【巨人】山口俊のどすこいの由来は?あばれる俊ともいわれた!

こんにちは、ヨシラバーです。山口俊の2018年の活躍は、昨年のマイコラスを帳消しにするものではないでしょうか。そんな中、よくTwitterなどでは山口俊をどすこい大活躍と呼ぶ方が多いのですが、どすこいとはなんなのでしょうか?

しっかりとした由来はありました。DeNA時代は球団公認です。

山口俊のそのほかのトピックです。

こんにちは、管理人のよしです。 昨年の、山口俊は移籍1年目の昨年、右肩違和感とグラウンド外のトラブルで4登板に終わりました。今年は強い気持...
巨人OB・関係者の営む飲食店を以前紹介しましたが、巨人ファンが営むお店も紹介いたします。 前回の記事 巨人ファン居酒屋が集まる居...

山口 俊のプロフィールは?

山口俊のプロフィールは?

出身地 大分県中津市
生年月日 1987年7月11日
身長 187 cm
体重 97 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2006年6月29日

山口俊の経歴は?

柳ヶ浦高等学校
横浜ベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ (2006 – 2016)
読売ジャイアンツ (2017 – )

山口俊のどすこいの由来は?

どすこいの由来?

DeNA時代からの愛称であり、由来は山口の父親が1970年代に活躍した元力士であることからだそうです。

DeNaでは球団公認

前所属の横浜が、2012年に山口の通算100セーブ達成を記念して発売したTシャツには白い綱と化粧廻しをつけた横綱山口のイラスト、背中には「壱百セーブ ごっつぁんです」という文字がデザインされており、事実上の球団公認の愛称だった。

2017年の活躍は?

山口は2016年オフに巨人へFA移籍。春季キャンプ中で三軍調整するなど出遅れたが、2017年6月14日に一軍に初登板しました。交流戦・福岡ソフトバンクホークス戦で先発し6回無安打無失点の好投で勝利を挙げ、ヒーローインタビューでは涙までながしたのでした。

翌先発試合の古巣のDeNA戦では強烈なブーイングを受け、精神面のもろさが出たのか安定感を欠く投球で4回6失と大炎上してしまいます。

そして、夜に酒に酔って右手甲を負傷した上、治療に向かった大学病院で暴れてドアを蹴る・警備員を負傷させるなどの行為に及んだ疑いが発覚したため球団が登板を自粛させるという、怪我以外では前代未聞の出来事まで発生しました。ファンやマスコミからのバッシングは相当なものでしたね。

山口俊の2018年の成績は?

 ここまで9登板で4勝4敗、防御率3・34。投球回数64回2/3はリーグ4位タイで、4完投は菅野に並ぶリーグトップタイと、昨年に比べても非常によい成績を残しています。

まとめ

去年の暴力事件はなんだったのと思えるくらい、最近ではファンが声にだしません。やっぱ野球選手はファンを喜ばせることが、最大のファンサービスであり、それが実現できているのでしょう。