カテゴリー

【巨人】小林誠司が紐で縛られる「縛らればやし」!お尻を出す?

小林が宮崎キャンプ中に紐で縛られたままバッティング練習をしていましたが、その効果もあってか連日の猛打賞につながっています。

小林誠司とは?

ジャイアンツ現正捕手の立場ながら「挑戦」という謙虚な小林。小林のまわりはいつも笑顔であふれています。

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日
身長体重 178 cm 83 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
経歴 広陵高等学校→同志社大学→日本生命→読売ジャイアンツ (2014 – )

小林誠司の写真集とカレンダー

小林誠司紐で縛られる?

宮崎キャンプのバッティング練習で上半身を紐で縛られている小林の目撃証言が続出。

見たときは度肝を抜かれました。公共の場で何しとるねんw

ズボンも脱ぎ出す

公共の場で小林誠司がハーフパンツを脱ぎ出していました。(中にレギンスっぽいものを履いていたので法的にはセーフ)

転載元: 名無しさん@おーぷん 2019/01/28(月)22:04:08 ID:f3E まあむ@toma4_s6maせーじさんいきなりズボン脱ぐのほんとやめてほしい😇😇😇ぷりけつ最高すぎるからほんともっとやってほしい😇😇😇思

井上晴哉のトレーニングを取り入れた

なぜこのようなトレーニングをしていたのかは謎に包まれていましたが、答えは日本生命のつながりでした。昨シーズンまで某コーチが「コンパクトや!」としきりに連呼していましたが、方法までは教えていなかったようです。

 何かを変えないと―という危機感に突き動かされていた時、自主トレ先の大阪府内で共に汗を流していたロッテ・井上の取り組む練習に目を奪われた。昨季24本塁打、99打点でリーグを代表する強打者の仲間入りを果たした日本生命時代の同僚は、ゴム製のチューブを自身の上半身に巻き、脇を締めながらスイングを繰り返していた。小林も取り入れると、無駄な動きが省かれ、コンパクトなスイングとなってバットが自然に最短距離で出るようになった
 さらに、春季キャンプでは指揮官からもバットの出し方、下半身の使い方など熱血指導を受け、打球は鋭さを増した。「試合の中で出せるようにしたい」。積み重ねた努力は結果として表れ始めた。

 勝利を決定づける打球が左前に弾むと、小林は両手を力強くたたき、少しだけ表情を緩めた。3点リードの8回1死二、三塁。カウント1ボール2ストライクと追い込まれてから、最後は中尾の高めに浮いたフォークを捉

上半身を縛るトレーニングはある

ロッテの金森コーチがこの上半身を縛るバッティングのトレーニングを採用しているようです。脇を開かないスイングの練習のようです。

金森理論を体得するために、多くの打者が上半身をゴムチューブで縛り、脇を開かない形でスイングを繰り返した。「下半身を使って振り込むことが、結果につながる。これを基本としてやっていけたら」

脇を締めると遠くに飛ばせる?

傍を開かずにスイングするのはバッティングの基本と言われていますよね〜。遠くに飛ばすためには体幹や下半身の力が必要ですが、脇を締めないとせっかくの力が分散してしまうそうです。

ボールを遠くへ飛ばす、または速い打球を打つためにはバットを高速で振る必要がありますが、そのためには腕だけではなく、大きな筋肉がたくさん付いている下半身や体幹の力を使う必要があります。そのため、バッティングでは下半身や腰が重視されています。 この時、脇を締めることができないと、せっかく下半身や体幹で作った力が逃げてしまいます。

バッティングでは脇を締める。野球人なら誰もが言われたことのある、野球の基本。しかし、サムネイルの読売ジャイアンツ、坂本勇人選手の画像をみても、脇が締まっているようには見受けられない。「脇を締めろ」の真実とは?プロ野球選手など約20種目のプロ選手や日本代表選手のトレーニング指導をしている、中野崇氏に解説して頂いた。

吉村禎章「体を大きく使え」

昨年からコーチに就任した吉村禎章もこう語っています。

自分の体全体を大きく使い、大きくスイングしていくことが求められます。

読者からの質問にプロフェッショナルが答える「ベースボールゼミナール」。今回は打者編。回答者は巨人でシ | 【元巨人・吉村禎章に聞く】ロングティーにはどのような意味がある?

まとめ

ちゃんと根拠がありました。まぐれじゃありませんからね!

シェアする