伊藤光の年俸!現在?性格が悪い?横浜に入る喜び!名誉生え抜き!ラミレスの不仲やバット投げ!

伊藤光
この記事は約5分で読めます。

伊藤光の年俸!現在?性格が悪い?横浜に入る喜び!名誉生え抜き!ラミレスの不仲やバット投げ!

 

伊藤光の年俸はベイスターズで大幅にアップしました!現在は活躍もしています。三浦監督とは性格があるようです。ただ伊藤光の性格が悪いと思われる行動はあります。横浜に入る喜び!名誉生え抜き!ラミレスの不仲やバット投げ!

遠投120メートルの強肩に加え、50メートル6秒フラットの俊足を兼ね備えています。

出身地 愛知県岡崎市
生年月日 1989年4月23日(29歳)
身長  180 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2008年9月13日
年俸 5,500万円(2019年

年俸2022

年俸(推定)チーム背番号
2022年1億1000万円横浜DeNAベイスターズ29
2021年1億1000万円横浜DeNAベイスターズ29
2020年1億1250万円横浜DeNAベイスターズ29
2019年5500万円横浜DeNAベイスターズ29
2018年5500万円横浜DeNAベイスターズ29
2018年5500万円オリックス・バファローズ22
2017年4700万円オリックス・バファローズ22
2016年5700万円オリックス・バファローズ22
2015年7200万円オリックス・バファローズ22
2014年4800万円オリックス・バファローズ22
2013年2200万円オリックス・バファローズ22
2012年1800万円オリックス・バファローズ22
2011年580万円オリックス・バファローズ54
2010年520万円オリックス・バファローズ61
2009年520万円オリックス・バファローズ61
2008年500万円オリックス・バファローズ61

伊藤光の現在?復活

2021年、3月18日に教育リーグの対ヤクルト戦で左ふくらはぎの肉離れに見舞われた影響で、レギュラーシーズンの開幕を二軍で迎え、一軍への合流はセ・パ交流戦直前の5月18日にまでずれ込んでおります。

同年より一軍の監督を務める三浦大輔は、伊藤の豊富な経験、右打ちから犠打に至るまで多彩な打撃、相手投手に多く投げさせる打席での粘りを高く評価しています。

交流戦の開幕を機に、伊藤を「2番・捕手」としてスタメンに固定した。

 

交流戦では通算打率.263ながらチーム2位の11四死球を喫した影響で、チーム3位の出塁率.382を記録したほか、チームの野手としては7年ぶりの3打席連続犠打や、チームの捕手としての一軍公式戦シーズン初盗塁もマークします。

開幕から交流戦開幕までの勝率が.293でセ・リーグの下位に低迷していたチームも、伊藤が出場した交流戦13試合では勝率.643(9勝5敗3分け)と好調でした。

 

名誉生え抜き

横浜DeNAベイスターズの初代監督として招かれた中畑清による選手たちの意識改革(教育)や、球団サイドによる選手への働きかけもあ、チーム内の雰囲気・意識も向上しました。

観客動員数の増加や後任監督のアレックス・ラミレスのもとAクラス入りどころかCS進出・優勝争いができるまでにチームが成長したことで、もはや暗黒期は「過去の物」となりつつある。

その奮闘にDeNAへ移籍した選手の成長や復活が大きく絡んだため、「出る喜び」に対抗できる「入る喜び」が語られるようになった

発祥した当初は「移籍で復活・成長した選手」という話題が多かったが、最近では選手の口から文字通り「横浜に入る喜び」を語る選手も出てきている

それが伊藤光といわれていました。

横浜に入る喜びもラミレスと不仲?

ベイスターズの入団会見では、「プロ11年目ですがベイスターズでルーキーのように一生懸命やりたい」と話していました。

伊藤光はラミレスの方針に従わず2軍となってしまったようです。

ラミレス監督は「今永とのコンビネーションが機能していなかった。ゲーム前に練った戦略とは違う方向に行って、巨人に流れが行ってしまったので、流れを止めたいと捕手を代えた」と説明しています。怪我はしていないようです。

伊藤光の性格?ラミレスと不仲?

ベイスターズの入団会見では、「プロ11年目ですがベイスターズでルーキーのように一生懸命やりたい」と話していました。

遠投120メートルの強肩に加え、50メートル6秒フラットの俊足を兼ね備えています。

干された?ラミレスと不仲?

伊藤光はラミレスの方針に従わず2軍となってしまったようです。

ラミレス監督は「今永とのコンビネーションが機能していなかった。ゲーム前に練った戦略とは違う方向に行って、巨人に流れが行ってしまったので、流れを止めたいと捕手を代えた」と説明しています。怪我はしていないようです。

大島のバット投げ

伊藤光は行く先々で首脳陣と対立してるし性格的に問題があるのは知ってる。伊藤光は一回キレると意固地になる性格はオリ、ベイファンでさえ知ってるはずなのにそれすらせず冷静にさせる時間稼ぎさえしなかったので。

まとめ

2019年のベイスターズは強いですが、伊藤光の成績がひかっているのは間違いありません。

巨人ほどの派手な人事はありませんが、ベイスターズも補強ポイントをしっかりとおさえているのですね。

 

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました