巨人ファンのグータッチとは?ライオンまで使い始めた原辰徳の仕草

こんにちは、ヨシラバーです。

巨人ファンが必ず勝った時にみんなでかわす言葉はグータッチ

由来は、原辰徳が使い始め、衝撃的だったため、利用しはじめ、今では野球だけでなく、一般人も使うようになりましたよね。

グータッチと原辰徳

「グータッチ」とは嬉しい事があった時に堅く握ったコブシ同士をぶつける仕草の事である。

以前からあった仕草であるが巨人の原辰徳が生還したチームメイトにグータッチで出迎える事から知名度が増しました。

グータッチのAAや顔文字もある。

なぜ原辰徳はグータッチを使い始めた

原監督がグータッチをやる理由は、ハイタッチが緩慢になりやすいのに比べ、グーだと集中しないと失敗しやすく、お互いに意思疎通ができるだからだとかです。

 グータッチを好んでするのはハイタッチが手のひらという比較的面積が大きい部分でするため、移動したりしながらでき緩慢になることがあるのに対して、グータッチは拳と拳のためしっかり集中してやらないと形がくずれてしまい、失敗するので緩慢になるのを防止する効果があり、さらに拳と拳が合うように手をお互い見ているため目があい意思疎通も図れるからである

参照元:

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

ライオンのグータッチ

グータッチをする監督はいなかったもので最初は衝撃的なものでありましたが、今やTV番組のタイトルに使われるまでになりましたね。

夢を追いかける子供たちのため、スポーツ選手や著名人たちが訪れ「サポート」し、成長していく姿を見届ける「夢を追いかける全ての子供たちの成長を見守る応援ドキュメントバラエティ」だそうです。

ライオンのグータッチ - オフィシャルサイト。夢を追いかける全ての子供たちの成長を見守る応援ドキュメントバラエティ。