カテゴリー

【巨人】小林誠司の体重増加!スーツパンパン?筋トレ、コンプレックス

那覇キャンプが始まりますが、那覇空港でのスーツ写真を待ちわびている小林ファンが一定数いる事がわかりました。

小林誠司とは?

右が小林誠司。

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日
身長体重 178 cm 85kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年3月28日
年俸 6,000万円(2019年)
経歴 広陵高等学校→同志社大学→日本生命→読売ジャイアンツ (2014 – )

スーツが「入らへん」「パンパン」

2019年の自主トレで筋肉量を増やし、普段着用しているスーツが入らないハプニングが発生。

イケメンながら「全く自分はオシャレじゃない。なんでもいいっしょ」と洋服などには無頓着な男。事前に、この日に着るスーツをチェックするワケもなかった。それでハプニングは起こった。クローゼットから出したスーツのズボンに足を入れた瞬間に、焦った。「入らへん」。無理やり足を入れて、ジャケットを羽織った。ズボンの折り目は、伸びて広がり、ジャケットのボタンは今にも飛びそうだった。「パンパン」。鏡に映る自分のスーツ姿に苦笑いしながらも、トレーニングの成果を実感した。増えた体重2㌔は、体のたくましさに変わっていた。

ちなみに山口俊(どすこい)は断食で3kg減。

巨人・山口俊が1日、“人生初断食”に取り組んだことを明かした。「胃の中、腸をリセットするのが一番の目的。胃も小さくしたかった」と11月下旬に3日間、水と炭酸水以…

ドラフト時から約10kg増加

小林はこの6年で体重がかなり増加しています。ドラフト指名時の体重は74kgでしたが、2019年2月13日現在、ジャイアンツの公式によると85kg。

体重の増減の歴史

しかし、体重の増加は小林にとって喜ばしい事であります。

2014年「80kgに増やしたい」

2014年は体力のなさが指摘されたり、阿部に「もっと太ったほうがいい」と助言されたこともあり肉体改造に乗り出すことを決断していました。食事量を増やし、徹底的に筋力トレーニングで鍛え上げると発言。

「85キロは欲しいけど、まずは80キロ。計画を立ててやる」

2016年「体の線が細くてコンプレックス」

雑誌のインタビューで体型がコンプレックスと語る。

「(自慢できる体のパーツは?)ないです。マジでないんです。体の線が細いって言われるから、今、がんばって鍛えているところなので…」(2016年6月 Hanako)

2017年「WBCで体重激減」

WBC大会期間中に体重も激減したとインタビューに答える。

「7~8kgですかね。正直試合に出られるとは思ってもいなかったので。ただ、出たときに何かの役に立てるようにと、体の準備、心の準備をして本番をシミュレーションしながら合宿を過ごしていました。」

2017年「エステに来店☆」

遠征先の静岡でも筋トレに勤しむ姿がキャッチされていました。

APTSの凄さを体験し、普段のトレーニングでは鍛えられない筋肉の刺激にとても最初は驚いていましたがさすがプロ野球選手!!慣れてくるとAPTSの刺激にも対応しトレーニングをしていって下さいました(o^^o)

【ホットペッパービューティー】スリムビューティーサロン ルセヤ 静岡店(Luceya)のブログをご紹介。気になるお店の雰囲気を感じるには、スタッフさんが書くブログをみるのがおすすめ!

2017年「強化指定」

当時の伊藤博トレーニングコーチが、小林を強化指定選手に指名。

「彼(小林)は捕手として素晴らしい能力を持っている。ただ、走りと打力はまだ改善の余地があるので、少しでも寄与するフィジカルトレーニングを考えたい」

巨人・小林誠司捕手(28)が今オフ、“高速スイング”を目指した筋トレに取り組むことが12日、分かった。伊藤博トレーニングコーチ(51)が“強化指定”に挙げた。「…

まとめ

周りから色々言われてきたのでしょうね。

今季からは筋トレスペシャリストの相川がコーチとしてそばにいます。開幕の際の体形がどうなるのか注目が集まりそう。

シェアする