【ヤクルト】ヤ戦病院とは2019!?バレンティン、青木宣親も?

こんにちは、ヨシラバーです。

ヤクルトは怪我人に悩まされることが多いですね。2019年もバレンティン、坂口らが離脱してしまい大変な状態になっています。

ツイッター上では「ヤ戦病院」というワードが飛び交っています。どんな意味があるのでしょうか?

ヤ戦病院とは?

戦時中に戦場で怪我を負った兵士を治療するために作られた野戦病院という言葉がありますが、ヤ戦病院とはどういうものなのか?

定義は?

ヤ戦病院の定義は毎年のように怪我に悩まされるヤクルトの状態のことを指すそうです

東京ヤクルトスワローズに故障者・怪我人が続出している状態のこと

ヤ戦病院 2019

5月11日現在のヤ戦病院の患者と言われている選手です。

ヤ戦病院患者(実際に入院はしていません)

石山 泰稚(投手)
畠山 和洋 (内野手)
坂口 智隆 (外野手)
ウラディミール・バレンティン (外野手)
上田 剛史 (外野手)
青木 宣親 (外野手)
山田 哲人 (内野手) ←?

退院者

五十嵐 亮太 (投手)
デービット・ブキャナン (投手)
アルバート・スアレス (投手)

2010年代前半から定着?

2010年台のヤクルトは常に怪我人だらけのイメージですが、2010年代前半からジワジワ広がったのが定説のようです。

2011年に、川島慶三の死球骨折、村中恭兵・川端慎吾・福地寿樹が戦線離脱。終盤には川本良平・由規らが登録抹消。石川雅規・宮本慎也・相川亮二・館山昌平・久古健太郎らが故障を抱えたまま強行出場せざるを得ない事態となりました。

ヤ戦病院…今度は村中&川端が抹消

リンク切れ)

ヤクルト・川端慎吾内野手(24)と村中恭兵投手(24)が10日、出場選手登録を抹消された。川端は9日の中日8回戦(岐阜)の二回に腰痛を訴え途中交代していた。11日に都内で精密検査を受ける。4月末にも腰痛で3試合欠場しており、小川監督は「すぐにどうというわけにはいかないから、抹消した」と長期化を示唆した。今季は29試合で打率・299、0本塁打、8打点だった。村中も同戦の一回、右すねに打球の直撃を受けていた。骨には異常がなく、病院には行かない予定。今季は7試合で3勝2敗、防御率3・21だった。

株主「ヤクルトは健康関連の会社ちゃうんかい」

ヤクルトは健康食品を売りにしている会社なので、怪我人が続くとヤクルトを飲んでも健康になれないんちゃうか、という消費者も一定数いるようで、2017年の株主総会にはこういった質問も飛び出しました。

株主
「何千万ももらっている主力や、海外から来た主力が今二軍にいる。
相変わらずケガ人が続出しているが、管理体制はどうなっているのか。
監督の采配もなっていないし、最下位を独走している状態。執行部はこのままでいいのか」
社長
「(ケガ人は)本当に多い。痛感している。コンディショニングサポートグループを見直し、情報の共有化を図っている。人数的にはケガ人が少なくなってはいるが、
主力選手が目立っている(のが現状)」

小川監督も安全祈願をしていましたが、効果がなかった模様。。

 ヤクルトの小川監督は31日、那覇市の波上宮を参拝し、絵馬に「怪我無」「躍進」と書き込んだ。「主力にけが人が出るとチーム力が落ちる。けがを極力減らすのも準備の一つ」とキャンプ中の安全を祈願した。

クラブハウスがだめ?

なぜヤクルトは怪我が多いのか。理由の一つとしてホームが神宮球場という特殊性もあるのではないかと思われます。

クラブハウスのお風呂で異臭がする、施設面の改善をしてほしいと青木が訴えていましたね。

「一年通して気付いた点とか改善する点を言わせてもらった。主に施設面。クラブハウスの下水管が古くてお風呂場が臭いので直してほしいとか。できればサウナもつけてほしいと思うけど、スペースの問題もあるし、(明治)神宮の持ち物なので、どこまでできるか分からないですけど。室内練習場にはエアコンをつけるらしいので、快適になると思います」

 13日、ヤクルトの青木宣親外野手(36)が現状維持の年俸3億3000万円(3年総額10億円)でサイン。今季、米大...

まとめ

やはり施設面に問題がある気が・・ヤクルトの選手らが心配ですね。怪我人がこれだけ多いのに2位というのもすごい。