村上宗隆の実家!家族の構成!父は村上公弥と母!弟は村上慶太は兄より身長がでかい!金持ち?両親

村上宗隆の実家!家族の構成!父は村上公弥と母!弟は村上慶太は兄より身長がでかい!金持ち?村上宗隆
村上宗隆の実家!家族の構成!父は村上公弥と母!弟は村上慶太は兄より身長がでかい!金持ち?
この記事は約6分で読めます。

村上 宗隆(むらかみ むねたか、2000年2月2日 – )は、熊本県熊本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属です。

ヨシラバー
ヨシラバー

村上宗隆の実家!家族の構成!父は村上公弥と母!弟は村上慶太は兄より身長がでかい!についてお伝えします。野球一家です。父と母の遺伝にも恵まれ3兄弟はみんな身長がたかいですね。

出身地 熊本県熊本市東区
生年月日 2000年2月2日(18歳)
身長 188 cm
体重 97 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手
プロ入り 2017年 ドラフト1位
初出場 2018年9月16日

村上 宗隆の家族の構成や実家?兄弟や父親は村上公弥!両親!巨人ファン

村上 宗隆の家族の構成や実家?兄弟や父親は村上公弥!両親!巨人ファン

家族は巨人ファン

ヨシラバー
ヨシラバー

家族で巨人戦を東京ドームで観戦しているときでした。

当時巨人の二岡智宏が日本プロ野球史上初めて2打席連続満塁本塁打を放った2006年4月30日の巨人対中日戦(東京ドーム)を現地で観戦したことが、プロ野球選手を目指すようになったきっかけ

鈴木誠也も二岡がきっかけとはなしていましたよね。

実家は?金持ち

村上宗隆の実家は、熊本県熊本市にあります。

長嶺地域スポーツクラブで、5歳から野球を始めています。

小学校は地元の、熊本市立託麻南(たくまみなみ)小学校に通いました。

父母共にスポーツを経験してきたスポーツマン一家である村上家は、アスリートしての基礎もしっかり出来上がっています。

家族構成は?

父親・村上公弥さん母親・文代さんの間に誕生し大学4年の兄と高校生の弟の5人家族です。一番上の兄は社会人野球で活躍し、2番目は五輪代表入りしたヤクルト、侍の若き主砲という野球一家ですね。

父親の村上公弥が厳しい

父親の村上公弥が厳しい

公弥さんは行儀やマナーに大変厳しかったらしく、子供たちに礼儀作法もできる人間になって欲しいと思って熱心に教え込んだそうです。

実は公弥さんも子供たちと同じく高校球児でしたが、右肩の怪我で野球を断念していました。

だからといって子供たちに無理やり野球を勧めたことは無く、細かく口を出さずに「やるなら最後までしっかりやれ」と自主性に任せるスタイルを貫いたそうです。

熊本弁で小さい頃怒られていたのはヤクルトスワローズの村上宗隆だそうです。

怒ってるのはいつも村上宗隆選手の父親の公弥氏です

返事の声が小さいと「そんな小さな声で人に伝わるのか!伝わって初めて返事なんだ。」と幾度となく叱ったそうです。

特に、あいさつや食事のマナーに厳しかったとかそうですね。

2007年頃に勤めていた会社を辞めて熊本市に「ムラカミ不動産」を設立しており、その後は子供たちが通っていたクラブ「熊本東リトルシニア」の副理事になって野球の発展に貢献。

村上宗隆選手の父親は警察官」という情報があります。父親ではなく、祖父が警察官だったのです!!

母は?

お母さんの文代さん(46歳)元々はバレーボールの選手で、身長は170cm超あるそうです!それなら、かなり大きな身長がありますね!村上選手の身長は、187cmですから、お母さんの血もかなり血をひいているんでしょう!

そんな、お母さんですが、お父さんが厳しい反面、村上選手を含め兄弟3人には、優しく接したそうです。村上宗隆選手の兄弟は、2つ上の兄と5~6歳下の弟の3人兄弟です。

村上宗隆の弟は村上慶太?高校通算本塁打やドラフト評価は?身長は?

身長は?

身長は友幸が193cm、宗隆が188cm、そして高3の慶太が190cmです。

みんなでかいですね。家族の遺伝なのかもしれません。実は宗隆が最も低いのも意外です。

村上慶太は足が速い

左打者であれば4.0秒前後で駆け抜けることが多いが、慶太のようなスラッガータイプの選手は5秒近くかかることも珍しくないです。

ただ、身長と体重が190cm、94kgという体格もあって出足の加速はそれほどでもないが、トップスピードに乗ってからの速さは見るべきものがあります。

 第3打席の走者がいない場面でのセカンドゴロでも「4.42秒」を記録しており、足を緩めずに走る姿勢は良い意味でスラッガーらしくない長所と言えます。

ドラフトの評価は?

「体つきや構えた時の雰囲気、プレースタイルはお兄ちゃん(宗隆)に本当によく似ていますよね。顔もそっくりです(笑)。まだ高いレベルでの実戦経験が不足していることもあってか、自分のスイングでしっかりとらえられる打席は少ないですけど、パワーに関してはかなり良いものを持っていると思います。あれだけの体があって、遠くへ飛ばせるというのはやはり魅力ですよね。大型なのに動けるし、よく声を出している姿勢も好感が持てます。」

引用元:「本当に似ている」ヤクルト村上宗隆の弟・慶太(兄より大きい190cm)が見せた3つの非凡な能力とは? 同じ九州学院、熊本制覇に貢献

ただ、今のところは目立った実績はありません。

 お兄ちゃんと比べられるのはかわいそうなので進学が基本線じゃないかなと評価だそうです。

 上がってくれば当然高校からプロ入りという可能性も出てくると思います。特にここ数年は長打を打てる選手の評価は高くなることが多いので、夏に向けてまた見ないといけないですね

ヨシラバー
ヨシラバー

兄弟そろってプロは珍しいことではないです。足も速いし、体型もでかい。センスはよいものがあると思います。大学にいったとしてもドラフトの評価は上がる選手も沢山ありますしね。村上慶太を見てみたいです。

村上宗隆の兄は村上友幸?テイ・エステック!社外人野球!東海大時代

村上宗隆の兄は村上友幸の東海大時代の動画

村上友幸はテイ・エステック!社外人野球

社会人野球のテイ・エステック(埼玉)でデビューしています。自動車内装品メーカーの同社野球部は新たに登録された企業チームで11日、埼玉・鴻巣市で始動。193センチ、104キロの最速149キロ右腕です。

 東海大4年時の2019年秋に首都大学リーグで初登板し、明治神宮大会でも登板しています。

テイ・エステックには昨年入社しました。

自動車のシート製造などの社業の合間に練習を続けていたようです。

まとめ

プロ野球選手になれる人はほんとうに限られた人です。やっぱり家族の遺伝も大切ですね。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました