。

「普通のコメンテーターならばクビだろう。ただし、一茂は芸能界の実力者の猛プッシュで、リニューアル前から同枠の情報番組のコメンテーターをつとめている。おまけに、父の長嶋茂雄氏に“万が一”のことがあった場合、スクープを取れるメリットもあってテレ朝は切るに切れない」(芸能プロ関係者)

出典元:https://npn.co.jp/article/detail/36696551/

長嶋一茂の現在・今は?パニック障害・自律神経失調症・うつ

野球界のミスター・長嶋茂雄さんを父に持ち、「ミスター二世」と呼ばれて育ってきた一茂

ですから、プレッシャーは相当なもので、選手時代には精神状態がおかしくなったそうです。

「過度なストレス」「夜型」、父やファンの期待に答えたいという「一生懸命な姿勢」と「責任感の強い性格」など、自律神経失調症を患いやすい傾向性を多く持たれていた感があります

それは、現役を引退してからも続き、長嶋一茂は下記のように語っています。

「症状で言うと過換気症候群。本当に呼吸ができなくなっちゃうような感覚にとらわれる。これで死ぬことはないんだけど、そんな知識は当時はないから、俺はこれで死ぬんだと(思った)

2008年にはうつ状態に陥り、死を望む自分自身の声が聞こえるようにまで悪化したといいます。

「精神安定剤は常に持っていたし、今も持ってる」

これに驚きの声が

  • 原因は分からないけど、キャラとは違う一面を見た気がする。なってみないと理解できないつらさがあるだろうね。
  • 長年、一茂の表情の暗さが不思議だったけど、最近は明るくなって以前よりも面白い。パニックを抱えてたんだね。
  • 辛かったお気持ちよく解ります。私も車や電車に乗っている時に発作が起きる事があっていつも不安と隣り合わせです。
  • 本気の天然さに癒され、中居くんとのやり取りにも更に癒されました(笑)
  • 一度発症すると常に何年も再発の恐怖と闘いです。ほんとに辛いです。いつ症状出るか分からないので。
  • 薬を持ってるだけでも安心するんだよな。前触れもなく突然ある日からパニックが起きる。それからパニックが起きる不安と戦う毎日になるんだよね。
  • 親父さんが偉大すぎるからな~常人には理解し得ないプレッシャーの中で生きてきたんだろうね。

まとめ

この話を聞いてから長嶋一茂を見る目が変わりました。戦後最大のスーパースターである茂雄の息子ですもの、TVに出続けられるのもいろいろと嫌味をいわれているのでしょう。

本当は性格が優しく天然系のキャラだったのかもしれませんが、いろいろな経験をして自由に生きようと考えがかわってきたのかもしれません。

人は周りの影響で性格が変わってしまうのも分かる気がしますね。

よろしければフォローをお願いします