小野伸二の年俸?現在?引退は?今後!生涯の通算成績!79年組!フェイエノールト!2022

小野伸二の年俸?現在?引退は?今後!生涯の通算成績!フェイエノールトサッカー
小野伸二の年俸?現在?引退は?今後!生涯の通算成績!フェイエノールト
この記事は約6分で読めます。

小野 伸二(おの しんじ、1979年9月27日 – )は、静岡県沼津市出身のプロサッカー選手です。

Jリーグ・北海道コンサドーレ札幌所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表です。

生年月日 1979年9月27日(42歳)
出身地 静岡県沼津市
身長 175cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 北海道コンサドーレ札幌
ポジション MF
背番号 44
利き足 両足

小野伸二の通算年俸と通算成績は?2022‼フェイエノールト

小野伸二の通算年俸と通算成績は?2022‼フェイエノールト

年俸総額と通算成績は?

俸総額 17億3300万円 461試合 66得点

小野伸二の通算年俸と通算成績は?

浦和レッズに加入 79試合 20得点

1998 (19)  400万円
1999 (20)  1,000万円
2000 (21)  3,000万円

フェイエノールトに移籍 112試合 19得点

2003 (24)  1億8000万円
2001 (22)  1億0000万円
2002 (23)  1億5000万円
2003 (24)  1億8000万円
2004 (25)  2億0000万円
2005 (26)  2億0000万円

浦和レッズに復帰 53試合 8得点

2006 (27)  1億0000万円
2007 (28)  1億0000万円

VfLボーフムに移籍 29試合 0得点

2006 (27)  1億0000万円
2007 (28)  1億0000万円

清水エスパルスに移籍 70試合 8得点

2010 (31)  5,000万円
2011 (32)  5,000万円

ウェスタン・シドニーに移籍 47試合 9得点

22012 (33)  4,800万円
2013 (34)  4,800万円

北海道コンサドーレ札幌に移籍 62試合 2得点

2015 (36)  4,800万円
2016 (37)  4,500万円
2017 (38)  4,000万円
2018 (39)  3,500万円
2019 (40)  3,500万円

FC琉球に移籍 9試合 0得点

2020 (41)  2,000万円

北海道コンサドーレ札幌に完全移籍

2021 (42)  3,000万円

小野伸二の現在?北海道コンサドーレ札幌復帰!今後は指導者も

2019年夏にFC琉球に移籍してから1年半です。

小野が北海道コンサドーレ札幌に戻ってきたのは2021年のことである。

「琉球で『沖縄を盛り上げていけたらいいな』という気持ちはありましたし、クラブからは契約更新の話もありました。ただその時には、新たなところでプレーしたいという想いが生まれていたんですね。そういうなかで、コンサドーレがまた声をかけてくれた。それが札幌に復帰した理由のひとつです」

引用元:小野伸二、引退も頭によぎるプロ25年目のシーズン。「ヤットからは刺激をもらう」

なぜ現在は北海道コンサドーレ札幌復帰

2021年1月1日、古巣である北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍で復帰することが発表されました。

背番号は、前回札幌に所属していた時と同じ「44」です。

同年6月9日の天皇杯2回戦のソニー仙台で自身公式戦4年ぶりとなるゴールを直接フリーキックで決めました。

札幌に復帰した理由を以下のようにコメントしています。理由は二つあるそうです。

「こんなに長くいさせてくれるとは思わなかったので、すごくありがたく感じています。石屋製菓の会長さんをはじめ、多くの方が北海道コンサドーレ札幌というものを作り上げてくれて、そのなかで野々村(芳和)さんが社長になって、クラブ自体を進化させてくれたと思います。 僕はJ2の時に入りましたけど、J1に昇格して、そこに居続けられる環境や土台というものを一緒に作ることができた。クラブが発展していく過程をいろんな人たちと共有できたことを、本当にうれしく思っています」

引用元:小野伸二、引退も頭によぎるプロ25年目のシーズン。「ヤットからは刺激をもらう」

この得点は天皇杯での最年長ゴール記録(41歳255日)となった。

2022年1月28日、コンサドーレ札幌と生涯契約を結んだ事が発表されています。

 小野は北海道について下記のようにコメントしている。

「北海道は第2の故郷と思っている。この先、どういう形で現役を辞めるか分からないが、その後も僕の経験を伝えながらクラブにいい還元ができたらと思った」

今後は指導者も

また、コンサドーレ札幌の三上大勝代表取締GM(50)が「指導者なのかフロントに入るのかは、本人に決めてもらう」と、小野の希望を優先させる意向を示した。

小野伸二の現在の引退について!79年組の遠藤保仁など存在

2月1日に発表された今季のJ1登録選手のなかでは、最年長プレーヤーです。

「それはそれで光栄なことではありますけど、ピッチに立てば年齢は関係ないことですからね。とにかくピッチの上に立てるように、日々努力するだけです」

最年少は同じチームのDF西野奨太。現在17歳で、小野とは親子ほど離れた年齢の選手である。

「自分の娘と同い年なんですよ。もちろん契約を結んでいる選手ですからしっかりしていますし、ピッチの上でも日々頼もしくなっているので、いちプロ選手として接しています。僕自身、若い子も含めてコミュニケーションを取るほうなので、向こうもそこまで堅苦しくは感じてないんじゃないですかね(笑)」

関連記事:小野伸二の娘

小野伸二が考える現在の引退観について

引退についてはいずれくることなので考えてはいるようです。

「考えてなくはないですけど、いずれ来ることですからね。そうなったらそうなったで、その時に考えればいいかなと思っています」

引退しないのは遠藤保仁など79年組の存在

引退を止めているのは今季J1に復帰したジュビロ磐田の遠藤保仁も大きいそうです。

「ヤットに関しては、ジュビロの不動のレギュラーでフル稼働している選手なので、僕が彼に何かを言える立場ではないですけど、同級生としてすごく刺激をもらっています。今も続けている僕らは、すでに辞めてしまった79年組の仲間たちに勇気や元気を与えられる存在でもあると思っています。」

まとめ

小野伸二という天才が引退の時期を意識しているんですね。元祖天才ですが、怪我をしなきゃもっと良い選手になったという人も多いです。ただ、その天才といわれながら怪我をしなかったことが今後の経験にいきるでしょうね。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました