丸佳浩の特徴!天才で打ち方がすごい!バッティングフォーム!選球眼が秘密!

カープ時代でホームラン39本を放った男は、なぜ突如、ホームラン打者になれたのだろうか。もともと本人は中距離ヒッターでありホームランバッターではないといってます。広島からやってきた男は今や、名門巨人軍において、キャプテン坂本勇人共に欠かせないほどの存在感となりました。

今や、その打撃は球界最高峰。

そんな丸もホームランをうつと丸ポーズが流行るようになりました

丸は憧れの東京ドームで嬉しそうですね。

巨人・丸佳浩の特徴!天才で打ち方がすごい!バッティングフォーム!選球眼が秘密!

走攻守三拍子揃い、質の高いプレーは移籍したジャイアンツでも、大いに力を発揮している。

国籍  日本
出身地 千葉県勝浦市
生年月日 1989年4月11日
身長177 cm
体重  90 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手(主に中堅手)
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2010年9月12日
年俸 4億5,000万円(2019年)

広島の丸佳浩外野手は39本塁打で自身初となる本塁打王のタイトルを逃しました。

最終戦となったDeNA戦(マツダ)に「3番・中堅」で先発しました。

目の前でライバルのソト(DeNA)に40号を打たれた丸は5打席に立ったが、2敬遠を含む3四球で2打数無安打に終わりました。

広島の左打者が40本塁打すれば1978年のギャレット以来40年ぶりだったが、あと1本届かずでした。

丸のバッティングフォーム!特徴など

 

丸佳浩はホームランバッター?

野手の間を抜く二塁打が多い中距離打者でありホームランバッターでないとはなす

もともと選球眼が素晴らしかった丸だが、これだけ本塁打が出れば相手投手もより一層警戒する。結果、四球数はリーグ断トツの116にまでふくれあがっている。

本塁打よりも二塁打が多い典型的な中距離打者だった。

突如大型化した選手!特徴

丸のように突如“大型化”した選手は、NPBではあまり思い浮かばないです。

長距離打者のほとんどは入団時から「大物打ち」の雰囲気があり、数字も徐々に右肩上がりになっていくものでした。

2016年に20本、201723本、とそして2018年の39本とホームラン数を増加しています。

丸のバッティングフォームは?

丸選手の打撃スタイルはヒッチを取り入れ、しっかり足を上げ、軸足で間合いを作り、ボールを引きつけてしっかり振る打撃。

丸は天才だからバッティングフォームを変更!ホームランをうてるようになった!

もともと選球眼に定評がある四球の多い丸選手は優れたボールを見極める力と、変更した打撃がマッチしたことにより、甘い球を確実に仕留める能力が向上したようです。

打撃制度が上がった丸選手は、ホームランを全方向へ打つことができるようになっており、ホームランバッターとなったようです。

丸佳浩がホームランを打つと丸ボーズ!原監督までよしひろコール

5回先頭で打席に立った丸。この回からマウンドに上がった阪神2番手の馬場のボールを捉えると、打球は右翼スタンドへ消えました。

リードを8点に広げる1号ソロに、本拠地は大歓声に包まれた。

大歓声の中でダイヤモンドを一周すると、敬礼ポーズでホームイン。ベンチに戻ると、ナインが両手で頭の上で円をつくる「マルポーズ」で祝福された。6回の守備につく時にはスタンドから「ヨシヒロ」コールの大合唱だった。

巨人ではツイスト打法を披露

横浜ベイスターズ戦で放った、ノールック打法ツイスト打法はすごかったですね。

ヒッチを取り入れている打撃スタイルに、ツイスト打法と言われる動きをその瞬時に取り入れるなど、変態打ちと言われるほど、衝撃の一打であった。

まとめ

その御前で一発を放ちダイヤモンドを一周すると、ベンチ前では原辰徳監督やチームメートとハイタッチ。さらには両手で“丸”を作る「丸ポーズ」で初本塁打を仲間たちと喜んでいた。

よろしければフォローをお願いします