長嶋一茂の通算成績!現役時代や大学時代の才能?なぜドラフトの評価?実力すごい?ヤクルト・巨人時代!若い頃?

巨人
この記事は約5分で読めます。

長嶋一茂の通算成績!現役時代や大学時代の才能?なぜドラフトの評価?実力すごい?ヤクルト・巨人時代!若い頃?

長嶋一茂の父親はレジェンドの茂雄です。同じ競技はやらせるとプレッシャーで潰れるのですね。大変だと思います。

  • 大学時代の成績は?
  • 実力・才能はあったの?
  • 評価は?なぜ巨人ドラフト1位で指名しなかった?
  • 長島茂雄の現役時代の成績!ヤクルト・巨人時代!

長嶋一茂の成績は!野球の才能や評価?実力すごい?ヤクルト時代!なぜドラフト指名は?若い頃

基本情報
国籍日本の旗 日本
出身地東京都大田区田園調布
生年月日1966年1月26日(55歳)
身長
体重
181 cm
90 kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション三塁手
プロ入り1987年 ドラフト1位
初出場1988年4月9日
最終出場1996年5月28日

大学時代の成績は?

長嶋一茂さんは、立教高校から立教大学に進学♪

なぜ「立教」なのかと言えば、父である長嶋茂雄さんが立教大学の出身であるからでしょう。野球部に所属、ポジョンはサードでした。

長嶋茂雄さんでも2年生までレギュラーになれなかったところ、長嶋一茂さんは1年生からレギュラー入り。

東京六大学野球リーグにおいて当時の立教大学は低迷が続き、1966年春季リーグ以降は優勝から遠ざかっていた。

4年生時の1987年春季リーグでは、四番打者、主将として打率.340を記録し、満票でベストナイン(三塁手)に選出されます。

同年秋季リーグでは4本塁打、16打点(秋季リーグ打点王)を叩き出し、二期連続ベストナインに選出されました。打率.340をマークして、満票でベストナインに選出されました。また、同年秋季リーグでは本塁打4本、打点16という好成績で、打点王と2期連続です。

同季は法政大学と最後まで優勝を争うが惜しくも2位に終わりあす。

同年の第16回日米大学野球選手権大会の日本代表にも選ばれている。

4年生でキャプテンと4番を務め日本代表入りも果たしますが、そこでも4番という活躍ぶりでした。高校・大学の一年後輩に矢作公一がおり、日米大学野球にも揃って出場している。また、1987年アジア野球選手権大会にも代表にも選出される。

長嶋一茂さんは『大物2世』や『ミスター2世』など、長嶋茂雄の息子として言われますが、本人も凄かったんですよね!

東京六大学リーグに所属する立教大学での成績は、

101試合出場

382打数 86安打

打率:.225

本塁打数:11本

打点:54

実力・才能はあったの?

少なくともドラフト1位候補として話題になるような成績ではありませんでしたが、長嶋茂雄の息子である一茂に白羽の矢があたったそうです。ネームバリューがありますからね。

古田は下記のように語っています。

「力は本当に強い。握力80kgぐらいある」「今でもそうですけど、首も太い。僕らよりも全然すごい体をしていて。才能はすごいんですよ。肩も強いし、足も速い。だからドラフト1位になるのは間違いない」と絶賛しつつ、 「ただ、ボールにあまり当たらないんですよ」「当てる気がないんじゃないかな」と首をかしげて笑いを誘った。

評価は?なぜ巨人ドラフト1位で指名しなかった?

実は、ドラフト前日まで巨人も1位指名を検討したようです。ドラフト前日まで巨人も1位指名を検討したものの結局回避しました。

巨人が最後の最後になって長嶋一茂選手を単独指名しようとして、第一次長嶋茂雄監督時代のマネージャー氏が、長嶋家に電話し、「他の球団(ヤクルトと大洋)にお断りしていただけないでしょうか」と長嶋茂雄氏お願いし、断られた、という話があるそうです。

当時ヤクルトの監督だった関根潤三は著書の中で「一茂のドラフト指名は僕の意向が強く働いた。六大学リーグでプレーする一茂を見に行って粗削りだけどものはいい。こりゃ素晴らしいプレーヤーになると思った」と記している

結局、結局巨人は橋本清(PL学園)を単独一位指名します。

広島カープを進めてた

長嶋茂雄は、育成の確かな広島東洋カープを勧めていたが、一茂はこう話しています。

「オヤジは広島をすすめていたんですよ。育成がしっかりしてるからって。(入団するなら)広島がいいって」「映画で見るようなヤクザの場所みたいで怖そう」という理由で断ったそうです。

もし広島カープに入っていたら、順調に育っていたのか?育成が上手い広島ですからね。

長島茂雄の現役時代の成績!ヤクルト・巨人時代!

通算成績.210 161安打 18本塁打 82打点出塁率.276長打率.342 OPS.618

・1988年  率.203  本4  点22

・1989年  率.250  本4  点15

・1990年  率.167  本1  点6

・1991年  率.221  本4  点18

・1992年  率.000  本0  点0

・1993年  率.216  本1  点12

・1994年  率.172  本1  点1

・1995年  率.000  本0  点0 (一軍出場なし)

・1996年  率.143  本3  点8

まとめ

広島に入団しなかったのはなんども長嶋一茂らしいエピソードですが、一般人では味わうことのない戦後一番のスーパースターの長嶋茂雄の子供!

プレッシャーは図りきれぬものがあると思います。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました