堀田賢慎がイケメン?ネックレス?彼女?中学時代?結婚!両親や父と母!兄弟!実家?幼少期!

堀田賢慎
この記事は約5分で読めます。

堀田賢慎の彼女?結婚!両親や父と母!兄弟!自宅!花巻東は?幼少期!についてお伝えします。

堀田賢慎選手は読売ジャイアンツからドラフト1位指名を受けた有望選手です。園出場未経験で全国的には無名選手ですが、1部のスカウトの中では『あの大船渡高校佐々木郎希以上の逸材』と言われているので、今後の堀田選手が楽しみですね。

堀田謙信家族や彼女

小学校1年生で野球を始め、中学時代は岩手県の花巻リトルシニアで3年夏に全国大会出場しています。

「県外に進学した方が成長できると思った」という想いから、全国屈指の強豪である青森県の青森山田高校へ進学。進学後1年秋からベンチ入りし、2年秋からエースとなりチームを牽引します。

名前:堀田賢慎(読み:ほったけんしん)

生年月日:2001年5月21日

出身地:岩手県

身長:185センチ

体重:80キロ

投打:右投右打

経歴:花巻シニア(花巻北中)-青森山田高校-読売ジャイアンツ

関連記事:堀田賢慎の高校時代!球種・球速・ストレート!青森山田?けんしん

関連記事:堀田賢慎のドラフトの評価!巨人スカウト無能!なぜ怪我隠す!けんしん

堀田謙信のイケメン?彼女や結婚は?ネックレス?かっこいい

彼女や結婚は?

堀田賢慎のネックレス?イケメンかっこいい

可愛らしい表情が印象的な堀田選手です。イケメンといわれています。堀田賢慎選手の愛用するネックレスは、「リルワンスター」というブランドの『AiM』というシリーズの商品です。

また現在19歳です。巨人の希望の選手です。

堀田賢慎の彼女・結婚

現在のところ彼女や結婚の情報は見当たりませんでした。

野球に専念するために地元岩手から青森県へ野球留学していることもあり、とにかく今は野球一筋なのかもしれません。ケガもありましたしね。

今後の活躍次第では多くの女性が寄ってくると思いますので、スキャンダルだけには気をつけて頑張って欲しいですね!

堀田賢慎の実家?家族構成!両親は?父と母!兄弟!中学時代

堀田賢慎の家族構成!両親は?父と母!兄弟!花巻東高校は?
堀田賢慎の家族構成!両親は?父と母!兄弟!花巻東高校は?

堀田選手の家族構成は両親と兄の4人家族です。

父・郁雄さんは大谷(現エンゼルス)、菊池(同マリナーズ)の先輩にあたります。

堀田賢慎の中学校時代

小学校時代のポジションは遊撃手、二塁手、捕手(小学校6年次)を守っていました。

堀田賢慎の出身中学は?

岩手県と言えば菊池雄星投手や大谷翔平選手など、名だたるスターが育った町ですね。堀田投手と同世代である、大船渡高校の佐々木投手も岩手県出身です。

中学校は花巻リトルシニアに所属し、2年秋ごろに投手になる中学校は花巻リトルシニアに所属し、2年秋ごろに投手になる。

ロッテ・佐々木朗希とは同郷で同い年です。

中学時代に打者として対戦し、速球でねじ伏せられて3球三振となったそうです。

プロ野球巨人の堀田賢慎投手、3月31日に神宮球場で行われたヤクルト戦で1軍初登板初先発で初勝利を飾り、堀田投手が中学校時代に所属していた花巻リトルシニアの関係者からも喜びの声が聞かれたそうです。

ヤクルト・奥川恭伸、オリックス・宮城大弥も同世代。

中学校は花巻リトルシニアに所属し、2年秋ごろに投手になる

 岩手県花巻市に生まれ育ち、地元の強豪・花巻東高野球部出身。3年夏には正三塁手の座を掴み、岩手大会ベスト16に進んだ。郁雄さんがこう言う。

「何とか最後の夏に背番号5をもらいました。打つのはダメで守備の人でした。当時はまだ今のような甲子園常連校ではなくて、県内では強いというレベルでした」。

堀田賢慎の母は

母・有里さん(47)も同じ花巻市出身で、兄も花巻東の野球部OB。県大会ベスト4の経歴を持つ。

郁雄さんは高校を卒業後、自動車の部品製造会社に就職した。「若い頃は工場勤務で夜の7時半から朝の4時までの夜勤もありました。ものづくりの会社ですね。今は事務職で8時半から夕方の5時15分まで。勤続は33年になります」(郁雄さん

堀田賢慎の父は?

父親である郁雄さんは岩手県・花巻東野球部のOBです。

ご家族は堀田選手に花巻東高校へ進学して欲しかったかもしれません。

堀田選手自身は投手出身でチームを指揮していた兜森崇朗監督を慕って青森山田へ進学しました。

この青森山田高校での成長のお陰でプロへの道を切り開いたので、ご家族も結果的には嬉しかったでしょうね。

堀田賢慎の兄弟

そして兄が1人います。


お兄さんも宮沢賢治で有名な岩手県内の公立校で野球していたそうです。高校は「岩手県立花巻農業高等学校」のようです。宮沢賢治が教諭として勤務していた花巻農学校の後身の高校とのこと。

中学時代は地元花巻シニア(花巻北中)で野球に取り組んでおり、おそらくお兄さんもお手伝いをしていたのかもしれません。

堀田賢慎の実家?

堀田賢慎の自宅

郁雄さんが26歳、有里さんが22歳の時に結婚。次男の賢慎(動画)が生まれるタイミングで花巻市内に2階建ての一軒家を建てました。

 駐車場は4台ほど止められるスペースがある。

そんなノビノビとした環境で育った賢慎は、草野球を続ける郁雄さんによくグラウンドに連れていかれたそうです。

堀田賢慎の幼少期

幼少期
幼少期

 幼少の頃から身近には野球があった。少年野球では二塁、三塁、遊撃、捕手を守った。この頃は投手ではなかった。

「捕るのがうまくて肩も強かったけど、コントロールが悪かった。投手は中学の花巻シニアに入ってから。1年生の試合で投げさせてもらえるようになって、それからです」(郁雄さん)。中3時にシニアの東北大会で3位に入り、隣県の強豪校・青森山田から声がかかった。有里さんがこう振り返る。

「当初は地元の公立校でノンビリ野球を続けるのかなと思っていました。青森山田に行くなら寮生活。長男(一真さん=23)が東京で就職していましたので、賢慎まで出ていってしまったら寂しくて耐えられない。実は私は反対でした(笑い)」

まとめ

選手層の厚いジャイアンツにおいて将来18番を背負う中心選手になるべく、ここからが本当の勝負です。ファンは彼を今から応援していきましょうね。

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました