【巨人】小林誠司の広陵高校時代はホームランが一本!松井秀喜との関係!

こんにちは、yoshiloverです。

巨人・小林誠司捕手の高校時代はどういう生徒だったのでしょうか。

また意外な事実もわかったりします。まー、イケメンでモテモテだったのでしょうね。

スガコパの記事はこちら!

こんにちは、管理人のよしです。 小林誠司捕手の私服がイケメンとよく言われています。同志社大学卒の野球エリートで正捕手の座をつかんでいます。...
こんにちは、yoshiloverです。 巨人・小林誠司捕手の高校時代はどういう生徒だったのでしょうか。 また意外な事実もわかったりします...
こんにちは、yoshiloverです。 小林誠司と菅野智之の2人”スガコバ”がジャイアンツ女子を中心に大人気ですね。オフィシャルグッズも発...

小林誠司の2016年と2017年度の打率は?

2016年の打率が・204、2017年も206と、2年連続でリーグ最下位でした。

これには驚きを隠せないファンは多いですよね!

もともと首脳陣も守備には、期待していたと思うのですが、ドラフトでは岸田や大城を獲得

するなど、バッティングが強いキャッチャーを獲得していたのですからね。

それでは、化けるきっかけとなったのは何なのでしょうか。

松井秀喜臨時コーチが、巨人小林誠司打撃指導

松井の初指導を特打で受け、下半身の使い方などを教え込まれました。

対面したまま身ぶりを交えて、約1時間のマンツーマン指導が始まりました。第1クールまでは左足をポンと上げる一本足打法だったのですが、「前足はボールを探りにいく感覚。打ちにいく癖があるので軸足にもっと体重を乗せて」。アドバイスを受けたこの日は、すり足打法に近いフォームでバットを振り込んだのです。

また、阿部慎之助からもバッティングを教わっていますからね。

WBCでの小林誠司の活躍!!オールスターでの活躍!

第4回WBCは侍の正捕手として、7試合で20打数9安打1本塁打6打点。驚異の打率4割5分と、別人の活躍でした。また、初出場のオールスターでも初打席初本塁打で度肝を抜きましたよね。

広陵高校出身

小林誠司は、広陵高校の出身です。

高校入学時は、投手兼遊撃手としてプレーしていた小林選手ですが、1年冬から中井監督の提案で捕手に転向し、2年秋から正捕手になりました。

捕手に転向後、3年の春夏と2回甲子園に出場し、春はベスト8、夏は準優勝を果たします。

打力アピールするような派手なバッターではありませんでしたが、甲子園出場にかけてはドラマチックなものがありました。

WBCやオールスターでの活躍がわかります。

小林の広陵高校時代のバッティング!ホームランはなんと一本!ただ、劇的なホームラン

小林誠司選手の広陵高校時代の打順は9番と下位打線を打っていました。

プロで活躍する選手としては意外です。そして、公式戦での高校通算本塁打は1本です。本塁打が決勝点となり、甲子園出場を決めたのです!

ただですよ、ジャイアンツのOBであった小笠原同大選手も捕手であり、高校生時代ホームランゼロでした。

小笠原選手の努力は並大抵のものではなかったと思いますが、小林だって笑顔の裏では負けず嫌いで結構練習しているのかもしれません。

今の活躍に恩師高橋由伸は?

由伸は下記のようにコメントしています。

「今までファールになっていたものが前に飛ぶようになっている、去年の秋からよく振ってきた成果が表れているという事でしょう」 「去年の秋どころか入団1年目からずーっと早出特打をやっていましたよ!!彼の努力は見ていますから本物だと思っています」

やっぱり努力はしているんですね。小笠原になってほしい!

まとめ

個人的には小林には守備を期待していますので、バッティングに専念しないでよいとおもっています。でもひっとしての首位打者を狙えるのであれば、夏の終わりごろから期待したいです