稲葉篤紀GMの現在・今!顔!イケメン!ひげ!若い頃!中田翔やイチローとの関係

この記事は約6分で読めます。

稲葉篤紀の現在・今!顔!イケメン!ひげ!若い頃!中田翔やイチローとの関係

稲葉稲葉篤紀の顔はひげが濃いと思っている方が多いようです。アザだと知らない方がおおいようです。

稲葉篤紀の現在・今!顔!イケメン!ひげ!若い頃!中田翔やイチローとの関係についてお伝えしたいと思います。

日ハム・稲葉篤紀の現在・今!顔!イケメン!ひげ!若い頃!中田翔やイチローとの関

稲葉篤紀 (いなば あつのり)

生年月日:1972年8月3日 

44歳

出身地:愛知県北名古屋市

身長:185cm

体重・94kg

最終学歴:法政大学卒

稲葉氏は法大から1994年のドラフト3位でヤクルトに入団。2004年オフにFAで日本ハムへ移籍。07年首位打者、最多安打を獲得した。 国際大会では08年北京五輪、09、13年WBCの日本代表に選出されている。12年に通算2000安打を達成し、14年に引退した。

現在・今!日ハムGMへ

日本代表ではプレミア12やWBCで打撃コーチを歴任し17年7月に監督就任した。

 19年にプレミア12を初制覇。今夏の東京五輪では日本代表を金メダルに導いた。  

稲葉氏はGM職とともに現SCO職も兼務する。15年からGMを務めてきた吉村浩チーム統轄本部長兼GM(57)は統轄本部長専任となる。

稲葉篤紀の顔のあざ!病気!治さない理由!ひげ

稲葉さんの顔のあざは太田母斑(おおたぼはん)と言う一つの病気です。

生まれて大体一年くらいで出てくることが多いようです。ごくまれに成人してから発症する事例も確認されています。

きっと大人になるまでに友人や学校の先生、親やお店の店員など一度は顔に黒いあざがある方を見た事があると思います。

僕も中学の女性の先生がそういえばあざがあったなと思い返しました。

この大田母斑は基本的には女性に多いようで生まれついてから症状は出始めるようで思春期にかけて目立つようになるようです。

一度あざが出ると自然に消える事はないので治療となります。

アザを治さない理由

治療はレーザー治療でメラニンを除去する事で治す事ができるのでそこまでリスクは大きくないです。。

保険も適用されるので大きくなる前にできるだけ早く治療する事をおすすめしています。

この太田母斑は遺伝的な要素で発生するわけではなく現在でも発症の原因は解明されていないそうです。

特に命に関わる病気ではないので心配する事はなさそうですが、稲葉さんのように顔にあざができてしまった場合は子供~思春期にかけて大きな影響を及ぼす可能性があるので別の意味で心配ではあります。

ただ稲葉さんはあえて顔のあざを消さなかったそうですよ!

理由は「同じ悩みを持つ人たちを勇気づけたかったから」。

「もし自分と同じ病気で悩み苦しんでる方がいるのなら、自分が堂々とプレーすることで励みになれば」

若い頃がイケメン

球界のカリスマ的おばちゃんキラー イケメン 優勝請負人です。

中田翔との関係

チームメートへの暴力事件で謹慎処分となった中田は、8月20日に巨人に移籍した後に謝罪会見に臨びました。

 日本ハムで謝罪会見をしなかったことには球団内外から疑問の声が上がった。この問題は日本ハム本社にもクレームがくるほどの大きな問題となり、球団は8月31日になって突然、公式サイトに謝罪文を掲載。

これには本社サイドの強い意向もあったといわれている。  

そして、最終的にたどりついたプランが、今回の「稲葉氏がGMとして新庄監督を全面サポートする」という形式だったそうです。

この形なら「編成権を球団フロントが持つ」という従来のスタイルを崩さないまま、現場の意向も稲葉氏が可能な限り吸い上げることができ、稲葉氏も思うようなチーム作りができる。現フロントは実質的に〝中田問題〟の責任をとり、稲葉氏率いる新フロントにバトンを託す格好となる。

八重樫 中田翔の入団1年目だったと思うけど、ヤクルトがキャンプしている浦添球場で練習試合があったんですよ。その時にグラウンドでもずっとボーッとしているというか、まったくヤル気が見られなくて驚いたことがあったんです。でも、翌年のキャンプで見た時にはそれが一変していた。

 よく聞いてみると、稲葉が厳しく指導したらしいんですよね。それを聞いて、「稲葉らしいな」と思いました。だから、今回の中田翔の一件は、稲葉にとってもショックだったんじゃないかな。

――引退時のセレモニーで花束を渡した中田翔選手は泣いていたし、稲葉さんの最後のスピーチでも、「中田翔のことをよろしくお願いします」と語っていましたからね。

八重樫 そういう意味では面倒見のよさもあったし、中田翔が気がかりでもあったのかもしれないね(苦笑)。今回の侍ジャパンのチーム作りでもそうだけど、若い選手に対する接し方、言葉のかけ方、そういうのがうまいんでしょう。

イチローとの関係

【対談】イチロー選手×稲葉篤紀氏 完全版Part1

 

稲葉とイチローはともに愛知県生まれ、隣町で育ち、幼い頃には同じバッティングセンターに通っていた。そして稲葉は中京(現・中京大中京)、イチローは愛工大名電と、野球の名門校に進み、夏の大会で対戦したこともある仲です。

2人は2009年の第2回WBCをともに戦い、日本を連覇へと導いた。その時に築かれた絆を知る人も多いと思う。私もイチローについて、稲葉さんに聞く、という取材は今回で3度目だった。その中で気付いたのが、冒頭の言葉使いである。

 野球界はタテの社会だ。その象徴として、プロ野球の現場にいると、こんな場面に出くわすことがある。社会人を経て、ある球団に入ってきたばかりの新人選手が、すでにプロで3年やっている高卒の選手にこう言う。

「いろいろ、よろしくな」

 プロのキャリアとしては先輩だが、年齢は下の高卒選手は頭を下げる。

「こちらこそ、よろしくお願いします」

 つまり、年の差が絶対のルールなのだ。

 これが同じ学校や、同郷ともなれば、その物差しはさらに効力を増して、人生どこまで行っても上下関係がついてまわる。稲葉はそれを振りかざさない人間だということだろう。そして、イチローに対する言葉に表れている感情はリスペクトだ。

まとめ

ヤクルトの人間と思っていましたが日ハムの人間になっていましたね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました