カテゴリー

【巨人】「マルポーズ」を丸佳浩がホームランで披露!流行るか!

こんにちは、ヨシラバーです。

東京ドームの初試合でついにホームラン一号を放ちました。

なんと礼ポーズでホームイン。ベンチに戻ると、ナインが両手で頭の上で円をつくる「マルポーズ」で祝福されました。

阿部さんが始めたようですね。

丸は憧れの東京ドームで嬉しそうですね。

佳浩のプロフィール

国籍  日本
出身地 千葉県勝浦市
生年月日 1989年4月11日
身長177 cm
体重  90 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手(主に中堅手)
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2010年9月12日
年俸 4億5,000万円(2019年)

丸佳浩がホームランを打つと丸ボーズ

5回先頭で打席に立った丸。この回からマウンドに上がった阪神2番手の馬場のボールを捉えると、打球は右翼スタンドへ消えました。

リードを8点に広げる1号ソロに、本拠地は大歓声に包まれた。

大歓声の中でダイヤモンドを一周すると、敬礼ポーズでホームイン。ベンチに戻ると、ナインが両手で頭の上で円をつくる「マルポーズ」で祝福された。6回の守備につく時にはスタンドから「ヨシヒロ」コールの大合唱だった。

丸佳浩はあと一歩でホームラン王になれず

広島の丸佳浩外野手は39本塁打で自身初となる本塁打王のタイトルを逃しました。

最終戦となったDeNA戦(マツダ)に「3番・中堅」で先発しました。

目の前でライバルのソト(DeNA)に40号を打たれた丸は5打席に立ったが、2敬遠を含む3四球で2打数無安打に終わりました。

広島の左打者が40本塁打すれば1978年のギャレット以来40年ぶりだったが、あと1本届かずでした。

中距離打者だった丸がホームランを量産した理由は?

もともと選球眼が素晴らしかった丸だが、これだけ本塁打が出れば相手投手もより一層警戒する。結果、四球数はリーグ断トツの116にまでふくれあがっている。

本塁打よりも二塁打が多い典型的な中距離打者だった。

丸のように突如“大型化”した選手は、NPBではあまり思い浮かばないです。

長距離打者のほとんどは入団時から「大物打ち」の雰囲気があり、数字も徐々に右肩上がりになっていくものでした。

まとめ

長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督も東京ドームを訪れてスタンドで観戦しています。

その御前で一発を放ちダイヤモンドを一周すると、ベンチ前では原辰徳監督やチームメートとハイタッチ。さらには両手で“丸”を作る「丸ポーズ」で初本塁打を仲間たちと喜んでいた。

シェアする