今中慎二の現在?阪神コーチへ?大阪桐蔭高校時代!結婚!嫁?寄付!今は子供・息子?解説!母!スローカーブ

中日ドラゴンズ
この記事は約5分で読めます。

今中慎二の現在?阪神コーチへ?大阪桐蔭高校時代!結婚!嫁?寄付!今は子供・息子?解説!母!スローカーブ

阪神タイガースの矢野監督の人事で一番の驚きは、今中でしたね。

中日ドラゴンズで矢野は一緒にプレイしたとは言え、外部から呼び出すほどと思いもしませんでした。

中日・今中慎二の現在?阪神コーチへ?大阪桐蔭高校時代!結婚!嫁?寄付!今は子供・息子?解説!母!スローカーブ

出身地 大阪府門真市
生年月日 1971年3月6日(47歳)
身長  182 cm 
体重 73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1988年 ドラフト1位
初出場 1989年5月26日
最終出場 2001年7月13日

現役時代は中日ドラゴンズに所属し、1993年から1996年まで、4年連続で開幕投手を務めるなど、1990年代のNPBを代表する左腕として活躍していました。

1993年に17勝を挙げて沢村賞に輝くなど、90年代を代表する左腕として通算91勝。キレのある速球とカーブのコンビネーションは抜群で、その理論には定評があり、2012、13年には中日でコーチを務めた。

大阪桐蔭高校時代!母を亡くす!現在も寄付

大阪産大高校大東校舎に進学後、入学当初は目立った存在ではなかったが、すぐに見違えるような速球を投げるようになり、同校を訪れた田丸仁(当時、阪神スカウト)からも高評価を受けたといいます。

1年夏の大阪府大会からベンチ入りを果たし、秋の府大会では準々決勝の対PL学園戦に登板した。

この試合は0対1で敗れたものの、立浪和義や野村弘を擁して翌年に春夏連覇を果たす強豪をよく抑え、NPBのスカウトらから注目を集めるようになりました。

2年の冬にはクモ膜下出血で母を亡くし、精神的に大きく落ち込んだが、3年時になると精神的に立ち直り、将来のプロ入りを明確に目指すようになった。

3年生に進級した1988年度より大東校舎は大阪桐蔭高校として独立する。3年夏の大阪府大会では15個の三振を奪いながら延長戦の末に初戦で敗退し[5]、甲子園に出場することはなかった。漫然と大学への進学を予定していたが、145km/hの速球などによって全球団のスカウトが来校[5]するほど高い注目を集めており、1988年度ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受けた。

寄付もしていたようです。

嫁は?

1997年に結婚しています。お相手はムッターハムの社長令嬢とのことです。

どうやらムッターハムは、中日ドラゴンズのタニマチ的な存在で、当時の監督だった星野仙一さんの紹介で知り合い、結婚に至ったようです。

政略結婚という噂があった今中慎二投手の結婚ですが、媒酌人はあの鈴木宗男氏とのことで、ますます政略結婚の可能性が高いですよね。

ちなみに、ムッターハムはBSE問題の時に経営破綻しています。

息子は?

2002年3月にナゴヤドームでのオリックス・ブルーウェーブのオープン戦の際に引退セレモニーが行なわれ、谷桂知と対戦した後に長男から花束が贈呈された

2002年3月の今中慎二投手の引退セレモニーで息子が花束を渡しています

とあるように、引退時に長男から花束が贈られたようなので、息子さんがいるのは確かのようです。

しかし、それ以外の息子さんに関する情報はわかりませんでした。

スローカーブ

打者からはストライクゾーンを外れるほど高い軌道から落ちてくるように見える上、ミットに入る前に空回りして止まりそうになるように感じられたといます。

このためバッターは腰砕けになる事が多く、外国人バッターに特に嫌がられました。

また反発力がないため打たれても飛ばず、球速が遅いため打者が必ず反応するなど使い勝手が良い球だったといいま

1993 今中慎二 1 超スローカーブ 球速差59km

解説がうざい?

今中 慎二の指導者としての活躍は?

2012年シーズンより古巣・中日の二軍投手コーチに就任します。

同シーズン後に権藤博一軍投手コーチが退団したことに伴い、一軍投手コーチに就任しました。

2013年当初はブルペン担当だったが、チームの不振により6月12日の対西武戦から近藤真市投手コーチと入れ替わりでベンチ担当となりました。

2014年からは再びNHKの野球解説者(主に総合テレビ東海ローカルの中日主管試合、BSのメジャーリーグ中継に出演)として活動しています。

今中 慎二はなぜ阪神タイガースに?中日は?

矢野新監督と中日時代に7年間、チームメートだった今中慎二氏でした。

大阪桐蔭高の出身で、藤浪の先輩にもあたる。

ここ数年、踏ん張っている投手陣だが、過渡期を迎えていることは確か。招へいとなれば、再建へ向けて、“新戦力”としての期待がかかります。

まとめ

今中の野球論を学べるだけでも、うらやましい限りですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました