金本知憲は解任・クビだった!阪神球団の評価は悪かった!

こんにちは、ヨシラバーです。

金本 知憲は辞任として報道されていますが、事実上は解任・クビだったようです。

阪神としては、どうしても辞めさせなくてはいけない事情があったようですね。

金本知憲のプロフィール

出身地 広島県広島市南区
生年月日 1968年4月3日(50歳)
身長 180 cm
体重 88 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 左翼手
プロ入り 1991年 ドラフト4位

金本は解任・クビだった

金本監督退任は表面上は辞任を装ったが、事実上の解任だったそうです。

 本人の意欲はもちろん球団も続投前提で組閣作業を進めていた。

 前夜(10日)、甲子園での最終戦後、揚塩健治球団社長が金本監督を呼び、辞任を迫ったのそうです。

 チーム低迷、集客力減少などが重なって、金本監督は追い詰められた。極めて“解任色”の濃い辞任といえるようです。

神宮球場でのSNSややじに耐えられなくなった阪神球団社長

揚塩社長は本社の命を受けていた。最下位が見えた今月初め、ヤジやSNSなどの悪評に耐えられず、解任にかじを切ったそうです。

ファンは金本に対し辞めろと発言し、逆切れがまずかった

 9月末の名古屋遠征中、会食から宿舎ホテルに戻ってきた金本監督は、ファンとみられる人物からヤジを飛ばされ激高しました。

 食ってかかり、同行したコーチに羽交い締めにされ引き離される姿を撮影した動画がSNSを通じ流出ししています。

 球団はもちろん、親会社の阪神電鉄内でも「チームが厳しい状況で外出すれば、トラブルに巻き込まれる可能性はある。自制しないと。あの態度はないでしょ」と不興を買っています。

金本体制になって3年目が終わろうとしているのに、生え抜きの大山や藤浪は育ってきても、チーム最下位の危機状態です。 そんななか、金本 知憲が...

金本阪神の出版

金本・阪神 猛虎復活の処方箋岡田彰布

2005年以来、毎年のように優勝候補に挙げられながら、優勝を逃し続けている阪神タイガース。
2016年は、わってみれば首位から24・5ゲームも離された4位。
そんな歯がゆい状況にある近年の阪神について、タイガース優勝監督にもなった岡田彰布氏が、金本・阪神はなぜ勝てないのか、勝つためにはどうすればいいのか、等について、さまざまな角度から問題点を洗い出しつつ、再建案を語りつくしています。

阪神タイガースを常勝球団にする方法

 1935年の球団創設以来、80有余年の歴史のある阪神タイガースは、巨人に次いで2番目に古い球団だが、1950年の2リーグ分裂後、優勝はわずか5回。日本一は一度だけである。

「どうすれば、阪神を常勝球団にできるか」。テーマをその一点に絞り、渾身の想いで書き綴った書。阪神ファンはもとより、球団関係者、更にはオーナーや監督にも、ぜひ読んでもらいたい。

阪神タイガースのすべらない話

【伝説のトラ番記者による阪神ファン垂涎ネタ本】

阪神ファンにとってのカリスマ、
伝説の虎番記者が書いた
「阪神タイガースあるある本」がついに登場です。

まとめ

金本監督のクビにより、次期監督候補である矢野は監督になりたくなさそうであります。この事件は闇がもっと深そうであります。