井川慶の現在?独立?解説!若い頃!全盛期!早熟

井川慶の現在?独立?解説!若い頃!全盛期!早熟井川慶
井川慶の現在?独立?解説!若い頃!全盛期!早熟
この記事は約4分で読めます。

井川慶の全盛期は2003年でしょう。20勝5敗で、沢村賞、最多勝、最優秀防御率、最多完封、そして阪神タイガースを優勝に導いています。阪神エースでも歴代NO1ではないでしょうか。

出身地 茨城県東茨城郡大洗町
生年月日 1979年7月13日
身長  186 cm
体重 93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト2位

[ad2]

井川敬の現在・今!独立リーグ?引退していない!解説者

井川敬の現在!独立リーグ?

茨城新聞では現状を「休養」と述べ、兵庫の選手とのトレーニングを継続していることを明らかにし、兵庫を退団した理由は「独立リーグは若手の場所」という考えによるとした。

11月4日開催の兵庫OB戦で先発登板し、3回で6奪三振。現役続行には「難しいかな」とコメントした。

[ad2]

井川敬の現在!引退していない

2019年は東京ドームにて7月29日に開催されたプロ野球OBによるエキシビジョン戦「サントリードリームマッチ 2019」に「ドリームヒーローズ」の一員として参加し、先発投手として1回を投げ無失点。

試合後に更新された本人のブログで「これからも、自分に厳しくトレーニングに励んでいき、いつでも投げられる状態をキープし、またいつの日か、マウンドに立つことができればと願っています」と記し、復帰を目指し、トレーニングを続けている旨を明かした。

[ad2]

井川敬の現在!TV出演!解説者

2020年は6月6日に生放送されたTBSテレビ『炎の体育会TV』に出演。ティモンディ・たかぎし、ゴールデンボンバー・樽美酒研二、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・ELLY、俳優の岡田健史と対戦し、全員を打ち取った。

マスクをかぶって正体を隠した「マスク・ド・ピッチャー」としての出演だったが、特徴のある口元から正体を明かす前から視聴者の間では正体がばれていた。

同番組の出演に当たり、古巣の関西独立リーグ・兵庫と4日間の練習を行っていた[2]。8月9日に開催された兵庫とこの年発足したばかりの北海道ベースボールリーグ・美唄ブラックダイヤモンズの交流戦(美唄市営野球場、非公式戦)にて、兵庫のOBとして1試合限定で復帰登板。

1イニング打者6人に対して33球を投げ、振り逃げを含む4奪三振、無失点という内容でした。

2021年からは毎日放送・GAORA(Tigers-ai製作)の野球解説者を務める。

[ad2]

井川慶の全盛期!若い頃なぜ早熟は?

メジャーで井川のピッチングフォームは変わったみたいです。

井川慶の全盛期がすごい!成績は?阪神時代

全盛期は2003年でしょう。20勝5敗で、沢村賞、最多勝、最優秀防御率、最多完封、そして阪神タイガースを優勝に導いています。

平成では7人しかいない、20勝の投手であります。年が一つしか変わらない松坂よりも、よい成績を残していますね。

メジャーでも活躍すると思われていました。

井川(22) *9勝13敗 192.0回 171奪三振

防御率2.67 最多敗

井川(23) 14勝*9敗 209.2回 206奪三振

防御率2.46 最多奪三振 最多投球回 最多完投 最多完封

井川(24) 20勝*5敗 206.0回 179奪三振

防御率2.80 MVP 沢村賞 最多勝 最高勝率 最多完封

井川(25) 14勝11敗 200.1回 228奪三振

防御率3.73 最多奪三振 最多投球回 最多完封

井川(26) 13勝*9敗 172.1回 145奪三振

防御率3.86

井川(27) 14勝*9敗 209.0回 194奪三振

防御率2.97 最多奪三振 最多完封

[ad2]

ブルペンキャッチャーが驚き!フォームが違う

ブルペンキャッチャーは、井川がまともな投球が全くできていないことに驚いたそうです。

「受けた25球中ストライクは3球だけ。決め球と聞いていたチェンジアップ、それにカーブやスライダーも大リーグレベルとは程遠い。とにかくコントロールが悪すぎる。どこか怪我でもしてるんじゃないか?」と思ったそうです。

[ad2]

チェンジアップで投球を悪くした

日本にいた05、06年からチェンジアップが良くありませんでした。

そのままアメリカに来ても、やはりまともには使えないままでした。

チェンジアップの浮き球は日本人はけっこうミスしてくれるんだけど、メジャーの選手には良い確率でホームランに持っていかれてしまったのです。

井川はチェンジアップを下記のように

”チェンジアップは阪神の最後のころから切れが悪くなっていた。ヤンキースに来ても改善せず、すこしでも球が浮くと簡単に芯に当てられた。カーブは曲がりが大きすぎて打者に簡単に見逃された。

[ad2]

まとめ

実は能見と同い年なんですよね。もっと頑張れたはずと思ってしまいます。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました