堀田賢慎の高校時代!球種・球速・ストレート!青森山田?けんしん

堀田賢慎の高校時代!球種・球速・ストレート!青森山田?けんしん堀田賢慎
堀田賢慎の高校時代!球種・球速・ストレート!青森山田?けんしん
この記事は約3分で読めます。

堀田 賢慎(ほった けんしん、2001年5月21日 – )は、岩手県花巻市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

ヨシラバー
ヨシラバー

堀田 賢慎、巨人の将来のエース候補の高校時代についてお伝えします。プロでもストレートが魅力ですが高校時代に大幅に伸びたようです。

2001年(平13)5月21日生まれ
1メートル85、80キロ
右投げ右打ち。

関連記事:堀田賢慎のドラフトの評価!巨人スカウト無能!なぜ怪我隠す!けんしん

関連記事:堀田賢慎がイケメン?ネックレス?彼女?中学時代?結婚!両親や父と母!兄弟!実家?幼少期!

堀田賢慎の青森山田高校時代は?球種・球速は?ストレート

ヨシラバー
ヨシラバー

巨人ドラフト1位の堀田賢慎です。高校野球で好投手が多いこの世代の中でもドラフト1位に選ばれたのは最終学年の成長が凄かったんでしょうね。高校時代はほぼ無名にちかかったですからね。

同学年に本田真凜がいる

当時は64キロと細身で1年時は体ができるまでは1イニング限定、ブルペンでも30球と大事に育てられました。

2年時には、青森大会は八戸学院光星・武岡に2打席連続で被弾し敗戦します。結果、八戸学院光星に1-17で敗戦した悔しさ胸に一冬で成長したそうです。

「甘えがあった。直球だけでは通用しない」と闘志に火がついたようです。

冬には食トレを敢行し、3食に加え、練習中にプロテインやバナナ、寝る前には餅を食べて16キロ増の80キロとし、最速は151キロに到達したそうです。

青森山田では1年秋からベンチ入りし、2年秋からエースとなりました。大船渡・佐々木に次ぐ東北NO・2投手で、3年では春東北大会では8強、夏は3回となりました。

球種・球速は?ストレート

185センチ83キロのガタイのいい体から長い手足を伸びやかにしならせて、145キロ前後の快速球と複数の変化球をガンガン投げ込んでくる“活気”ある投げっぷりに注目です。手足の長さが邪魔にならない、すごくいい投球フォームです。きれいに右腕が上がり、素直に振り下ろせます。

活気のある投げっぷりで、“シュルシュル”とボールの回転音が聞こえてきます。ただ投げるのではなく、投げる瞬間にグイッと指先でボールを押し込めることも魅力です。

まとめ:堀田賢慎は高校時代からストレートが魅力

150キロ超えを最速で投げれれるそうです。最速150キロ超の直球は魅力。一冬で球速が10キロ近く伸びたように大化けの可能性を持ち合わています。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました