山口俊の年俸の推移は?復帰!移籍先は?巨人!横浜?横浜ベイスターズでは嫌われていた!通用するか

巨人(ジャイアンツ)
この記事は約5分で読めます。

山口俊がNPBへ!年俸の推移は?移籍先は?巨人!横浜?横浜ベイスターズでは嫌われていた!ポスティングでのメジャーの意向

残留との噂もありますが大丈夫でしょうか。

山口俊がNPBへ!年俸の推移は?移籍先は?巨人!横浜?横浜ベイスターズでは嫌われていた!ポスティングでのメジャーの意向出身地 大分県中津市

生年月日 1987年7月11日(31歳)

身長 187 cm

体重 97 kg

選手情報

投球・打席 右投右打

ポジション 投手

プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目

初出場 2006年6月29日

山口俊の年俸は?

DeNAからFA移籍して3年目の今季は、26登板で15勝4敗、防御率2・91。勝率7割8分9厘、188奪三振で最多勝、最高勝率、最多奪三振のタイトルを獲得

年度年俸(万)差額年齢球団
201923000032歳読売ジャイアンツ
201823000031歳読売ジャイアンツ
2016230001500029歳横浜DeNAベイスターズ
2015880080028歳横浜DeNAベイスターズ
20148000-200027歳横浜DeNAベイスターズ
201310000026歳横浜DeNAベイスターズ
201210000460025歳横浜DeNAベイスターズ
20115400240024歳横浜DeNAベイスターズ
20103000200023歳横浜DeNAベイスターズ
2009100012022歳横浜DeNAベイスターズ
2008880-7021歳横浜DeNAベイスターズ
200795012020歳横浜DeNAベイスターズ
2006870019歳横浜DeNAベイスターズ

山口は巨人ファンのためFA移籍

2016年のレギュラーシーズン中に国内FA権を取得しました。

ポストシーズン終了後の11月8日には、「選手としてせっかく取れた権利なので、『プロ野球選手としての評価を聞きたい』という気持ちが強くなった」という理由で、権利を行使する意向を涙ながらに表明しました。

山口俊は巨人ファンだった

「幼いころから観ていたのは巨人だった」

「プロ野球といえば巨人というイメージが強い」

ただ、昔からメジャー思考があったようですね。

今年15勝した読売ジャイアンツの山口俊をポスティング投稿しています 球団はポスティングを批判しており、プレイヤーは許可を求めているため事実であれば、質問を投げかけています

横浜ベイスターズでは嫌われていた!

2012年にポスティングシステムによるメジャーリーグ球団への移籍を目指す意向を横浜ベイスターズに伝えていましたがが、実現には至らなかったようです。山口はメジャーリーグ挑戦について聞かれると、『チャンスがあれば』と話をしていたそうです。

ベイスターズのメンバーからのやじに耐えられなかった説

横浜ペイスターズの暗黒期に浮いてたとの噂がありますからね。逃げたかったのかもしれませんね。メンタル的に。

フリーエージェント前の山口のプロ野球人生とは、言ってみれば暗黒横浜の負の部分そのものでした。

三浦大輔が2008年の宣言残留によってすべてを許され、暗黒横浜の希望として君臨していたのに対し、山口俊は闇の部分をすべて背負ってきた選手なのです。

5年連続最下位のチームで史上最年少100セーブを達成し、それでも「敗戦数が多い」という不可思議な理屈で罵倒されています。

メジャー移籍をほのめかして年俸交渉に臨めば「寝言を言うな」と批判される。あげくの果てに円形脱毛症になるまでヤジられ、精神的に追い詰められる。

リリーフ失敗が続けば名前がコールされただけでブーイングが起こり、「二度と観たくない」「出てくるな」と暴言を吐かれる。その結果が円形脱毛症です。

ファンのストレスのはけ口になりながら腕を振る、これが山口俊の歩んできたプロ野球人生です。

通用するか?

球団側も山口の意向を認識しており、慎重に協議を続けているようです。

巨人としては当然、欠かせない戦力として慰留に全力を尽くすことは大前提だが、今季の貢献度などを加味し、移籍を容認する可能性があるそうです。

抜群の好成績でチームに貢献した選手は、個人の夢を後押しすべきという声があり、球団は過去にポスティングでのメジャー移籍の例がないこともあり、対応を慎重に検討していくもようです。

98年12月にポスティングシステムが発効して以来、巨人が同システムによる大リーグ移籍を認めた前例はなく、実現すれば初の事例になる。

 現行のポスティングシステムは、選手が米大リーグ全球団と交渉可能。契約が成立すれば、契約金と年俸の総額に応じて日本球団への譲渡金の額が決まる。

メジャーで通用するか

山口俊投手の能力はMLBで通用しそうです。

横浜で抑えを経験し100Sを上げたリリーフとしての能力もあります。

今全盛期にある状態と言えます。

2019年 成績
15勝4敗 防御率 2.91 
最多勝、最高勝率、最多奪三振

横浜時代からメジャーのスカウトには注目されていました。WBSCの活躍も手土産に考えていたと思いますが、そこは不調の波にあたってしまったかも知れません。

メジャーのボールやマウンドに適応できるかが課題ですが、フォークの球種もありローテを守るスタミナも見せてくれたのでMLBでの活躍も期待できそうです。

まとめ

ただでさえ巨人の先発陣がすくないのにメジャー行きはできればやめてください。山口さん。

山口俊がFAで巨人!なぜ史上最悪の嫌われ者?性格は? | Giants lover
山口俊選手は、DeNAから巨人にフリーエージェントで移籍しました。 それを裏切り行為とされてDeNAファンからブーイングがありました。 過去に同様にDeNAから巨人にフリーエージェント移籍した村田も同じような仕打ちを受けています。 なぜ巨人へ移籍したのでしょうか。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました