片岡篤史の実家!家族!嫁と子供!家族!檜風呂が応援歌!吉田恵美!家族!右打ち!アシスタント!

阪神タイガース
この記事は約4分で読めます。

片岡篤史の現在!檜風呂が応援歌!吉田恵美!結婚!嫁と子供!家族!右打ち!アシスタント!

片岡篤史の現在は何をしています?

伝説の応援歌である檜風呂を紹介します。

あた、吉田恵美とは誰?結婚してるのに?嫁と子供!

家族!右打ち!などもお伝えします。

片岡篤史の現在!檜風呂が応援歌!吉田恵美!結婚!嫁と子供!家族!右打ち!アシスタント!

実家は京都です。大卒です。PL学園です。

出身地 京都府久世郡久御山町
生年月日 1969年6月27日
身長 188 cm
体重 92 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手、一塁手
プロ入り 1991年 ドラフト2位
初出場 1992年4月4日
最終出場 2006年10月12日(引退試合)

 

片岡篤史の結婚

片岡篤史さんは現役時代の2001年オフに結婚しました

片岡篤史さんですがそのお嫁さんは9歳年下の「かわいい」「キレイ」な女性とのことです。

お相手は約10歳ぐらい年下で、なんと当時大学4年生だった一般女性だったのです。(当時片岡さんは32歳ぐらい)。

片岡さんの奥さんは(旧姓)竹内邦子さんです。

21歳で明治大学4年生でした。

プロポーズは「(大学4年生の奥さんに向けて)永久就職でもええぞ」だったそうです。

学生生活を送りながら超有名選手である片岡篤史さんのような方と出会えるのか。

そして気になるのがそのお嫁さんの画像がないのか、ということ。

「かわいい」や「キレイ」であれば誰だって一度は見てみたいものですよね。

結婚した奥さんはかなり美人な方だそうです。

子供は息子が2人

画像は2006年の引退試合です

2~4歳ぐらいでしょうか。

片岡篤史さんの子供は息子が2人いて、それぞれ大空くんと吉平くんと言うそうです。

以下、2013年の記事より。

今年は長男の大空(だいすけ)(10)、次男の吉平(きっぺい)(8)とも向き合う時間が増えた。「見ていて『もうちょっとシャキッとせいよ』と思うこともある」と苦笑いした顔に、家族思いの一面をのぞかせる片岡。

実家の檜風呂が応援歌

『檜風呂』が負ける衝撃すぎる応援歌篇ww

「右投げ左打ち、実家は檜風呂 リフォーム リフォーム 片岡篤史~。」

今も野球ファンの間で語り継がれます。

元プロ野球選手で現在は野球解説者の片岡篤史さんの、阪神タイガース時代の応援歌でした。

ファンとしては心の中でいつも「なんでこんな歌詞なん?」と思いつつ、「まあえっか、おもろいし!」とみんな大盛り上がりで歌ったものです。

応援歌の元になった実家のリフォームは「ホーロー風呂と、木製のサウナ。どこでどう間違えたか知らんけど檜風呂になった」―と話しています。

「日ハム時代はかっこいいファンファーレだったのに阪神に来たら檜風呂になった」「5万人に大合唱されたら初球打たれへんでしょ(笑)」

と言いながら「今考えたら、応援歌がこんな話題になるなんてなかなかない」と話しています。

右打ちとは?

そのままですが右打者が右方向へ流し打つ打ち方です。

2010年ドラフト3位の中谷将大、2016年ドラフト1位の大山悠輔の2人は元々引っ張るような打球が持ち味ですが、右方向へ打つことを意識させすぎたせいで成績が低迷していると言われています。

阪神の元監督の真弓明信氏も「大山は右打ち練習させてからバットがースムーズに出なくなっている。」と批判していますね。

吉田恵美がアシスタント

2019年10月に自身のYouTubeチャンネル『片岡篤史チャンネル』を開設しました。

幅広いテーマと巧妙なトークが人気を博し、チャンネル登録者数は24.7万人(4月9日現在)に達しています。

 今年、その片岡チャンネルに変化があった。1月26日に、”野球通”の美女・吉田恵美がアシスタントに就任したのました。

『non-no』(集英社)の専属読者モデルでもある吉田だが、ファンである西武を中心とした深い野球知識、片岡との軽快なやりとりで注目度を上げています。

まとめ

糸原や北條が活躍はしていますが、巨人の岡本のような対大砲を育てたい阪神が片岡に悪評をあげるのはわかります。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました