小久保裕紀は監督へ!現在・今?息子!嫁・奥さんは?巨人へ無償トレード?今後

巨人(ジャイアンツ)
この記事は約4分で読めます。

小久保裕紀は監督へ!現在・今?息子!嫁・奥さんは?巨人へトレード?今後

低迷期からチームを支え、“ミスターホークス”とまで呼ばれた球団の中心選手だった小久保氏。彼を移籍したいとの心境にさせた背景には、フロントとの埋められない確執があったそうですね。

小久保裕紀は監督へ!現在・今?息子!嫁・奥さんは?巨人へトレード?今後!ソフトバンク

1995年は二塁手のレギュラーを確保し、本塁打王(28本)を獲得し、イチロー(25本)の六冠王を阻止した。このとき二塁でのゴールデングラブ賞も受賞している。

巨人でも40本塁打をマークするなど主軸として活躍。2006年には巨人では数年振りとなる主将を務めたが、シーズン終了後にFA宣言をし、古巣である福岡ソフトバンクホークスに復帰しました。

なぜ巨人へ無償トレード

ダイエーから巨人への異例の「無償トレード」です。(2007年シーズンからソフトバンクに復帰)。

当時は沈黙を貫いた小久保氏だったが、自叙伝を書き終えた今、初めて当時の真相について語っています。

2003年のシーズン終了後、多くのファンから来季の復活を期待されていたが、11月3日に突如読売ジャイアンツへ無償トレードで移籍することが発表されました。

移籍の理由は、当時の球団社長と意見が合わなかったことや、アメリカでの治療費・渡航費である約2000万円が球団から一切支払われなかったことが挙げられ、小久保はアメリカから一時帰国した2003年6月中旬に球団に対して契約解除(自由契約)の希望を伝えていたました。

自叙伝では下記のようにつたえており、ダイエーのフロントに対しての不信感がわかります。
「実は、トレードを訴えたのは僕自身なんです。ホークス以外ならどこでもよかった」

小久保裕紀の巨人移籍に対して発言

巨人に行くことも迷っていたんですよね。ソフトバンクだけで終わることがなく巨人の選手と交流がもてて、友達が増えたとも話しています。

「巨人はドラフトのとき、ホークスとどちらに行くか迷った球団ですが、自分で巨人を希望したわけではないんです。移籍先がわかったときは、縁があるのかなと思いましたけどね。結果的にホークスに戻ることになったけど、巨人に行ってよかったですよ。」

小久保裕紀の奥さん・嫁は?子供は?

小久保裕紀さんの結婚から離婚までの経緯をご説明します。

小久保裕紀さんがご結婚されたのは1995年でした。

1995年といえば、小久保裕紀さんが福岡ダイエーホークスの選手として、プロ2年目にして初の本塁打王を獲得した年です。

当時24歳だった小久保さんの結婚相手の女性は4歳年上の一般女性。です。

そのため、詳しい名前や職業については明かされませんでしたが、かなりの美女だったとの噂です。

その後、1男1女の2人の子供に恵まれましたが、結婚13年目の2008年に離婚しています。

親権は前妻が持っているようです。

再婚

次は小久保裕紀さんが再婚をしていたと報じられた件について見て行きましょう。

離婚から約9年が経った2017年4月に「週刊ポスト」が一般女性とのデート写真を掲載しました。福岡市内で同居するなど夫婦同然の生活を送っていると報じました。

2021年現在になってもふたりが再婚したという情報はありませんが、今は現役の選手や監督ではないので私生活について詳しく報告していないのかも知れません。

最近は戸籍に入らない「事実婚」など多種多様なパートナーの形がありますが、どのような形式であってとしてもお互いが幸せであれば何よりですよね。

息子は?

ホークスOBで侍ジャパンの前日本代表監督だった小久保裕紀氏(45)の長男で歌手の直紀氏(20)が、試合前の君が代独唱を務めています。

 黒のスーツ姿で緊張気味にマイクの前に立ち、堂々と君が代を歌い上げた。「めちゃくちゃ緊張しました。最初の音が分からなくなって…。(音程は)外していませんけど、もう少しうまく歌えたかも」と、大役を終えてホッとした表情でした。

 5年前に米国留学しています。

 約2年の留学生活では英語、歌、ギターなどを勉強して帰国した。歌手として本格的に自立するために、来月には大きなオーディションを受ける予定です。

小久保裕紀の現在・今?今後

2020年12月3日、福岡ソフトバンクホークス一軍ヘッドコーチに就任することが発表されいます。監督候補であるのは間違いないですね。

まとめ

あのころの巨人は暗黒期とさえいわれています。そんななか、巨人で奮闘してくれ小久保選手は巨人ファンのなかでは光でした。

監督として戻ってきても良いとはおもいますが、ソフトバンクが離さないだろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました