【巨人】背番号 6の歴史!坂本の前は?小久保・落合・篠塚の名選手

こんにちは、管理人のよしです。

坂本勇人の背番号といえば6ですが、この番号は1965年から50年以上にわたり、一貫して内野手が身に着けてきています。

巨人背番号6は土井正三、篠塚利夫と名二塁手の代名詞に

その歴史はV9時代の二塁手・土井正三からスタートし、14年間ずっと「6」でありながら、5度のリーグ最多犠打を記録しました。また、二塁手としてベストナイン2度、引退年の1978年にはダイヤモンドグラブ賞を獲得します。
篠塚利夫は、1979年から94年の引退まで17年間背負い続けました。流し打ちが持ち味のヒットメーカー、また華麗なフィールディングで魅せる二塁手として名を馳せ、80年代の球界を代表するプレーヤーのひとりです。

巨人背番号6は外様の大物が多く身に着ける

落合博満(1995~1996年)、石井浩郎(1997~1999年)、小久保裕紀(2004~2006年)と、他球団から獲得したスラッガーが名を連ねます。スラッガータイプ以外にも川相昌弘(2000~2003年)、小坂誠(2007~2008年)といぶし銀タイプの内野手が「6」を背負ってきた。

それでは、これまでの背番号6の選手を振り返ってみましょう。

過去の巨人背番号6の名選手たち

土井正三

入団と同時に始まった巨人V9時代に不動の二塁手として活躍します。打撃でも長嶋茂雄・王貞治のつなぎ役の2番打者として活躍しました。

篠塚和典

現役時代は広角に打ち分けるバッティングで安打を量産し、内角も外角も特に苦手としなかったため「篠塚を抑えるには真ん中に投げるしかない」という言葉まで生まれている。

落合博満

三度の三冠王を達成したプロ野球史上に残る大打者であり、中日ドラゴンズの黄金時代を築いた名将であ

石井浩郎

右の強打者として鳴らし、特に近鉄入団後の5年間は主砲として申し分のない成績を残した。その後は故障の多発に加え、守備走塁難ゆえに守備位置が限られていたこともあって低迷が続き、6年間で巨人・ロッテ・横浜の3球団を渡り歩いたが、往時の輝きを取り戻すことはできないままグラウンドを去ることになった。

川相昌弘

1989年、本格的にスタメン定着し、自身初となる二桁犠打(32回)を達成。このころから、犠打の快感に目覚める。シーズン終了後、守備の良さが評価されゴールデングラブ賞を初受賞。1998年、通算452犠打を達成し、プロ野球記録を更新しました。

小久保裕紀

1995年は二塁手のレギュラーを確保し、本塁打王(28本)を獲得し、イチロー(25本)の六冠王を阻止した。このとき二塁でのゴールデングラブ賞も受賞している。

巨人でも40本塁打をマークするなど主軸として活躍。2006年には巨人では数年振りとなる主将を務めたが、シーズン終了後にFA宣言をし、古巣である福岡ソフトバンクホークスに復帰した。

小坂誠

驚異的な守備能力で多くのファンを魅了し、ゴールデングラブ賞を過去4回受賞した守備の名手。
ポジションはショート・セカンド・シャードショフトションター。

坂本勇人

今や巨人の顔であり、巨人においては松井秀喜以来の高卒生え抜きスター選手であり、球界を代表する打者へさらなる飛躍が期待される。

今までのジャイアンツの背番号シリーズ

上原と菅野の背番号19

こんにちは、管理人のよしです。 本日のスポーツ新聞で、日本球界復帰を示唆していたMLB上原浩治投手が2日、古巣でもある巨人への復帰が濃厚と...

原辰徳と仁志敏久の背番号8

こんにちは、yoshiloverです。 2013年から4年間つけた片岡治大が引退し、「8」が空き番となりました。今や巨人で憧れの番号は「8」だと考えられます。現段階では、「8」をつけるような選手が見当たらない由々しき事態となっています。 追記: 原辰徳が監督として戻ると噂されています。そんななかで期待されるのは背番号で...

長野久義と二岡智弘の背番号7

今年は背番号7を背負っている男長野久義に期待をしたいと感じています。巨人の背番号7は不運・呪いといわれることもありますが、そんなレッテルに打...