【最強】斎藤雅樹の全盛期の凄さ!名球会200勝!成績?平成の大エース!球種スライダー【絶望】

ゲームができるようになりました。
斎藤雅樹
この記事は約4分で読めます。

斎藤 雅樹(さいとう まさき、1965年2月18日 – )は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者。現在は野球解説者。

斎藤雅樹ははサイドスローの投球フォームで1989年から1990年代中盤まで巨人投手陣を支え、2年連続20勝、11連続完投勝利を記録し、沢村賞を3回受賞した「平成の大エース」と言われています。最強で凄すぎてた他球団から絶望の完璧なエースでした。

通算成績は、180勝96敗防御率2.77です。平成初の沢村栄治賞を受賞し、史上4人目の沢村栄治賞3回受賞も達成した。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では【最強】斎藤雅樹の全盛期の凄さ!名球会200勝!成績?平成の大エース!球種スライダー【絶望】についてお伝えします。

出身地 埼玉県川口市
生年月日 1965年2月18日(57歳)
身長 181 cm
体重 90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト1位
初出場 1984年4月6日
最終出場 2001年9月30日(引退試合)

関連記事:斎藤雅樹の現在?結婚!奥さん!子供?自宅住所・場所は青葉区?『エルザタワー55』?実家は足立

関連記事:斎藤雅樹は優しい性格? 藤田監督でノミの心臓で投げ方も変える?次期監督?

【最強】斎藤雅樹の全盛期の凄さ!名球会!成績?平成の大エース!【絶望】

斎藤 雅樹の成績は?名球会200勝に達せず

サイドスローの投球フォームで1989年から1990年代中盤まで巨人投手陣を支え、2年連続20勝、11連続完投勝利を記録し、沢村賞を3回受賞した「平成の大エース」と言われています。

通算成績は、18096敗防御率2.77です。

年度勝利防御率
1984403.07
19851282.96
1986732.40
19870018.00
1988631.89
19892071.62
19902052.17
199111113.38
19921762.59
19939113.19
19941482.53
199518102.70
19961642.36
1997684.11
19981073.08
1999524.66
2000312.10
2001224.32
通算:18年180962.77

タイトルを見れば平成の大エースといわれるのがわかります。

タイトル

  • 最多勝利:5回 (1989年、1990年、1992年、1995年、1996年)
  • 最優秀防御率:3回 (1989年、1990年、1996年)
  • 最多奪三振:1回 (1995年)
  • 最高勝率:3回 (1990年、1992年、1996年) ※当時連盟表彰なし

また、93年から97年まで5年連続開幕投手も務め、3年連続開幕戦完封勝利をあげています。

斎藤 雅樹は元藤田監督に育てられる

89年に藤田元司が2度目の監督就任をしてから、中継ぎ投手として38試合に登板しました。

6勝3敗、防御率1.89とそれなりの数字を残したが、メンタルの弱さを度々指摘され、伸び悩んでいる若手投手の1人という印象でした。

藤田監督は斎藤が入団した1983年当時も監督を務めており、斎藤をオーバースローからサイドスローに転向させた経緯がありました。

【最強】斎藤雅樹の球種スライダーが11試合連続完投勝利が全盛期【絶望】

斎藤雅樹の球種スライダーが11試合連続完投勝利が全盛期?

斎藤を語る上で欠かせないのが1989年に達成した11試合連続完投勝利です。それは「斎藤のスライダーは日本一のスライダー」といわれるからです。

サイドスローからの140km/h超の威力あるストレート、鋭いカーブ(スライダーという評論家もいるが本人はカーブと言っている)とシンカーを武器に、3試合連続完封勝利を含む11試合連続完投勝利の日本記録を達成しています。

5月10日の大洋戦から、斎藤は一気にブレイクし、7月8日の大洋戦では、鈴木啓示(元近鉄)が1978年に達成したプロ野球記録の10試合連続完投勝利に並ぶ。

そして7月15日のヤクルト戦で完封。新記録となる11試合連続完投勝利を成し遂げました。11試合連続完投のうち、完封が4度、1-2失点が6度という圧倒的な内容でした。

名球会入りできず

それが7年目の89年、斎藤雅樹は突如覚醒します。

30試合に先発すると、いきなり20勝を挙げ、プロ野球新記録となる破竹の11連続完投勝利をします。

巨人8年ぶりの日本一に貢献し、自身初の沢村賞にも輝いた。

翌90年には、背番号11に変更した翌90年にも2年連続の20勝でMVPを受賞します。

ただ、通算180勝です。晩年は故障もあって、名球会の入会基準である200勝には届きませんでした。

それでも、最多勝5回、最優秀防御率3回、最多奪三振1回、沢村賞3回というタイトル数は、斎藤氏がどれだけ圧倒的な投手であったかを証明している。最多勝5回はヴィクトル・スタルヒン氏(60年殿堂入り)に次ぐ歴代2位です。

まとめ

巨人は、四番かエースでしか監督になれないと言われていますが、斎藤も監督候補に選ばれてもおかしくはないのです。

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました