小笠原道大は中日次期監督候補2019?前は若手でなれず

中日の来季監督に、小笠原道大2軍監督を昇格させるとの話が以前からありますが可能性はあるのでしょうか。

現役時代の晩年は中日ドラゴンズの成績ではありましたが、どうしても読売ジャイアンツや日本ハムファイターズのカラーが強い選手ですよね。

小笠原道大の引退理由は?

2015年、中日新聞の紙上において谷繁元信監督兼選手とともに今季限りで現役を引退するこが報じられ、17日に名古屋市内で記者会見を行い、正式に引退を表明しました。

引退試合は古巣・巨人戦では5番一塁手としてスタメン出場し、4回の第2打席で遊撃への内野安打(通算2120本目の安打)を放って歴代通算安打数単独26位となります。

三塁ベンチから出た巨人・高橋由伸(から花束を贈呈され、握手を交わしました。

小笠原道大は引退後は中日ドラゴンズの2軍監督へ就任

2016年シーズンからの二軍監督就任が決定し、背番号は82となりました。

小笠原道大の監督としての指導方法はやればできる

小笠原は高校時代、1本もホームランを打てなかったにもかかわらず、プロで本塁打王になった男です。暁星国際高校在学時は「どこからもスカウトがかからない」ほど全く無名の選手で、今から見ると信じられない非力ぶりでした。

小笠原のモットーは「やればできる」の権化です。ただ、その自負が、指導の妨げになることはないのだろうか。

小笠原道大は一時は中日監督で決定していた

一時は中日ドラゴンズの監督として、決定との報道までされたのですが、チーム状態が悪く、立て直しには指導者経験1年では時期尚早との判断で再考されました。

新人監督にバトンを渡しても、立て直しは難しいのではないか-。複数の代案が持ち上がる中、森代行をワンクッションとして続投させることで最終的にまとまった。

まとめ

このような経緯もあり、小笠原が監督として中日の監督になるのは既定路線かもしれませんね。

ただ、生え抜きでも山本昌や立浪などよい候補がいるのですがね。

監督人事は難しいです。