【中日】小笠原道大が2軍監督続投2019!根尾昂との師弟関係へ

こんにちは、ヨシラバーです。

中日の小笠原の2軍監督の続投が決まりましたね。一軍監督候補だったり、バッティングコーチだったりと噂がされましたが、続投です。

やはり、根尾 昂を本物にするのが小笠原の仕事ですよね。

小笠原 道大のプロフィールは?

出身地 千葉県千葉市美浜区
生年月日 1973年10月25日(44歳)
身長
体重 178 cm
84 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手、三塁手、捕手
経歴 日ハム→巨人→中日

現役時代は日本ハムファイターズ・北海道日本ハムファイターズ、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズに所属。2016年シーズンより中日ドラゴンズ二軍監督を務めています。

巨人ファンでは「小笠原が来てから2003年から06年まで続いていた低迷期から脱することができた」「小笠原は救世主だ」という声が多く、事実それは選手も認めるところであります。

中日小笠原道大2019も二軍監督続投へ

中日小笠原道大2軍監督が来季も続投するそうです。

球団首脳が「やると聞いている。異動もない」と明言しています。

与田新体制での1軍コーチ昇格案が浮上していたが、4年目も2軍を担当します。

2000年代後半の巨人は今のジャイアンツと同様で危機的状態でした。小笠原がいたおかげで2当時の巨人は3連覇が出来たと言われています。小笠原と...

小笠原道大は一軍監督候補でもあった

 一時は中日ドラゴンズの監督として、決定との報道までされたのですが、チーム状態が悪く、立て直しには指導者経験1年では時期尚早との判断で再考されました。

新人監督にバトンを渡しても、立て直しは難しいのではないか-。複数の代案が持ち上がる中、森代行をワンクッションとして続投させることで最終的にまとまったのです。

中日の来季監督に、小笠原道大2軍監督を昇格させるとの話が以前からありますが可能性はあるのでしょうか。 現役時代の晩年は中日ドラゴンズの成績...

小笠原道大は根尾 昂を自らのバッターのように育てるのか

小笠原は高校時代、1本もホームランを打てなかったにもかかわらず、プロで本塁打王になった男です。暁星国際高校在学時は「どこからもスカウトがかからない」ほど全く無名の選手で、今から見ると信じられない非力ぶりでした。

その小笠原が高校時代からスター選手であった根尾を育てるのですよね。高校通算32本塁打ですからね。

興味深いものがありますね。

まとめ

小笠原は日ハムから巨人で全盛期を迎えており、中日ではピークは完全に過ぎていたのですが、チームに大切にされていますね。

ここまでくると確実に将来の監督候補かと思いますが、どうなるのでしょうか。

山本昌や立浪など監督候補がたくさんいますからね。